【特許取得】セリューションシステム
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

【特許取得】セリューションシステム

新着情報へ戻る 2008年10月1日

当院の脂肪由来幹細胞移植による豊胸術、アンチエイジングにて幹細胞の抽出に使用している「セリューションシステム」が米国特許を取得しました。


===============================================================
 ~ セリューションシステムが米国特許を取得 ~
    (米国特許番号7,429,488/2024年まで有効)

形成外科・美容外科領域での広域な特許を取得いたしました。
これにより、形成外科・美容外科領域においては、セリューションシステムのみ
脂肪組織由来幹細胞移植による治療を行うことが認められます。
===============================================================


聖心美容外科ではサイトリ・セラピューティクス社(米国:サンディエゴ)の多大なご協力とご尽力の基、2007年11月にセリューションシステムを用いた脂肪幹細胞移植技術を美容目的では世界初の導入を行っております。
現在では東京・大阪・福岡の3施設において、90症例以上のセリューションシステムを用いた脂肪幹細胞移植技術による豊胸術を実施しております。今後も聖心美容外科では「美容医療分野における再生医療の発展」・「患者様のよりよく生きる」を応援するために貢献してまいります。

>> セリューション豊胸術(脂肪由来幹細胞移植)の詳細はこちら
>> 聖心再生医療センターのホームページはこちら


===================================
セリューションシステムについて
===================================

●高精度脂肪組織由来幹細胞抽出システム

サイトリ・セラピューティクス社によって開発された高精度脂肪組織由来幹細胞抽出システムで、従来の人手による幹細胞抽出法と比べて、①幹細胞抽出量の安定性が高い ②抽出時間が短い ③幹細胞の状態の良質化 ④外部接触(感染物質等)の機会が極端に低い ⑤人的コストの削減⑥抽出方法が容易 などのメリットがあります。また、ISO 10993取得、CEマーク認定、FDA認可などにより安全性も実証されています。(日本においては2007年10月に幹細胞の分析・検査目的の医療機器として、厚生労働省が届出を受理)

現在、セリューションシステムを用いた医療分野への応用が世界各国で幅広く行われ始めており、ドイツやスペインなど約22施設の医療機関において臨床実験実績があります。

◇サイトリ・セラピューティクス社(Cytori Therapeutics,inc.) 【米国】
再生医療製品の発展の中での世界的リーディングカンパニーであり、セリューションシステムの開発元の企業です。現在、このセリューションシステムにおいては、乳房再建・循環器疾患・その他疾患に対して、実用化に向けたプロジェクトが欧米各国を中心に進められています。


聖心美容クリニックのココに注目

news1.jpg

再生医療の可能性に挑戦しています

当院は「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、美容再生医療を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。

news3.jpg

ISO:9001:2008の認証を取得しています

当院は美容外科で初めてISO:9001:2008の認証を取得。世界水準と認められた管理体制により高い安全性を確保しています。国際水準に合致した管理体制でクリニックを運営することにより、美容外科業界の透明性を高め、ステイタスの向上に努めます。

news4.gif

国際交流活動を積極的に行っています

欧米やアジア各国と積極的に交流し海外の優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

カンボジアでの支援活動や東日本大震災復興支援を積極的に行っています

聖心美容クリニックではカンボジアでの支援活動などを行っているNPO共生フォーラムの活動に参画しています。また、同法人内に設置された災害対策本部を通じ、熊本地震復興支援活動を行っています。

teikei_tel_01.png teikei_tel_02.png
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る