閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

上まぶたのたるみ取り

  • 読み: うわまぶたのたるみとり|英語名:-
  • カテゴリ:目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂

上まぶたは皮膚が薄いため、たるみが表れやすい箇所です。無意識に目を大きく開けようとするため、顔の筋肉の緊張状態が続き、前頭部から肩や首などのコリにつながります。大きく2つの原因が考えられます。

1.皮膚のたるみ
肌の弾力が失われ、重力に逆らえなくなったまぶたの皮膚が目に被ってしまいたるみが生じます。

2.筋力のたるみ
まぶたを持ち上げる筋肉が弱くなり、目が開きにくくなった状態です。
眼瞼下垂(がんけんかすい)と呼ばれます。

上まぶたのたるみの原因により治療法が異なります。
皮膚のたるみの場合は眉下切開法で、眉毛のラインに沿って眉下を切開し、たるみ部分を引っ張り縫合することにより、まぶたのたるみを改善させることができます。たるみを取ることで、元の一重や二重を露出することができ、パッチリした印象の眼元をえることができます。

筋力のたるみ、いわゆる眼瞼下垂の場合は軽度な場合は切らない方法(埋没法)で改善することも可能です。

関連用語

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する LINEで予約 電話をかける