閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

ロックウッド靭帯

  • 読み: ろっくうっどじんたい|英語名:Lockwood ligament
  • カテゴリ:目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂

ロックウッド靭帯とは眼窩をつるしている頑丈なハンモックのような靭帯で、眼窩とは眼球が入っている頭蓋骨の穴の事です。眼球は眼窩脂肪というものに包まれており、これがクッションの役目をしています。そして眼窩脂肪と眼球をロックウッド靭帯が下に沈み込まないように支えているのです。

加齢やパソコン・スマホなどでの目の酷使などによりロックウッド靭帯が支えきれなくなると眼球が下がりその下にある眼窩脂肪を圧迫します。その結果、眼窩脂肪が前方に出てきてしまい下まぶたの組織を押し出して目に下にふくらみがでてタルミとなり、その影響で目の下に影が出来てクマとなるのです。

靭帯の緩み方や症状のあらわれ方には個人差があります。眼窩脂肪の量も人によって違い、眼球の大きさや目の周りの筋肉や脂肪のつき方によっても違いが出てきますので、ロックウッド靭帯の緩みは目の下のタルミ・クマの原因のうちの一つなのです。
伸びてしまった靭帯は残念ながら元に戻すことはできませんし、靭帯はコラーゲンの線維なので筋肉と違って鍛えることはできません。

関連用語

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する LINEで予約 電話をかける