このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

私のシミ。レーザーと光(IPL)治療、どっちで治療したらいいの?

レーザーで治療できるシミとは?

ピンポイントのシミ,加齢が原因のシミ,1回の治療で効果

レーザーによるシミ治療とは、黒い色にのみ反応する波長のレーザーを照射することで、シミやそばかすなどの黒い色素(メラニン)を破壊し、除去する治療法です。痛みは症状により異なりますが、一回の治療で効果が期待できます。
照射後は、一時的にやけどをした状態になりますが、数日後にかさぶたが取れると、きれいな肌がよみがえります。
特に加齢が原因のシミ(老人性色素斑)やそばかすに効果的です。

レーザー照射の過程

1回の照射でキレイに(QスイッチYAGレーザー使用)

光(IPL)で治療できるシミとは?

肌全体の薄いシミ,シミ以外も同時改善,ダウンタイムが少ない

光(IPL)治療は、気になる濃いシミを除去するというより、肌全体のシミ・くすみを軽減していく治療法といえます。
IPL※をメラニン色素に照射すると、光のエネルギーが熱に変わり、メラニン色素にダメージを与え、メラニンを浮き上がらせます。浮き上がった色素はやがて皮膚の代謝により剥がれ落ちるため、光を照射するたびに色が薄くなっていきます。また、シミ・そばかすだけでなく、肌の質感の乱れ、小ジワ、毛穴の開き、赤ら顔、にきび跡の赤みなど、混在した症状を同時に改善するため、肌の印象が飛躍的に向上します。IPLは皮膚を活性化し、肌のハリを保つのに必要なコラーゲンを増やします。これにより肌の感触が良くなり、毛穴の開きや細かいシワなどを改善し、ハリのある肌へ生まれ変わります。比較的短時間で、肌へのダメージも少ないため、治療後すぐにメイクもでき、ダウンタイムが少ないことも特長です。

※IPL(Intense Pulsed Light)…有害な紫外線をカットし、幅広い波長を持つ、カメラのフラッシュのような光。

治療できるシミについて

顔全体の美白効果(ライムライト使用)

特長を比較

ご自分の悩みがどのマシンに対応しているかだけではなく、治療期間・効果・痛みなどの程度がご希望に合っているかどうかも重要な点です。それぞれのマシンの特長を見てみましょう。

 レーザー光(IPL)治療
期間

1回(または短期間)で適応症状の治療が可能

3~4週間に1回の施術を繰り返すことで効果が最大限に

痛み

治療部位の深さや大きさによって変わる

輪ゴムでパチンとたたいたような痛み

麻酔

原則的には麻酔は使いませんが、場合によっては局所麻酔を使うこともある

基本的に不要

ダウンタイム

1~2週間でかさぶたになる。(施術後ガーゼや絆創膏を貼る必要あり)

マイクロクラスという砂をまいたような細かくて目立ちにくいかさぶたになる。
数日~1週間でかさぶたはとれ、その間絆創膏の必要はなし。(通常、施術後すぐに洗顔・メイクが可能)

ターゲット

濃いシミ・アザなど1つ1つをピンポイントで照射

顔全体をゆるやかに肌質とともに改善

シミに関するお悩みを、お気軽にご相談ください

  • カウンセリングを予約
  • メールで相談
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る