このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

なぜ、背中ニキビはひどくなりやすい!?出来やすい人の特長は?

POINT

角質が厚く、皮脂分泌の多い背中は、もともとニキビができやすい

ニキビ跡が残らないようにするには、潰さないこと

予防や早期治療で悪化させないことが大事

背中にニキビができやすいわけ

背中は顔の皮膚よりも角質が分厚いうえに、皮脂の分泌も盛んで菌も繁殖しやすいために、ニキビができやすい場所なのです

ニキビは脂腺性毛包がある皮脂分泌が盛んな部位に生じるため、顔、首、胸元、背中、二の腕の外側などによく見られます。背中はニキビのできやすい皮脂腺が多いため、特にニキビができやすいのです。目につきやすい顔のニキビとはちがって、普段は目立つことはありませんが、背中ニキビに悩まされている人は意外と多いものです。

そもそもニキビとは、毛穴に蓋をするように古い角栓が詰まってしまうことにより、排出されるはずの皮脂が毛穴の中にたまってしまい、そこに菌が入り込んで炎症を起こした状態のこと。
つまり、角栓が厚くなり皮脂の分泌が多いほど毛穴は詰まりがちになり、ニキビができやすく、悪化もしやすくなってしまうということです。

背中は皮脂の分泌も盛んで菌も繁殖しやすいために、ニキビができやすい場所なのです。
また、肌が乾燥すると水分と油分のバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌されます。それにより、ニキビができやすくなってしまう場合もあります。

背中ニキビができやすい人の特徴

顔と背中の肌質は似ているので、顔の毛穴が開きやすい脂性の人ほど、背中ニキビもできやすい体質だということになります

思春期に性ホルモンの分泌が多くなると、皮脂の分泌も多くなります。また、毛包の入口にあたる毛包漏斗部は角質が厚くなりやすい性質があり、本来ターンオーバーに合わせて剥がれ落ちる角質が溜まってしまうと、毛包入口を塞いでしまい皮脂がうまく排出できなくなります。そこへニキビ菌が影響してくればニキビができてしまいます。

毛包皮脂腺は顔にも背中に多くありますが、顔よりも背中の方がお手入れしにくく、ニキビができやすくなる可能性があります。皮脂腺にも個人差があるので、皮脂腺が多めの方は背中にもニキビができやすいと言えるでしょう。

どうして背中ニキビは悪化しやすいの?

目につきやすい顔のニキビは早めのケアができますが、背中ニキビは目につきにくい分、ケアがおろそかになりがち。コンディショナーやシャンプーで毛包をふさいでいる場合もあり、気が付いたときには悪化しているケースが少なくありません。

背中にできるニキビは膿がたまって大きくなりやすいため、潰れると跡が目立ってしまいます。ニキビが潰れるということは、中の皮脂や膿を無理矢理押し出すのと同じこと。皮膚が裂けてしまい、肌が傷つくと、大きなニキビ跡になります。手で触ったり、服や下着と擦れたりして潰さないように気をつけましょう。

日頃のケアや早めの治療が大切

N-トレチノインシリーズ、オバジ360スキンケアシリーズ、イントラセル

一番大切なのは膿ができるまでニキビを放置しないということ。日頃から背中を意識してきれいに洗って清潔を保ち、保湿をするよう心がけましょう。

予防には古くなった角質を除去し、角栓をできにくくするフルーツ酸(AHA)配合の石鹸などを使用した角質ケアを。炎症を起こしてしまったら、抗炎症剤やビタミンなども有効です。

美容クリニックの治療では、活動性のニキビはもちろん、治らないと諦めていたニキビ跡も改善してくれる「イントラセル」がおすすめ。他にも、肌の新陳代謝を促進し、ニキビ跡の色素沈着の改善やニキビ予防にも効果的な「N-トレチノインシリーズ処方(トレチノインカプセル製剤)」や、皮脂分泌を抑制し、肌の生まれ変わりを助けてくれる「オバジ360スキンケアシリーズ」など、さまざまな治療法があります。まずは信頼できるクリニックに相談しましょう。

美容皮膚科 施術一覧はこちら
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る