このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

みんながダイエットで諦めちゃう 落ちにくい頑固な脂肪ってどこ?

POINT

お腹の脂肪がなかなか落ちない!絶対的な2大理由

運動や筋トレ、美容ローラーにも動じない“ストレスに強い脂肪”

あの脂肪が理想的な美ボディを作る強い味方に!?

下半身には余分なエネルギーが蓄積しやすい

部位によって“つきやすさ”や“落としやすさ”に差
ダイエットや運動、マッサージなどをしていて、痩せにくい部位に悪戦苦闘したり、やがては諦めてしまったりなど、誰でも一度は経験していることではないでしょうか。実は脂肪には、部位によって“つきやすさ”や“落としやすさ”に差があるのです。
内臓脂肪,筋肉,皮下脂肪

脂肪は、内臓につく「内臓脂肪」と皮膚の下につく「皮下脂肪」のふたつに分けられます。脂肪細胞にはエネルギーを蓄える役割があり、内臓脂肪→皮下脂肪の順に消費されます。余ったエネルギーのうち内臓脂肪の分は運動などで燃焼されやすいですが、皮下脂肪の分はそのまま蓄積しやすいといえます。

さらに、内臓を守るためにお腹の皮下脂肪は他部位より多く蓄えられる上に、一度皮膚の下の「深層(しんそう)」についてしまうと落とすのは非常に困難です。

つまり、つきやすい上に落としにくいというダブルで強敵なのが、お腹の皮下脂肪。いくらダイエットしてもポッコリした下腹部だけはへこまないという人は、深層部分に長年閉じ込められた皮下脂肪を抱えている可能性が高いでしょう。

ストレスをかけてもなかなか消えない“がまん強い脂肪”って?

がまん強い脂肪

また、慢性的に物理的なストレスがかかる部位の脂肪も、通常のダイエットでは落としにくい脂肪といえます。

その代表格がお尻。座ったり歩いたりすることによる負荷や、イスや床などによって常に体重や摩擦がかかっているにもかかわらず、なかなか落とすことができません。つまり、ちょっとやそっとの運動や美容ローラーなどには動じない、ストレスに強い脂肪(=壊れにくい脂肪)であるということです。

このストレスに強い性質を活かし、吸引したお尻の脂肪を豊胸に利用するケースも少なくありません。自分自身の脂肪はシリコンバッグとは違って発がん性や後遺症などのリスクがない上に、ヒアルロン酸のような硬さもなく自然な柔らかみが実現できます。

下着に収まったスリムなお尻、ハリのあるふくよかな胸という理想的なボディを手に入れられるミックス施術ですよ。

Before バッグでやや不自然… → After 自分の脂肪でふんわりバストに

技術力とデザイン力の高いクリニック選び

お尻の脂肪を減らし美しいラインを作るためには、皮膚に近い「浅層(せんそう)」の脂肪吸引が効果的。ですが、浅層の脂肪吸引には特に高い技術を必要とするため、デコボコになったり色素沈着したりなどの失敗も多いのです。

重要なポイントとなるのは、技術力とデザイン力の高いクリニック選びですね。

脂肪吸引 施術一覧はこちら

脂肪吸引コラム

脂肪吸引vsエクササイズ 同じ脂肪量を落とすには?
脂肪吸引vsエクササイズ運動ってこんなに大変!?脂肪吸引量と消費カロリーを徹底比較!
聖心の脂肪吸引を徹底解明!
聖心の脂肪吸引を徹底解明!腫れないポイントは医師のテクニックとアフターケア
働き盛りの男性を支える脂肪吸引
働き盛りの男性を支える脂肪吸引細いだけじゃない男らしくメリハリのあるボディを目指しませんか?
3ヶ月シミュレーション
3ヶ月シミュレーションカウンセリング、施術の流れ、術後のアフターケアについて詳しくご説明します
脂肪吸引ならではのメリットとは?
脂肪吸引ならではのメリットとは?理想のボディラインに簡単に近づける理由をご紹介します
落ちにくい頑固な脂肪ってどこ?
落ちにくい頑固な脂肪ってどこ?痩せやすい・痩せにくい部位についてのメカニズム
脂肪吸引の人気部位ランキング
脂肪吸引の人気部位ランキングランキングでわかる年代別脂肪のつきかた
スタイル良くするコツ!うまく残す脂肪吸引理想のボディを現実にする医師技術
部分痩せに効く
聖心流の仕上がり
当院医師のこだわりのデザインをご紹介
リスク軽減!
最新マシンと技術力
脂肪吸引のリスクを軽減するには?
アフターケアが
必要な理由
最大限の美しさを
実現するために
体験談「やってよかった!」スタッフの体験談・症例写真をご紹介
Q&Aで解消!
脂肪吸引の不安点
皆様からよくある質問にお答え
脂肪蓄積と
燃焼のメカニズム
日本人は太りやすい!?肥満のリスク
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る