このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

大人の女性の豊胸術 かつての胸を取り戻したい!

POINT

授乳や加齢でバストはボリュームダウンするもの

乳腺の委縮や脂肪の減少が「乳房下垂」の原因

自分の胸に合った施術で、若いころのバストは取りもどせる!

大人の女性を悩ませるバストのボリュームダウン

出産後の授乳や加齢とともに、女性の胸は大きく変わるもの

出産後の授乳や加齢とともに、女性の胸は大きく変わるもの。もともと大きかった人はもちろんのこと、ほどよい大きさだったバストでも、若い頃のようなハリやボリュームは失われ、しぼんでしまいます。
バストの位置自体が下がってしまうので、洋服を着たときのシルエットにも響いてしまうのは、やはり気になるところです。
体型自体は変わっていないのに、胸元だけ貧相になってしまう“胸痩せ”に悩み、サイズアップではなく、かつてのバストを取りもどしたいと願う大人の女性は多いのです

バストの美しさの決め手はなに?

若いころのバスト(イメージ),下垂したバスト(イメージ)

そもそもバストの美しさは何で決まるのか、みなさんはご存知でしょうか?
バストはスキンブラジャーともいわれる袋の役目をする皮膚と、乳腺や脂肪といった中身の量のバランスで決まります。そのバランスが絶妙であれば、見た目の美しさとともに柔らかさを保つことができるのです。

皮膚がブラジャーとしての役割を果たしていて、中身がしっかり入っているのが理想ですが、授乳や加齢、無理なダイエットによって乳腺の委縮や脂肪の減少が起きてくると、中身のボリューム不足が起きてバストはしぼみ、「乳房下垂」を起こしてしまうのです。

ご用心!大きなバストほど下垂のリスクあり

乳房下垂のレベルはアンダーと乳頭の位置関係で決まります。若い頃のバストがそこまで大きくない人の場合には重度の乳房下垂になることはありませんが、胸が大きかった人は下垂を起こすリスクが高いので要注意です。
もともとたっぷりあった中身の重みで皮膚が伸ばされていたところに中身が減少してしまうと、大きくたるんだ皮膚だけが残されてしまうからです。

軽度の乳房下垂,中度の乳房下垂,重度の乳房下垂,重度の場合でも、まだあきらめないで!

下垂のレベルにマッチした施術法を選ぼう

佐々木医師

乳頭がアンダーよりも上にある軽度の人なら、「幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)」や「アクアフィリング豊胸術」などで中身を補うだけで、若かりし頃の胸を取りもどすことができます。授乳後のしぼみなどで皮膚やスペースに余裕がある方は、その分多く注入することも可能です。

でも、豊胸術で改善できる乳房下垂は中度が限界。重度の場合には伸びきってしまった皮膚を切除する必要があるため、「乳房吊り上げ術(乳房固定術)」のような手術が必要です。
いずれの場合でも、かつての胸を取りもどすすべはあります。まずは医師に相談することをお勧めします。

豊胸術 施術一覧はこちら

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る