このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

PRP治療ってホントに効果あるの?

当院の人気No.1施術「プレミアムPRP皮膚再生療法」、様々な研究や改良を重ね、独自の配合と注入のメリットを確立。リスクを軽減し、症状に応じた最適な効果を出すことができるようになりました。
ここでは、PRP治療のよくある誤解について、説明していきます。

PRP療法のよくある誤解(1)PRP治療は効果がない

従来のPRP療法では、個人差が大きく、血小板の質によって効果の出方にバラつきがあり、十分な効果を得られない場合がありました。

プレミアムPRP皮膚再生療法では、自分自身の血小板に不足している成長因子を加え、コラーゲンや細胞の再生能力を高めることで、最大限に効果を発揮することに成功しています。

他院のPRP治療では効果を得られなかった方でも、「深いしわが解消された」「肌の弾力やツヤまで良くなった」と多くのお喜びをいただいています。

満足度98.7%

※当院で治療を行ったのべ5,266人の満足度を5段階評価で集計

PRP療法のよくある誤解(2)FGFのみを注入した方が効果的?

一部クリニックでは、成長因子(FGF)のみを注入するFGF治療を行っていますが、当院ではFGF治療はおすすめしていません。なぜなら、PRP治療の良いところは、自身の血小板を利用してシワが改善できることにあるからです。

コントロールが難しい成長因子(薬)のみを注入しているFGF治療に比べ、当院のPRP治療は、自身の血小板から抽出したPRPの働きを補助する役割で成長因子を使用しています。

そのため、肌内部の組織をしっかり活性化しなからも、より自然でキレイな仕上がりになっています。

PRP療法のよくある誤解(3)注入後、すぐに効果がある

プレミアムPRP皮膚再生療法は、ヒアルロン酸と同様に注入することでボリュームも増えるため、施術当日に効果を感じます。

しかし、血液から抽出し、濃縮した成長因子は、肌細胞に細胞増殖の指令を出した後、2~3日で散ってしまうため、ボリュームは一旦減ったように感じられます。

実際は、それからコラーゲンの再生が始まっていき、個人差はありますが、注入から2~3ヶ月かけてシワや凹みを改善していきます。

PRP療法のよくある誤解(4)年齢が高いと、効果がない

一般的に成長因子は、18~24歳頃をピークに、分泌量が徐々に減少していくと考えられています。体内の成長因子が減ると、細胞の活性が衰え、肌の老化が進んでいきます。
逆にいえば、外から成長因子を補充することで、年齢の高い方でも、症状の改善を効率的に図ることができます。

年齢とともに減少する成長因子
カウンセリングは何度でも無料

どの治療が自分に合っているかわからない…そう思われたら、まずは無料カウンセリングにいらしてみませんか?
医師がご要望を伺い、あなたにピッタリの治療方法をご提案いたします。

もちろん当院では無理な営業は一切行っておりません。
見積りをお持ち帰りいただき、ご自宅でもゆっくり検討ください。
また、カウンセリングは何度でも無料で受けていただけます。

目のくま・たるみ 施術一覧はこちら

目のクマ・たるみ関連コラム

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る