ノルアドレナリンとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

ノルアドレナリン

印刷あとで読む
読み:のんあどれなりん|英語名:noradrenalin
カテゴリ:美容内科

ノルアドレナリンはドーパミンやアドレナリン、セロトニンなどのような神経伝達物質のひとつであり、怒りや不安・恐怖などといったストレスを感じたときや集中力を要求される時などに分泌されるホルモンの一種です。別名「怒りのホルモン」などとも呼ばれています。

ノルアドレナリンはアドレナリンの前駆物質であり、分泌されると覚醒作用を示し心拍数や呼吸数・血圧を上げて体を緊張・興奮状態にします。また一時的に痛覚を遮断するなどの働きもあります。

ノルアドレナリンには物事に対するやる気を高めたり、集中力や判断力を高める・長期的な記憶力を高める・ストレス耐性を強めるといった作用があり、不足するとやる気や意欲が低下したり、場合によってはうつ病などを引き起こす原因となることもあります。逆にノルアドレナリンが過剰に分泌されると、イライラしやすくなったりキレやすくなったりする原因になります。

適度に分泌されることでストレスへの耐性が強まり、やる気や集中力を高めることができます。体の代謝も活発になり、身体の適度な緊張状態を維持することでダイエットや美容への効果も高くなると考えられます。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る