メラトニンとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

メラトニン

印刷あとで読む
読み:めらとにん|英語名:melatonin
カテゴリ:美容内科・美容漢方

メラトニンとは眠りを誘う睡眠ホルモンの一種で、脳内の松果体という器官から分泌されています。

メラトニンは体内時計からの指令が出て目覚めてから14時間から16時間くらい経過すると分泌され体の深部体温を下げたり、血圧や脈拍、呼吸を低くして、脳が睡眠の準備を出来たと認識し、自然と眠りに入っていきます。

明るい光を浴びると脳にある松果体に体内時計を経て達してメラトニンの分泌が抑制されるために日中は分泌量が低く昼間は活動的になり、年を重ねることでも減ることが明らかになっているので、年をとると夜中に目が覚めたり、朝早く目覚めてしまいます。

メラトニンにはナチュラルキラー細胞や抗酸化作用を活性化させる作用があり、一酸化炭素や活性酸素などの、フリーラジカルと呼ばれている物質を分解して除去する効果があり、細胞が酸化するのを防ぎ、老化の防止、アンチエイジング効果、痴呆やボケの予防に役立つと考えられ生活リズムや睡眠の質を調整するだけでなく、健康や若さに関わるホルモンです。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る