腸内細菌とは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

腸内細菌

印刷あとで読む
読み:ちょうないさいきん|英語名:intestinal bacteria
カテゴリ:美容内科・美容漢方

腸内細菌とは、人や動物の腸内に生息している細菌のことです。多種多様な細菌で構成されており、代表的な腸内細菌は作用によって有用菌(善玉菌)・有害菌(悪玉菌)・日和見菌の3種類に分類されます。

有用菌(善玉菌)は腸内環境を整える働きをします。つまり腸にとっては良い働きをする菌です。有用菌はビフィブス菌や乳酸菌を含む食品を直接摂取すると増えるといわれています。また納豆菌には、腸内で有用菌となり他の有用菌の増殖を促す働きもあり、さらに腸内の有害菌を殺す働きがあるともいわれ、腸内活動に効果的な働きをする菌です。

有害菌(悪玉菌)は腸内環境を悪化させ、腸の働きを鈍くする原因ともいわれています。有害菌の増加は腸内にさまざまな悪影響を及ぼします。有害菌が人体に有害な物質を生産するようになり、それにより、便秘や免疫力の低下、疲労の蓄積や肌荒れなどを引き起こす原因となります。

日和見菌は、体が健康的なときには大人しいですが、体が弱っているときなどは腸内で悪い働きをする菌です。

人体の健康状態にとって、また、家畜等動物の健康や発育にも、腸内細菌のバランスが非常に重要な役割を果たしているといわれています。

関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る