ヘモグロビンとは? | 用語辞典 | 美容整形外科・皮膚科なら聖心美容クリニック
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

ヘモグロビン

印刷あとで読む
読み:へもぐろびん|英語名:Hemoglobin
カテゴリ:美容内科

ヘモグロビンとは、ヒトなどを含めた全ての脊椎動物の血液の中を流れている赤血球の中にある物質です。ヒトが吸った空気の中から酸素とのみ結び付いて全身へと酸素を運ぶ役割があります。「ヘム」と言われる赤色の色素を持っているので見た目は赤色を帯びています。

身体中のヘモグロビンが少なくなり十分な酸素が運ぶことができなくなると貧血や、酸素が足りなくなることで起こる倦怠感や、頭痛を引き起こしてしまいます。これらを改善するには日々の食生活が大事とされ、主にグリーンピースやレバーといった鉄分を多く含んだ食材を摂取することによって、ヘモグロビンが増えるとされています。

また、ヘモグロビンの不足による貧血をそのままにしておくと、肌の血色が悪くなったり、肌の中の水分が不足してひどい肌荒れを引き起こしてしまうこともあります。また、コラーゲンの生成が上手く行われなくなり、若いうちから顔など、いたるところにしわができやすくなってしまいます。

関連用語
関連施術
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る