このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

痛くない医療脱毛があるってホント?話題の蓄熱式脱毛とは

痛くない医療脱毛があるってホント?話題の蓄熱式脱毛とは

これまでに脱毛を経験したことがある方ならご存知だと思いますが、脱毛にはある程度の痛みが伴うものですよね。
特に、美容クリニックなどで受けられる「医療レーザー脱毛」は、医療機関にのみ取り扱いが許される高出力のレーザーを使用するため脱毛効果は高いのですが、その分施術時の痛みも強いと言われています。

そのため、「美容クリニックで医療脱毛をしたことがあるけど、とにかく痛くて通うのを諦めてしまった……」という方も少なくありません。
そこで今回は、医療脱毛の“痛み”について、脱毛機器の違いとともに詳しくご紹介いたします。

脱毛部位や毛の太さ、濃さで痛みが違う?

脱毛部位や毛の太さ、濃さで痛みが違う?

医療脱毛を検討するうえで大きなネックとなる“痛み”。よく「輪ゴムで強くバチッと弾かれるような痛み」などと例えられますが、痛みの感じ方には個人差もあり、一概にどの程度痛いと表現するのは難しいものです。

一般的には、ワキやVIOラインなど、硬くて太い毛が密集している部位は痛みが強いと言われています。また皮膚が薄く比較的刺激に弱いので、痛みを感じやすいようです。
脱毛する部位によって痛みの感じ方は違いますが、少しでも痛みを抑えるために、自分でできる対策もいくつかあります。

1つ目は保湿をすることです。肌が乾燥していて十分な保湿ができていないと脱毛の痛みを感じやすくなってしまうため、普段からボディクリームを塗るなどのケアを行なうと良いでしょう。
2つ目は日焼けをしないことです。日焼けした肌は強いダメージを受けて乾燥した状態になるため、脱毛期間中はなるべく日焼けをしないように気を付けましょう。

痛くない医療脱毛とは?「HR方式」と「SHR(蓄熱)方式」の違い

個人差があるとはいえ、“痛い”と聞くとどうしても医療脱毛を行なうことを躊躇してしまいますよね。そんな医療脱毛ですが、実は使用する機器によって痛みに大きな違いがあるのです。

現在、多くの美容クリニックで導入されているのは「HR方式」の医療レーザー脱毛ですが、最近登場した「SHR(蓄熱)方式」の医療レーザー脱毛なら、従来よりも大幅に傷みが軽減され、高い脱毛効果がありながらストレスを感じずに医療脱毛をすることができます。

HR方式の脱毛が痛い理由

HR方式の脱毛が痛い理由

高出力のレーザーを1ショットずつ照射するので、熱が一点に集中して痛みを感じやすくなります。また、黒い色素(メラニン)をターゲットにして脱毛を行なうため、太くて硬い毛が密集している部位ほど痛みが強くなります。


SHR(蓄熱)方式の脱毛が痛くない理由

SHR(蓄熱)方式の脱毛が痛くない理由

低出力のレーザーを広範囲に繰り返し照射するためジワジワと熱が溜まり、痛みを感じにくくなっています。また、黒い色素(メラニン)だけでなく、毛の成長に関わるバルジ領域と呼ばれる部分もターゲットにして脱毛を行うため、毛が濃い方・日焼け肌の方・色黒の方でも痛みが少なく、子どもの脱毛にも使われています。

SHR(蓄熱)方式の医療レーザー脱毛は、痛みも少なく脱毛効果も高い

いずれも毛の成長を促す組織に熱でダメージを与え破壊し、毛を生えてこないようにするという原理は同じですが、HR方式とSHR(蓄熱)方式では、レーザーの出力方法に違いがあり、それが痛みの違いとなって現れるようです。

SHR(蓄熱)方式の医療レーザー脱毛の登場により、高い効果を求めながら痛みも少ないという医療脱毛が可能になりました。

痛くない脱毛機器を選ぶことにより、“痛み”のストレスを感じず快適に脱毛をすることができるため、美容クリニックを探す際にはぜひ参考にされてください。

この記事の監修ドクター
聖心美容クリニック 伊藤 秀憲
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る