このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

今さら聞けない「医療レーザー脱毛」の魅力と気になる効果の話

今さら聞けない「医療レーザー脱毛」の魅力と気になる効果の話

美容クリニックで受けられる「医療レーザー脱毛」は、多くの女性から支持を受けている脱毛法ですが、その反面痛みが強そうで怖い、医療と聞くと気軽に行けなさそうというイメージを持つ方も多いでしょう。

しかし、より高い脱毛効果を求める女性にとって、医療レーザー脱毛は心強い味方となってくれるもの。
今回は、脱毛未経験の女性が抱く、医療レーザー脱毛ってどんなもの? という、今さら人には聞けない疑問に詳しく答えていきます。

「医療レーザー脱毛」ってどんな脱毛方法なの?

「医療レーザー脱毛」ってどんな脱毛方法なの?

医療レーザー脱毛は、肌にレーザーを当てて皮膚の内側にある毛根に熱でダメージを与えるという脱毛方法です。
レーザーを照射することで、毛に熱が吸収されて周囲に広がり、毛を作る細胞を破壊して新しい毛が生えないようにします。

直接肌にレーザーを当てると聞くと、毛根だけでなく肌表面にもダメージがあるのではと心配になる方もいるでしょう。
しかし、医療レーザー脱毛で使用するレーザーは、毛の黒いメラニン色素をターゲットにしているため、肌表面にダメージが加わることはありません。

先述のとおり、医療レーザー脱毛は、毛の黒いメラニン色素をターゲットにしているため、太くて濃い毛ほど強く反応し高い脱毛効果を発揮します。
そのため、多くの女性が悩むデリケートゾーンのムダ毛や、ワキ毛には高い脱毛効果がありますが、その反面、白髪などの色が薄い毛や、産毛などの細い毛には効果が出にくいとも言えるのです。

しかし最近では機器の改良も進み、これまで難しいとされていた毛や肌にも対応できる医療レーザー脱毛が登場しました。

医療レーザー脱毛にデメリットや注意点はある?

医療レーザー脱毛にデメリットや注意点はある?

医療レーザー脱毛を受けるにあたって、注意しなければいけないのが“日焼け”です。
一部には、日焼けをしている肌や色黒肌でも施術可能な脱毛機器もありますが、多くの場合日焼けした肌は施術NGとされています。

そのため、脱毛期間中は特に日焼けに気を付けなければなりません。また、濃いシミやホクロがある部分には、レーザー照射ができない可能性がありますので、美容クリニックなどに直接相談してみるといいでしょう。

そして、もう1つ知っておきたいのが施術時の“痛み”についてです。
光脱毛などの出力パワーの弱い脱毛機器と比べると、医療レーザー脱毛は出力パワーが強いので、照射時の痛みを感じる人が多いようです。

特に、太くて濃い毛が生えているデリケートゾーンなどは、痛みを感じやすいと言われています。
どうしても痛みが心配な方は、麻酔クリームを使用してくれるクリニックもあるので、カウンセリング時に相談してみるとよいでしょう。

医療レーザー脱毛をするなら、蓄熱式脱毛を選ばないと損!?

医療レーザー脱毛をするなら、蓄熱式脱毛を選ばないと損!?

先述の通り、これまでの医療レーザー脱毛は、日焼けしていると施術ができなかったり、産毛などの細い毛には効果が出にくいというデメリットがありました。
ところが最近、これらのデメリットを克服した「蓄熱式(SHR方式)」といわれる進化型の脱毛機器が登場しました。

この蓄熱式の医療レーザー脱毛は、毛根だけではなく毛包全体に熱エネルギーを蓄積して毛根の細胞を破壊するので、従来のレーザー脱毛機器よりも脱毛効果が高いそうです。
また、毛の黒いメラニン色素に反応するだけでなく、毛包にも熱を届けられるため、日焼け肌にも施術が可能になり、産毛などの細い毛にも高い脱毛効果を発揮します。

従来の医療レーザー脱毛は、高出力のレーザーを集中的に照射する仕組みなので、強い痛みを感じることがありましたが、蓄熱式の脱毛は、低出力のレーザーを広い範囲に繰り返し照射するため、痛みが大幅に軽減しました。

「日焼けしてしまったけど、脱毛を始めたい……」「医療レーザー脱毛をしたいけど、痛みが怖い……」などの理由で脱毛を諦めていた方こそ、蓄熱式の脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

脱毛をするのなら、少しでも早く確実に終わらせたいと思うのは当然のことです。高い脱毛効果がありながら、痛みが少ない蓄熱式の医療レーザー脱毛で、ムダ毛の悩みを解消していきましょう。

この記事の監修ドクター
聖心美容クリニック 佐々木 直美
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る