このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

最新機器をチェック!知っておきたい医療レーザー脱毛機器の種類と違い

最新機器をチェック!知っておきたい医療レーザー脱毛機器の種類と違い

過去に脱毛サロンやエステで脱毛をしたことがあるものの、より高い効果を求めて、美容クリニックで受けられる医療脱毛を検討しているという方は多いですよね。

脱毛の主な方法は、美容クリニックなどの医療機関で受けられる「医療レーザー脱毛」と、脱毛サロンやエステで受けられる「光脱毛」の2つがありますが、医師や看護師による施術が受けられる医療レーザー脱毛は、 光脱毛と比べて照射パワーが強く、より高い脱毛効果が期待できます。

そんな医療レーザー脱毛ですが、機器によってそれぞれの特徴があり、痛みや効果に大きな違いがあることをご存知でしょうか。
今回は、医療脱毛を検討する際に知っておきたい、医療レーザー脱毛機器の種類と違いについてご紹介します。

痛みに大きな違いが?「HR方式」と「SHR(蓄熱)方式」

過去に脱毛サロンやエステで脱毛をしたことがあるという方であれば、光脱毛の“痛み”がどの程度かご存知かと思います。その“痛み”と比較すると、医療レーザー脱毛は、照射パワーが強く高い脱毛効果が期待できる分、“痛み”も強いと言われています。

しかし、近年新たに登場したSHR方式(蓄熱式)の医療レーザー脱毛機器なら、従来のHR方式よりも大幅に“痛み”が軽減され、高い脱毛効果を叶えながらストレスを感じず脱毛をすることができるのです。
ここからは、それぞれの医療レーザー脱毛機器の特徴を詳しくご紹介していきましょう。

痛みに大きな違いが?「HR方式」と「SHR(蓄熱)方式」

HR方式

高出力のレーザーを1ショットずつ照射してムダ毛の黒い色素(メラニン)に反応させ、熱で毛根にダメージを与えることで脱毛する方式。
ごく一般的な医療レーザー脱毛機器ですが、高いエネルギーが一点に集中するため、輪ゴムでパチンと弾かれたような痛みを感じる。


SHR方式(蓄熱式)

低出力のレーザーを広範囲に繰り返し照射することで熱を蓄え、毛の成長に関わるさまざまな部位にダメージを与えて脱毛する方式。
近年導入した美容クリニックも増えているようで、メラニン以外もターゲットにしているため、毛が濃い方、色黒の方、日焼けしている方でも痛みを感じにくい。子どもの脱毛にも使用されている。


現在、美容クリニックの多くはHR方式の医療レーザー脱毛機器を使用していますが、今後はさまざまな面でHR方式のデメリットをカバーしているSHR方式(蓄熱式)の脱毛が注目を集めていくでしょう。

SHR方式(蓄熱式)の機器の種類

SHR方式(蓄熱式)の機器の種類

これから医療脱毛をする予定なら、できるだけ痛みの少ないSHR方式(蓄熱式)での施術を受けたいもの。また、メラニン色素に反応するHR方式の医療レーザー脱毛機器は、日焼け肌の方、色黒の方は施術が受けられなかったり、脱毛効果が出にくいことがありましたが、SHR方式(蓄熱式)ならその心配はありません。

そんなSHR方式(蓄熱式)の医療レーザー脱毛機器には、「ソプラノアイス・プラチナム」「メディオスター」「ハヤブサ」といった種類があります。
3つの機器の中でも特におすすめなのが、ソプラノアイス・プラチナムです。

ソプラノアイス・プラチナムなら、照射中のレーザーの熱量を計測できるメーターが付いているため、必要以上の熱が加わり火傷をするというリスクを防ぐことができます。

また、ヘッド部分の構造の違いや唯一3波長(3つの深さ)の出力を一度に照射することができるので、浅い毛から深い部分に生えている毛まで、どの深さの毛にも照射ができ、他のSHR方式(蓄熱式)の機器よりも照射ムラが少なく、高い脱毛効果が期待できるのです。

医療脱毛といっても、機器の違いによってその特徴はさまざま。
美容クリニックでの医療脱毛を検討している方は、脱毛方式の違いによる“痛み”や“脱毛効果”にも注目して、より快適で満足度の高い医療脱毛を選ぶようにしましょう。

この記事の監修ドクター
聖心美容クリニック 西田 真
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る