土日祝も
受付

0120-911-935

[ 09:30-20:00 ]
夜間
0120-773-566
[ 20:00-23:00 ]
※新規予約のみ
閉じる

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

若返り
Antiaging

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

目の下のたるみ取りの特長 Featurse

目の下のたるみ取りとは

目の下のシワやたるみは年齢を感じさせる大きな要素です。この部位は比較的若いうちからたるみが生じてきます。細かいシワやたるみがあると、影ができやすく、クマのように見える場合もあります。程度が強いと袋状にたるんで見えます(目袋)。また、この部位に脂肪が沈着し、ふくらんで見えることもあります。いずれの場合もこの余分な皮膚のたるみを取り除き、下のまつげの付け根のあたりで細かく縫合することによってすっきりと若返った印象になります。フェイスリフトと同時に希望される方も多い手術です。

たるみ・目袋・深いシワをトータルに改善

ヒアルロン酸注入やPRP皮膚再生療法などの注入療法では改善が難しい、目袋や皮膚のたるみが強い状態も改善することができます。

傷痕が目立ちにくい

手術は傷跡が心配という方もいらっしゃると思いますが、目の下の皮膚は薄く、体の中でも最も傷の目立ちにくい部位の一つですので、まず気になるということはないでしょう。また、下まぶたの裏側からたるみの原因となっている眼窩脂肪を取り出す方法の場合、皮膚表面を傷つけないため、傷跡が残りません

髪の毛より細い透明な糸で縫合

縫合は目立たないように髪の毛より細い透明な糸を用いて行います。抜糸まで1週間かかりますので、その間は下のまつげがもう一列あるように見えますが、傷を除けばメイクは可能ですので、腫れた部分をメイクでカバーすることができます。また、傷の部分のメイクは抜糸が終わってからになります。

目の下のたるみの原因

老化により目の下の皮膚・筋肉(眼輪筋)・眼窩隔膜が衰え、眼球の下にある眼窩脂肪が前方に突出して下まぶたの組織を押し出すため、ふくらみが出て目袋とよばれる目の下のたるみが生じます。 また、加齢とともに頬の皮膚が下垂し扁平化することで、下まぶたのふくらみがより強調され、たるみやクマとなることもあります。
目の下の脂肪量は人により異なり、生まれつき脂肪量が多い方もいますが、目の大きい方や頬骨が張っている方は目の下のたるみやクマが生じやすい傾向にあります。目の下に脂肪が多いと皮膚の色素沈着がより濃く見えてしまい、目の下のクマの原因ともなります。

適応症状

ひとくちに「目の下のたるみ」といっても、その原因にはいくつかあり、各症状に応じた治療法の選択が必要になります。

皮膚のたるみ
眼窩脂肪のふくらみ
目の下(下眼窩骨縁部)のくぼみ
目の下のシワ (シワが影になり、たるんで見える)

施術の流れ Flow

STEP1マーキング

切開線(下まつ毛のすぐ下)、皮膚の剥離範囲(または眼窩脂肪の張り出してきている部位)にマーキングします。

STEP2麻酔

下まぶた切開部分に局所麻酔を行います。痛みや起きた状態での手術が心配な方には静脈麻酔を行い、眠ったまま手術を受けていただくことも可能です(別途費用)。

STEP3手術

下眼瞼切開(皮弁法)の場合

下まつげのすぐ下を切開し、たるみの原因となっている眼窩脂肪を切除した後、余剰皮膚を切除します。 切開部を縫合して終了です。

下眼瞼切開(筋皮弁法)の場合

下まつげのすぐ下を切開し、たるみの原因となっている眼窩脂肪を切除します(図1)。 次に、眼輪筋肉を目尻の方へ吊り上げて張りを出し、頬骨の骨膜に固定します(図2)。 余剰皮膚を切除した後、切開部を縫合して終了です。図1図2

ハムラ(Hamra)法の場合

下まつげのすぐ下を切開し、眼窩隔膜より下方にはみ出してくる分だけ眼窩脂肪を切除します。 目の下のくぼみを埋めるように眼窩隔膜と脂肪を移動します(図1)。 眼窩隔膜を骨膜に固定します(図2)。 次に、眼輪筋肉を目尻の方へ吊り上げて張りを出し、頬骨の骨膜に固定します(図3)。余剰皮膚を切除した後、切開部を縫合して終了です。図1図2図3

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

脂肪吸引や豊胸術、フェイスリフトなど身体的負担が比較的重い施術は、少なからず術後のむくみや内出血など、ダウンタイムが生じます。当院ではこれらのダウンタイムを少しでも短縮し、一日も早く理想の状態を実感していただけるよう、内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬(2種処方)を患者様の1週間分処方しています。

当院の漢方薬処方について

※ 当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用を申し受けます。
※ 施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

施術メニュー 約10分
通院 なし
メイク 当日より可能
入浴・洗顔 当日より可能
処置後の経過 処置の効果は徐々に出てきます。約2週間で効果が安定し、その後、徐々に効果が失われてきます。4ヶ月から半年に一度の追加を目安としてください。効果には個人差があり、一度に多量の注入をすると効果が強すぎる場合もありえます。追加を希望される場合も症状が安定する2週間はお待ちください。

こんな施術もおすすめ

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する LINEで予約 電話をかける