土日祝も受付

0120-911-935(09:30-20:00)(09:30-23:00)

夜間
0120-773-566(20:00-23:00) ※新規予約のみ
閉じる

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

若返り
Antiaging

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

イントラセルの特長 Featurse

毛穴引き締め&肌質改善

イントラセルは、真皮層にのみ熱刺激を加えることで、ハリや弾力のもととなるコラーゲンやエラスチンを増やし、毛穴や肌質を改善するマシンです。
49本の超極細針を皮膚に挿入し、針先にのみRF(ラジオ波)を照射。皮膚表面のダメージは抑えつつ、症状の原因がある真皮層へとダイレクトに熱刺激を与えます。パワーや挿入の深さも選択できるため、症状に合わせた治療が可能です。

当院では、イントラセルを他院に先駆けて導入。2014年11月現在、のべ2,782名の患者様のお肌のお悩みを治療しており、その症例数は、国内No1です。

90秒でわかる イントラセル

~毛穴・にきび跡・しわ・たるみをトータルに改善~

毛穴の開きは“たるみ”に変わります。

毛穴が開く原因は?
お手入れ過剰、こすりすぎ

肌表面に強い刺激が加わり炎症を起こすと、本来はまだ表面化しないはずの未熟な角質が露出してしまいます。
未熟な角質は皮脂腺から分泌された皮脂の「出口」という役割を果たすことができないため、正常に作用せず、毛穴が開いたままになってしまいます。

老化、肌の乾燥

老化や乾燥によって肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンが生成されにくくなると、弾力がなくなり毛穴が開きます。さらに皮脂の詰まりなどで毛穴が押し広げられたり、重力で毛穴が引っ張られたりすると、“たるみ”に発展します。こうした毛穴は、縦方向に伸びた楕円形(涙型)をしていることが特徴で、小じわの原因にもなります。

でも、ご安心を。

イントラセルなら“たるみ前の毛穴”にも“たるんだ後の毛穴”にも効果があります。

幅広い症状・お悩みに適応

イントラセルは、総合的な肌の質感の衰えを感じ始めた方へおすすめのマシンです。毛穴の開き(毛穴たるみ予備軍)や軽度たるみの改善・予防としても効果を発揮します。また、ニキビ跡の凸凹改善にも目に見える効果を発揮しやすいため、お悩みの方にはぜひ一度受けていただきたい施術の一つです。
※頬やあごの“たるみ”が気になる方は「ウルセラシステム」が適応の場合が多いです。

イントラセルが効く!4つの適応症状

毛穴の開き・肌質老化(なみだ型などのたるみ毛穴)
ニキビ・陥没性ニキビ跡(肌の凹凸)
小じわ・軽度のたるみ(ハリ不足)
妊娠線・肉割れ
毛穴やニキビのお悩みの方が多く受けられます。

当院で行ったイントラセルモニターのアンケート集計結果
※複数回答可
集計期間:2009年12月~2013年8月 n=719

こんな不安ありませんか?

これまで、毛穴やにきび跡に効くさまざまな化粧品やマシンを試してきました。正直効果が出るのか、自分に合ったマシンなのかわからず不安です。

イントラセルは毛穴の開きやニキビ跡など、肌表面の質感の改善に1回の施術でも効果があると言われています。マシン選びで重要なポイントは、患者様がどんなお悩みを1番に改善したいのか、ということです。

肌表面のお悩み(毛穴やニキビ跡など)と軽度のたるみを同時に改善したい場合には「イントラセル」をおすすめしています。頬やあご周りのたるみが一番気になる場合は、ウルセラシステムという、たるみ改善に特化したマシンがおすすめですね。

マシンによっても得意不得意がありますので、患者様が何に一番お悩みであるのかをカウンセリングでしっかりと確認し、適切な治療法をご提案いたします。

肌質改善に必要なコラーゲン生成
引き締め効果とハリツヤ効果がさまざまな悩みを改善

針挿入時

極細の針を挿入すると、肌表面に微細な傷穴が開き、この傷穴を治そうと創傷治癒作用のスイッチが入り、新陳代謝(ターンオーバー)が正常化されます。血行もよくなるため、小ジワやくすみの改善・毛穴の引き締め効果が得られます。

RF照射時

肌の弾力を保つ「コラーゲン」は、皮膚の深い層(真皮層)で生成されています。イントラセルは、真皮層にのみRF(ラジオ波)をダイレクト照射。RFの熱エネルギーにより、1次効果として、皮内のたんぱく質が変性を起こして、「引き締まる」ため、リフトアップ効果が得られます。
その後、2次的効果として照射後の熱ダメージを治そうと肌内部でも「創傷治癒作用」のスイッチが入り、コラーゲン生成が促進されます。コラーゲンが生成されることで、皮膚の厚みや弾力が増し、ハリツヤのある肌へと変化。さらに、にきび跡・毛穴の開き・妊娠線・肉割れなど、真皮層に原因がある症状を肌内部から改善します。

これまでのレーザー・RF治療よりも効果UP・ダメージDOWN!

真皮に直接届くから、同じエネルギーでも効果UP!

一般のレーザーやRF治療機では、照射しても皮膚表面に吸収され、真皮層にまでうまくエネルギーを届けることができません。
イントラセルは、その問題を解決するために、太さわずか0.1mmの超極細絶縁針49本を肌に挿入し、針の先端0.3mm部分から直接RFを照射するため、真皮層に効率よく熱エネルギーを届けることができます。これにより、従来のレーザーやRF治療機に比べ、効果が格段に向上しました。

表皮に熱ダメージを与えない。だからダウンタイムも軽い!

従来のレーザーは、肌の表面から熱エネルギーを照射していたため、表皮のダメージが大きく、痛みや腫れといった、ダウンタイムは避けられませんでした。
その後、肌のダメージを軽減すべく開発されたフラクショナルレーザーは、極細のレーザー光を使用して、細かい「点」でレーザーを照射することで、ダメージを受ける「面積」を減らすことはできましたが、肌の浅い層(表皮)にまでダメージを与えてしまうことに変わりはありません。
イントラセルは針を刺した後、針の先端の0.3mmだけに電流が流れる仕組みになっているため、表皮に熱ダメージを与えません。
そのため、施術後は赤みが出ますが、翌日からメイクが可能です。

従来レーザーとの比較
イントラセル
フラクショナルレーザー
レーザー
熱エネルギー到達度と皮内ダメージ
  • ・表皮にダメージを与えない
  • ・真皮にのみダイレクト照射
  • ・表皮にダメージを与えてしまう
  • ・表皮に吸収されてエネルギーが真皮にまでうまく届かない。
  • ・表皮にもダメージを与えてしまう
  • ・表皮に吸収されてエネルギーが真皮にまでうまく届かない。
皮膚表面からみた熱エネルギー
熱ダメージはゼロ
点状の熱ダメージ
全体に熱ダメージ

こんな不安ありませんか?

ダウンタイムが軽減したとはいえ、針をさすなんてやはり痛いのでは??出血もあるのではないでしょうか?痛みに弱いタイプなのでとても不安です。

当院では、治療前に麻酔クリームを使用し痛みを抑えています。治療後の痛みは、少し顔が火照っているような程度です。赤みは翌日にはメイクをすればある程度カバーできるようになります。

また、針を挿入するのは一瞬ですので、個人差はありますが、「チクリ」と感じる程度です。もちろん作用させたい部位や出力によって多少の痛みや熱感を感じることがありますが、ほとんどの方が治療をお受けになることができます。また、施術中は少し出血しますが、施術が終わって鏡で確認していただくときには完全に止まっています。ご本人には出血したかどうかも分からないと思います。もちろん針跡も見えません。
そのため、メイクをすればほとんどカバーできます。赤みとしては日焼けした後メイクをすると「焼けた?」と周囲から言われることがありますが、イメージとしてはその程度の赤みです。赤みが消失するまでは個人差がありますが、1週間程度で落ち着きます。

4日前後で赤みは気にならなくなる!

当院で行ったイントラセルモニターのアンケート集計結果
集計期間:2009年12月~2013年8月 n=719

部位・症状に合わせて、カスタマイズ治療

  • 特に気になる部位には、重ねうちでまんべんなく照射
  • ニキビ跡のひどい方と、ダウンタイムを弱めて少しずつ改善していきたい方とでは、出力・針の深さを変えています。
  • 患者様に合わせた治療プランをご提案。

イントラセルの効果を決定する3大要素

当院では、豊富な症例数から下記3種類の最適な設定値を算出し、一人ひとりの症状と部位に応じた治療を行っています。

針の深さ

針の深さには、0.5mm・0.8mm・1.5mm・2.0mmの4種類があります。針を挿入する深さを変えることで、狙った層に確実に熱を与えることができます。
当院では、皮膚の薄い部位には浅い針を使用するなど、複数の深さの針を症状や状態に応じて打ち分けています。

出力パワー

イントラセルの出力パワーは全部で6段階です。
通常は「レベル3」に設定をし、症状により調整をしています。

パス(ショット数)

1回の治療で同じ箇所に照射する回数をパスと言います。部位や症状によって、パス数を調整しています。

<学会講演情報>
第98回日本美容外科学会で、「ラジオ波装置(イントラセル)の原理」を発表
聖心美容クリニック福岡院 美原寿之院長が、日本形成外科学会の専門医が集まる学会で、イントラセルの講演をおこないました。

こんな不安ありませんか?

マシンが同じだったら、どの先生がやっても効果は同じなの?
だったら費用が安いクリニックで受けた方が何度もできてお得?

当院では患者様のお悩みによって、最適な設定値を算出し、症状に応じた治療を行っています。マシン施術であっても、肌の構造を熟知している医師がきちんとプランを立てて施術を行うことで、効果も変わってきます。

基本的には0.5mm、0.8mm、1.5mmの針を使用し、重ね打ちをしていきます。
加えて、ニキビ跡など毛穴のへこみ・くぼみが強い方には、2.0の針を使用したり、ダウンタイムをより弱くし少しずつ改善したい方には、0.5と0.8の針を使用するなどご要望に合わせショット数・出力・パワーを調節しています。
イントラセルは1回でも効果を感じられるマシン施術です。だからこそ、より高い効果を望まれる方は、医師の技術力にも注目してクリニック選びをされることをおすすめします。

さらに、効果を活性化させる成長因子塗布も無料

当院では、イントラセル照射後のアフターケアとして、成長因子(グロースファクター)配合の保湿薬剤を無料で肌に塗布しています。
成長因子とは、特定の細胞の増殖や分化を促進するタンパク質の総称で、組織修復、血管新生、コラーゲン、繊維芽細胞の増殖など、肌の再生を促進する働きがあります。

イントラセルにより微細な針穴が開いた肌に成長因子を塗布することで、肌の奥深くまで浸透し、細胞レベルで肌の老化を修復します。また、イントラセルによって刺激を受けた皮膚の治癒プロセスが活性化され、肌のキメやハリ感が得られます。

使用薬剤について

当院で使用する薬剤の製造元は米国のBENEV社で、同社が保有する薬剤管理施設はFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けています。

【特長】
高濃度。純度100%の薬剤成分・ノンコメドジェニック・非アレルギー性

【主成分】
上皮成長因子・繊維芽細胞成長因子・ペプチド・ヒアルロン酸・ビタミン

施術の流れ Flow

STEP1カウンセリング

医師とのカウンセリングでは、仕上がりのご希望を詳しくお伺いしながら、術後のイメージを確認します。カウンセリング時間は余裕を持ってお取りしていますので、施術についてご不明な点・ご不安なことがありましたら、どんなことでもご相談ください。

STEP2麻酔(30分)

メイクを落としていただいた後、施術部位に麻酔クリームの塗布、またはブロック麻酔を行いますので、痛みをやわらげることができます。
※麻酔クリーム、ブロック麻酔には別途費用がかかります。

STEP3施術(15分程度)

イントラセルのハンドピースを肌にあて、RFを照射していきます。

STEP4保湿

処置後の保湿として、“成長因子”という美肌成分を含んだ保温剤を肌に塗布します(無料)。イントラセルにより微細な針穴が開いた肌に塗布することで、成長因子が肌の奥深くまで浸透し、肌の再生を促します。

STEP5施術後

施術後は鎮静のためクーリングし、お帰りいただきます。

STEP6アフターケア

イントラセルの効果を高め、1日も早く、理想の肌を実感していただくため、ご自宅でのケアとして、MTコントア・マスクを無料で差し上げています。

治療前後のプレケアとしておすすめ
“N-トレチノインシリーズ”

美白効果だけでなく、肌のハリやツヤを取戻し、肌全体を強くする効果がある“N-トレチノインシリーズ”。
プレケアとして使用することで、肌の状態が整えられ、皮膚が厚く、強くなります。そのため、イントラセルの出力を上げることができ、治療の効果実感が高まります。アフターケアとして使用することで、ダウンタイムの軽減や色素沈着のリスクを低減する効果もあります。

詳しく見る

治療期間の目安

初回:1回でも効果を実感していただけますが、症状に応じて、複数回の治療を繰り返していただくと、さらに効果的です。
2回目:2回目の照射をご希望の場合は、3ヶ月以上の間隔をあけていただきます

リスク・副作用、ダウンタイム Downtime

通院 なし
日常生活 「MTコントア・マスク」で十分な保湿を心がけて下さい。MTコントア・マスク使い切り後は医療用コスメ「GF-DNAセラム」、「N-トレチノインシリーズ(N-トレチノインカプセル製剤)」もお使いいただくと、肌の修復が早まります。シャワーは当日から可能です。入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。赤みのある間は厳重な紫外線対策を行って下さい。
メイク 処置翌日から可能です。当日メイクを希望される方は、施術直後から使用可能なファンデーション(M-DITE)のサンプルをご案内させていただきます。
肌の状態 照射後1週間程度赤みがありますがメイクで隠せます。
照射翌日から肌がカサカサする場合がありますが、これは肌が生まれ変わっている証拠です。無理に擦らないで下さい。また、腕・胸・背中にはイントラセル照射による肥厚性瘢痕が残ることがあります。
痛み 腫れぼったい感じが3日程度あるだけで、施術後の痛みは全くといってよいほどありません。
イントラセルをお受けいただく際の注意点

ヒアルロン酸注入をされた方
ヒアルロン酸の注入部位に照射すると、ヒアルロン酸の効果が半減する可能性があります。ヒアルロン酸が吸収されてからお受けいただく分には問題ありません。

禁忌事項
金の糸を挿入している方、出血性疾患のある方はイントラセルをお受けいただくことができません。 金属アレルギーの方は、金属アレルギーの種類(金・鉄・ニッケル・クロム)により治療をお受けいただくことができません。必ず医師にお申し出ください。

イントラセルについてよくあるご質問

タイタンやサーマクールとの違いを教えてください。
タイタンは真皮浅層への、サーマクールは真皮中層への熱作用によりタイトニング(肌のひきしめ)を引き起こすマシンです。ただし、タイトニング効果はその熱エネルギーにある程度比例します。サーマクールの場合、効果が高い分痛みも強く、タイタンの場合は痛みが少ない分、効果が劣る傾向にあります。また、両マシンともに表皮からの照射となるので、表皮へのダメージは避けられません。 イントラセルは、このような点を改善し、作用させたい真皮層のみに直接照射することができるため、表皮へのダメージがなく、かつ効率良く熱エネルギーを届けることができるため、痛みが少ないのに効果が高いという、理想的な治療を行うことができます。
フラクセルとは何が違うのですか?
フラクショナル理論(皮膚に多くの細かい損傷を与えることで皮膚の再生を促す治療法)という意味では、フラクセルもイントラセルも同じですが、フラクセルは微細なレーザー光を皮膚の表皮から真皮まで当てていきますので、少なからず表皮やターゲットとしない部位までもレーザー光の影響を受けます。したがって、治療後の赤みなどダウンタイムが、それなりに生じてきます。 一方、イントラセルは極細の絶縁針で皮膚のターゲットとなる部位に到達し、その先からRFが照射されますので、表皮やターゲット以外の部位には熱エネルギーが加わりません。そのため、赤みなどのダウンタイムが軽減されるのです。
1回で効果を実感できますか?
点状にレーザーを照射するフラクショナルレーザーでは、レーザーが作用した面積は全体の10数%~20%ですから繰り返しの治療が必要です。イントラセルではターゲット内でRFは水平方向に流れるため有効面積が広くなりますので、1回で優れた効果を実感していただけます。また、術前以後の写真判定での有効率が90%を超えるという驚異的なデータがすでに報告されています。
施術を受けた翌日から仕事をしても、周囲にバレませんか?
翌日メイクをすればほとんどカバーできます。赤みとしては日焼けした後メイクをすると「焼けた?」と周囲から言われることがありますが、イメージとしてはその程度です。赤みが消失するまでは個人差がありますが、1週間程度で治まります。

こんな施術もおすすめ

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する 電話をかける