閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

来院予約

電話LINEWebからご予約いただけます。

来院予約

ご相談・お問合せ

専門カウンセラーへの電話でのお問合せ、医師へのメール相談、対面式のオンライン診察オンライン診療に対応しております。

ご相談・お問合せ

Select your Country / Region Website.

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

鼻のプチ整形のススメ

この記事を監修したドクター

大阪院副院長兼 診療医長大井 弘一

私達ここにこだわっています!

デザインへのこだわり

  • 注入の場合は、局所麻酔にて施術を行います。当院では、施術の際に患者様に鏡を見てもらいながら、細かく注入量や注入箇所を調整しています。
  • 全院にシミュレーションシステム(無料)を導入。特に鼻やあごの整形は、顔全体や横顔のバランス確認も重要となるため、十分なカウンセリングを行っています。
  • 注入直後はちょうど良いくらいと満足されていても、2~3週間たってみると「もう少し入れておけば良かった」と思われる方も少なくありません。当院では、処置後1ヶ月以内にもう一度注入可能な「追加注入付プラン」もご用意しております。注入効果や仕上がりにご満足いただくための、より安心なプランです。

薬剤のこだわり

当院では、効果・安全性ともに世界的に認められている薬剤のみを使用しています。

ヒアルロン酸[FDA認可取得]

  • 「クレヴィエル・コントア」「ジュビダームビスタ®ボリューマXC」「ジュビダームビスタ®ウルトラプラスXC」をご用意。
  • 粒の大きさが異なるため、注入部位やご希望に合わせて使い分け
  • 全て生体適合性100%・非動物性の安全性の高いもののみを使用のため、アレルギーテスト不要。

鼻・アゴ形成に適した「粒子の大きさ」「硬さ」の薬剤を使用

右の写真は、他院にてヒアルロン酸注入をされた患者様です。数回に渡り注入をされ、鼻根部の幅が広く不自然な状態になっています。ヒアルロン酸は、メーカー(製造元)によって粒子の大きさや硬さが違います。安価なものや粒子の小さく柔らかいものを使用すると、不自然な仕上がりになりやすいため注意が必要です。当院では、鼻やあごの形成に適したヒアルロン酸を使用するため、このように不自然になることはありません

鼻・アゴ形成に適した「粒子の大きさ」「硬さ」の薬剤を使用

技術へのこだわり

注入法は、どんな仕上がりにしたいかによってデザインや注入部位、量も異なります。
また、一般的には鼻を高くする方法として知られている注入法ですが、鼻先を高く見せたり、横顔のバランスを整える事もできます。
当院ではこだわりを持った注入法で、患者様のご希望にあうデザインをご提案いたします。

①鼻筋を高く、すっと通す

日本人は目線のやや上の位置(目と眉の間)から鼻筋を高くすると自然な印象になります。欧米人は、眉間あたりから高くなる方が多いため、外人のような仕上がりをご希望の方はデザインが異なります。

自然に鼻を高く、鼻筋を通したい場合

欧米人のような鼻にしたい場合

②鼻先にはあまり注入はしない

鼻先に注入しすぎると、注入剤が広がって団子鼻のように見えてしまいます。そのため、デザインによっては少量入れることもありますが、しっかりと鼻先を高くしたい場合は不向きなため、おすすめしません。

痛みや内出血の軽減

  • 麻酔成分「リドカイン」

注入系の施術はダウンタイムの少ない手軽な施術ですが、注入時には軽い痛みを感じられることがあります。そのため当院では、痛みに弱い方への配慮として麻酔成分「リドカイン」を混合して注入することもできます。「リドカイン」が含まれているヒアルロン酸もあり、注入時の痛みを和らげるのに有効です。

安全性への配慮

注射の針を変え、残ったヒアルロン酸を別の患者様に使いまわしているクリニックがあるようです。ヒアルロン酸を使いまわすことは感染症の恐れがあり、危険な行為です。
当院では1回の注入でヒアルロン酸を使い切らなかった場合、適切に廃棄しています。そのため、お一人1本ずつご購入いただく1本単位の料金表示をしております。

カウンセリングへのこだわり

126_image12.jpeg

鼻やあごの整形では、患者様によって理想のデザインやバランスが異なります。そのため、当院では、患者様のご要望や理想のイメージの共有をしっかりと行えるようにカウンセリングに時間をかけています。

鼻プチ整形(鼻を高くする方法)コラム人気ランキング

鼻の整形の症例写真

鼻の整形のQ&A

他のカテゴリを見る

当院には様々な科目の専門医、医学博士、学会会員が在籍しています

聖心美容クリニックには、日本美容外科学会(JSAS)理事長・専門医・会員、日本美容外科学会(JSAPS)正会員、日本形成外科学会 領域指導医・再建マイクロサージャリー分野指導医・小児形成外科分野指導医・専門医・会員、医学博士、日本再生医療学会 再生医療認定医・会員、日本美容外科医師会 会員、日本臨床医学発毛協会認定 発毛診療指導認定医、日本臨床抗老化医学会 会員、日本皮膚科学会 専門医、日本美容皮膚科学会 会員、日本外科学会 専門医、日本形成外科手術手技学会 正会員、日本頭蓋顎顔面外科学会 会員、日本小児外科学会 会員、日本メソセラピー研究会 会員、国際形成外科学会(IPRAS)会員、IMCAS World Scientific Committee 2017,board memberなどの資格を有した医師が在籍しております。

また、当院では、第104回日本美容外科学会(JSAS)にて会長を努めた鎌倉達郎を中心に医療技術向上のため、院内外、国内国外を問わず様々な勉強会や技術研修会を実施しております。勉強会・研修会の実績についてはこちらをご覧ください。

ドクター紹介はこちら
聖心美容クリニック在籍ドクターの約90%が専門医資格を保有
聖心美容クリニック在籍ドクターの約90%が専門医資格を保有

本サイトは医師監修のもと情報を掲載しています

聖心美容クリニック統括院長 鎌倉達郎は、日本美容外科学会(JSAS)理事長という責任ある立場より、美容外科をはじめとする美容医療の健全な発展と、多くの方が安心して受けられる美容医療を目指し、業界全体の信頼性を高めるよう努めてまいります。

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」遵守し、当ページは医師免許を持った聖心美容クリニックの医師監修のもと情報を掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について、詳しくはこちらをご覧ください。

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

来院予約 ご相談・お問合せ