このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

プロテーゼなどの手術だってお任せ!あなたの「あと少し」にこだわります。
印刷あとで読む
クリックすると「後で読む」リストに追加できます

鼻の整形ではヒアルロン酸などの鼻を高くする注入法が人気ですが、プロテーゼなど効果がより長い手術をお選びになる方もいらっしゃいます。

また、団子鼻や小鼻の整形では手術を行うことが一般的です。手術と言ってもそれほど大掛かりなものではありませんし、傷跡も最小限のため、お悩みの方はぜひご検討ください。当院医師は手術の腕前も高いレベルを持っていますので、安心してご相談ください。

【プロテーゼ】
☑鼻筋を通したい ☑鼻筋を高くしたい ☑長期間持続した効果が欲しい

当院では一人ひとりのご希望の高さに合わせ、I型・L型のプロテーゼを加工するオーダーメイドの手術です。既製品をそのまま使用するのではなく、患者様現在の鼻の形と理想の鼻の形を考慮して、少しずつ削っていきます。プロテーゼの場合は通常3日~1週間は腫れますが、鼻の穴の内側からプロテーゼを挿入するため、傷口は分かりません

 

<当院で使用しているプロテーゼ>

 

I型プロテーゼ

メリット

  • 鼻筋に高さを出すことができる
  • 鼻先の皮膚に負担がかからない

デメリット

  • 鼻先に高さを出したい場合は、そのほかの施術と組み合わせが必要

こんな方に

おすすめ

  • 鼻を高くし、通った鼻筋にしたい方
  • 目と目が離れている方

 

L型プロテーゼ

メリット

  • 鼻筋・鼻先に高さを出すことができる
  • 鼻先の丸いダンゴ鼻を改善できる

デメリット

  • 鼻先の皮膚に負担がかかる

こんな方に

おすすめ

  • 鼻先にもしっかり高さを出したい方
  • 目と目が離れている方
  • 団子鼻が気になる方

こだわりポイント! “バード型”プロテーゼ

L型のプロテーゼをそのまま使用すると、鼻先の皮膚に負担がかかり不自然な印象になったり、場合によってはプロテーゼが飛び出てしまったりする恐れもあります。当院では、患者様の鼻の形に合わせて、L型のプロテーゼをバード型と呼ばれる形に加工して使用することが多いです。 バード型にすることによって、鼻先の皮膚の負担が減り、よい自然に鼻先に高さを出すことができます。 I型プロテーゼを使用する場合は、鼻先に高さを出すことができません。その際は鼻先縮小やの耳介軟骨移植を行います。

どちらの方法が良いかは、患者様の鼻の形や皮膚の厚さ、理想の仕上がりによって異なるため、カウンセリングでしっかりと医師の診察を受けることをおすすめします。

【症例1】

術前
128_image3.jpeg
術後(1週間)
128_image4.jpeg

鼻筋がキレイに通り、お顔のバランスが大変良くなりました。不自然さも無く、患者様も大変喜ばれておりました。プロテーゼを用いた隆鼻術は大変きれいで、注入法では得られない仕上がりのことも多いです。不自然な仕上がりを心配される方も多いのですが、きちんとデザインすれば大丈夫ですよ。今回の患者様はI型とL型の中間的なデザインをしております。鼻先への負担が少ないので安心のデザインです。

【症例2】

術前
128_image5.jpeg
術後(14日)
128_image6.jpeg

鼻を全体的に高くしてメリハリのある鼻にしたいとういうご相談です。団子鼻に対して鼻尖縮小術を、全体的に鼻を高くして鼻筋をつける目的でI型のシリコンプロテーゼ挿入をご提案しました。 全体的に高さが出て、メリハリのあるすっきりした鼻になりました。14日目ともなると、内出血やむくみは認められません。

【鼻尖縮小(びせんしゅくしょう)】
☑鼻先をつんと高くしたい ☑団子鼻改善 ☑鼻穴を目立たなくする

鼻先をつんとさせたい、団子鼻をなんとかしたいという場合には、鼻尖縮小で改善することができます。 ただし、日本人はもともと鼻先から小鼻への形をつくる軟骨(鼻翼軟骨)が小さい方が多いため、糸で縫いとめる鼻尖縮小だけではあまり変化を感じられない場合も。 そのような場合には、鼻翼軟骨に切開など細工をして、東洋人にも効果的な方法を行っています。ご自分の耳の軟骨を移植する耳介軟骨移植を行い、鼻先にボリュームを足すことで、鼻先をつんと高くします。 また、縫いとめることで鼻尖の少し頭側に膨らみができる場合は、頭部の盛り上がる部分を切除し、形を整えます。

【症例1】鼻尖縮小+耳介軟骨移植

術前
128_image10.jpeg
術後(1週間)
128_image10.jpeg

しっかりとした効果を出すために、皮下組織と皮下脂肪をきちんと除去して、鼻翼軟骨も一部切除しています。また耳介軟骨は薄めだったので、取る部位を工夫して高さが出るようにがんばりました。耳介軟骨は三段重ねにしてやや下向きに移植し、ツンとした鼻先とEラインを整えるようにしております。

【症例2】鼻尖縮小+α

術前
128_image11.jpeg
術後(1ヶ月)
128_image12.jpeg

丸い団子鼻を気にされていましたが、シリコンや耳介軟骨移植は希望されません。 そこで、糸をかけるだけでなく、軟骨に切開+移動(3D再配置)。さらに+αとして、切除する皮下組織や鼻軟骨を細工して鼻尖に移植しています。腫れなどダウンタイムも最小限です。

【小鼻縮小】
☑小鼻の張り出しが気になる ☑鼻穴が大きく目立つ 

小鼻が大きく張り出している、鼻の穴が大きく見えてしまうという場合は、小鼻縮小で改善できます。鼻の広がりと一言に言っても、小鼻(鼻翼)の横の張り出しが大きい方とそうでない方では、切開部分が異なります。 傷跡は鼻穴の中や小鼻の溝、小鼻の付け根の部分に沿って切開するため、ほとんど目立ちません。

・横の張り出しが大きい場合               ・横の張り出しがあまりない場合

   鼻の付け根から小鼻の一部を切除              鼻の付け根の部分のみ切除

【症例1】

術前
128_image14.jpeg
術後(2ヶ月)
128_image15.jpeg

傷が目立たないように、小鼻の内側を切開して手術しました。傷跡も下からのぞきこまないとわからない位置のため安心です。2ヶ月も経つとほとんどわかりません。

【症例2】

術前
128_image16.jpeg
術後(2ヶ月)
128_image17.jpeg

小鼻が横に広がって気になるということで小さく整えました。小鼻の付け根部分で余分な皮膚と皮下組織を取り除いています。鼻の穴が縦長になり、小さく整いましたね。

理想の横顔Eラインって!?

美人顔の条件として挙げられる「Eライン」は、鼻とアゴを結ぶラインを指します。そしてこのEライン上に、唇が位置していることが理想的とされています。つまり、鼻、あご、唇が一直線上にすると、横顔も大変バランスがよく、「黄金比」にかなった美人顔として評価される顔立ちと言えます。鼻を少し高くすることで、引き締まった顔立ちになります。

鼻の整形 コラム

こんなにこだわっています!
こんなにこだわっています!鼻のプチ整形のススメ
え?ホント!?意外と知られていない
え?ホント!?意外と知られていない鼻のプチ整形の落とし穴
手術だっておまかせ!
手術だっておまかせ!あなたの「あと少し」にこだわります
仕上がりの差を左右するのは
仕上がりの差を左右するのは医師とあなたの意思疎通です






カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る