閉じる
美容整形、美容外科なら聖心美容クリニック 開院26年の実績 全国10院

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

0120-911-935

受付時間:9:30~20:00

夜間

0120-773-566

受付時間:20:00~23:00/新規予約のみ

お電話でのご予約・ご相談

土日祝も受付

0120-911-935

(09:30~20:00)

夜間

0120-773-566

(20:00~23:00) ※予約のみ受付

眼瞼挙筋

  • 読み: がんけんきょきん|英語名:Levator Palpebrae Muscle
  • カテゴリ:目のくま・くぼみ・たるみ・眼瞼下垂

眼瞼挙筋は眼球の周りにある筋肉の一つです。まぶたの開閉を行うための筋肉でまぶたを開けることを維持するためにも必要な筋肉です。

筋肉は老化に伴い機能が低下することが一般的ですが、眼瞼挙筋にも当てはまり、この筋肉が衰退すると、まぶたがたるんで下がってしまうことがあります。まぶたがたるむと、目の輪郭が小さく見えたり、一重まぶたが進行したりします。先天的に筋肉が弱い場合もあり、その場合は専門的な治療が必要になる場合があります。

まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まった状態を眼瞼下垂(がんけんかすい)と呼びます。十分に目が開かなくなる状態のことです。皮膚が目尻にかぶさり、目つきが悪く、眠そうでぼんやりとした印象に見られがちです。

自覚症状のないまま症状が進行してしまう方も多く、症状がさらに進むと頭痛や肩こり、眼精疲労にもつながります。
まぶたを開ける際には、眼瞼挙筋とミュラー筋の2つが使われます。ミュラー筋は自律神経に関与するため、眼瞼下垂の方が目を無理に開けようとすると、ミュラー筋の緊張状態が続き、前頭部から肩や首などのコリにつながりまるからです。

関連用語

Contact

お電話でのご予約、
ご相談はこちらから

土日祝も受付

※当ウェブサイトに掲載されている情報(製品画像、製品名称等を含む)は、予告なく変更される場合がございますので、予めご了承ください。詳しい情報については、直接クリニックまでお問合せ下さい。

※当ウェブサイトに記載されている医療情報はクリニックの基本方針となります。 患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により記載の内容とは異なる術式や薬剤、器具等をご提案する場合もございますので、予めご了承ください。

カウンセリング予約 ウェブで相談する LINEで予約 電話をかける