このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

大きさ?触り心地?日本人の理想のバストとは

POINT

日本人にはどんなバストが人気

気づかれる心配は無用。自然な仕上がりを求めるなら注入法

ふくよかな胸元に憧れる人へのおすすめはシリコンバッグ

日本人と欧米人では好みが大きく異なる?

日本人の体型イメージ,外国人の体型イメージ

マシュマロのようにやわらかく、なめらかで美しいバストライン、全体のバランスが自然……日本ではそんなバストが好まれる傾向にあるようです。女優さんやタレントさんの「理想の胸」に関するアンケートなどでもよく目にするキーワードですよね。
おもしろいことに、この“理想のバスト”はお国柄で分かれる傾向があります。欧米ではハリのある大きなバストが好まれ、数ある豊胸術の中でもとにかくボリュームアップを重視する施術を選ぶ人が多いようです。
また、欧米人は身長が比較的高く、肩幅や全身の肉付き、ヒップのボリューム感もあるため、豊かなバストがマッチしているといえるでしょう。

一方、多くの日本人は1〜2カップほどの自然なボリュームアップを好み、形や手触りにも自然さを求める傾向があります。
身長や肩幅、ヒップなど比較的小柄な体系である日本人女性は、バストを大幅にボリュームアップすると極端に大きく見えてしまいます。また、豊胸施術を受けたことを知られたくないという気持ちも強いようです

見た目も触り心地も自然な仕上がりの施術

筋膜,乳腺

大きさ・形・触り心地、この3つのいずれもが自然で、誰にも気づかれる心配のない仕上がりを望む人には、脂肪注入法か薬剤注入法がおすすめです。

脂肪注入法は、自身のお腹や太ももなどから吸引した脂肪をバストに注入する施術。聖心美容クリニックで行っている脂肪注入法は、「幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)」「ピュアグラフト豊胸術」「脂肪注入法」の3種類あり、中でも脂肪と幹細胞をミックスする幹細胞豊胸術(セリューション豊胸術)は、幹細胞の活発な働きによって長期間の持続効果やしこりのリスクの軽減などが期待できる最先端の施術です。脂肪のみを注入した場合の生着率が30~50%に対して、セリューション豊胸術の生着率は70~80%と言われています。

アクアフィリング豊胸術」や「ヒアルロン酸注入」といった薬剤注入法はプチ豊胸とも呼ばれ、手軽ながら自然な仕上がりが期待できる施術です。ヒアルロン酸はもっともリーズナブルかつ負担も少ないというメリットが、アクアフィリングは脂肪に近いやわらかさやヒアルロン酸の3倍以上の持続時間などのメリットがあり、近年人気を集めています。

脂肪注入と薬剤注入いずれの施術も、カニューレという特殊な針でバストに注入するため傷跡がほとんど残らず、また1.5〜2カップほどというほどよいサイズアップ感とふんわりとしたやわらかさ、どちらも極めて自然な仕上がりが期待できます。

Before → After

20代女性アクアフィリング(合計240cc注入)

若い年代には大きなバストも人気

バッグプロテーゼ挿入法

日本人には自然な大きさを希望する人が多数とはいえ、細かく分類すると年代別で好みが多少分かれます。若い年代では、ノースリーブやビキニを着た際の、ふくよかに盛り上がった胸元に魅力を感じる人も少なくありません。美しいボディラインで幅広いファッションを楽しめるのも若い世代の豊胸術の醍醐味ですよね。

大きさを重視したい、胸を強調したい、そんな人には、シリコンバッグを入れてボリュームアップをはかる「バッグプロテーゼ挿入法」がおすすめです。見た目が不自然で固い印象のあるシリコンバッグですが、脂肪やアクアフィリングには負けるものの、最新のものは触り心地や形の自然さも向上し、大きく改良されています。30代後半や40代になった際などにボリュームが気になったら、取り出して脂肪注入などでボリュームダウンをはかることも可能です。

自分の理想を思い描き、最適な施術を選んでくださいね。

Before → After

20代女性バッグプロテーゼ(355cc)

この記事を監修したドクター
聖心美容クリニック 鎌倉達郎医師

豊胸術 施術一覧はこちら

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る