このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
ぐぐっと引き上がる たるみの根本<SMAS筋膜>からリフトアップ フェイスリフト

フェイスリフトとは

額リフト ミニリフト 目の下のたるみ取り フェイスリフト ネックリフト プレミアムミニリフト ミニリフト コメカミリフト

フェイスリフトは、頬や首周り、目尻の下がりなど、顔のたるみを全体的に取り除く施術で、若返り手術の中で最も実績が長く効果的な方法の一つです。
5~10歳分の若さを取り戻し、以前の状態に近づける手術というイメージです。
手術は髪の毛で隠れる部位で縫合するため、傷跡もほとんど目立ちません
皮膚表面のみでなくたるみの深部からしっかり引き上げるため、ほうれい線が目立ちにくくなり、首周りのたるみもきれいに解消されます。頬のたるみがなくなることで、下ぶくれな輪郭もすっきりとした印象になります。
また、お肌に張りが出ると毛穴も目立たなくなり、お化粧のりもよくなります。

たるみ治療に迷われている方へ

たるみ治療には様々な種類があり、ご自身で自分に合う方法を見極めることは簡単ではありません。
当院では、「たるみのタイプ」「治療の方法」「治療のプラン」を医師が診察し、患者様一人一人に最も適した治療プランをご提案しています。たるみ治療をご検討中の方へ治療選びのヒントもご紹介しています。

聖心のたるみ治療

当院のフェイスリフト

皮膚の深い層からしっかり引き上げる、SMAS法を選択

フェイスリフトは、引き上げる層によって、大きく3つ (1)皮膚のみのリフト、(2)骨膜下リフト、(3)SMASリフトに分けられます。
当院で行っているSMAS法によるフェイスリフトは、最小限の負担で確実な効果を発揮する方法です。頬や首のたるみの原因は皮膚だけではなく皮下組織にも及ぶため、SMAS(表在性筋膜)の引き上げが重要となってきます。その他の方法と比較しながらご紹介いたします。

1 皮膚のみのリフト

表面の皮膚だけを引き上げる方法です。たるみの原因は皮膚だけのたるみではなく皮下の組織もたるんでしまっている状態ですので、皮膚だけを引っ張っても、美しいフェイスラインを生み出すことは難しいといえます。また、傷跡が汚くなったり、頬ではなく耳が逆に引っ張られて変形したりすることもあります。

2 骨膜下リフト

頭部を切開し、内視鏡を挿入して骨膜の下を剥離しながら中顔面まで達し、そこから顔面の組織を引っ張り上げて行う方法です。SMAS法によるフェイスリフトに比べ傷跡や腫れがやや大きく、ダウンタイム(手術後の回復期間)が長くなります。

3 SMAS法

SMAS法は皮膚だけでなく皮膚の下にあるSMASと呼ばれる組織(表情性筋膜)も引き上げることで、最大限のリフトアップ効果を発揮する方法です。皮膚のみリフトするよりキレイに仕上がり、骨膜下リフトよりも傷跡や腫れが小さい施術です。
傷が目立たない耳の付け根(前側)付近から、皮膚の余分なたるみとSMASを引き上げます。腫れは少ししかなく、傷跡も小さく髪の毛で隠せますので1週間後の抜糸時にはほとんどわからない程度まで回復します。

1.皮膚だけではなく、その下の皮下脂肪、SMASもたるんでいる状態。 2.皮膚・脂肪組織とともにSMASを引き上げ、余った部分の皮膚とSMASを切除。
3.皮膚とSMASを切除した状態。 4.皮膚・脂肪組織、SMASそれぞれを縫合。(1週間後に抜糸)

聖心の熟練医師だから叶えられる“リガメント(靭帯)”の活用

リフトアップしたい部位やたるみ度合に応じて、「リガメント(靭帯=retaining ligament)」を処置することで固定力をさらに高めることが可能です。
リガメントとは、貝柱のような細いひも状の靭帯で、皮膚を骨に固定しています。たるみ度合が大きい場合や部位によっては、リガメントの固定が引き上げを邪魔し、十分なリフトアップ効果が得られない場合があります。その場合、リガメントを切り離し引き上げた部位で再度、糸で固定することにより固定力が強化されます。より繊細なフェイスラインに仕上げるため、リガメントを活用する場合には、たるみ度合や部位の見極めが重要です。当院では、フェイスリフトの手術経験豊富な医師が執刀しますので、安心してお任せ下さい。※別途費用

頬のたるみが比較的軽くリガメントごと引き上げることでリフトアップが可能。

頬のたるみが比較的軽くリガメントごと引き上げることでリフトアップが可能。

リガメントを切り離すことでしっかりとした固定が可能な場合

たるみ度合が大きく、リガメントが妨げとなり、引き上がりが不十分な部位がある。

リガメント処置

引き上げの妨げとなるリガメントを切り離し、引き上げた部位に再度糸でしっかりと固定。これにより、後戻りがしにくくなります。部位にもよりますが、両頬で約15~20分程度で処置できます。

4つの点を考慮して自然な仕上がりへ

皮膚の厚さ たるみ具合 縫合方法 縫う位置・数

当院では、皮膚の厚さ、たるみ具合、縫合方法、縫う位置・数を患者様によって微調整することで、滑らかな美しいリフトアップと術後の傷跡にも配慮しています。傷跡を目立たせないようにするために、頭皮を縫う際にも脱毛などが起こらないような縫い方をしていますので、男女問わず安心して受けていただけます。
多くの人の顔は左右対称ではありません。そのため、左と右でたるみ具合も異なることがあります。
このような場合や、フェイスリフトと脂肪吸引を組み合わせて手術する場合などによっても、縫合の位置や数を調整して自然で美しい仕上がりを実現します。

ご注意ください

未熟な医師が、誤った縫合を行うと耳の穴がふさがってしまうことがあります。それにより、イヤフォンが入れらなくなってしまったり、耳たぶが不自然に下に伸びてしまったりする場合があります。
クリニックを選ぶ際には、カウンセリングに行き、医師の症例写真を見て、経験やセンスを確認することをおすすめいたします。

組み合わせ施術で自然なのにぐっと若さを取り戻す

鼻唇溝(ほうれい線)の溝が深いタイプの方は、プレミアムPRP皮膚再生療法またはヒアルロン酸注入などを併用するとより効果的です。また、脂肪の厚さがある方は、ベイザー・リポ2.2脂肪吸引と一緒に行うことで、よりスッキリとした顔立ちになります。さらに、イントラジェンを定期的に受けると、効果を長持ちさせることができます。

CASE1【40代女性】フェイスリフト×ベイザー・リポ2.2脂肪吸引

CASE2【60代女性】フェイスリフト×プレミアムPRP皮膚再生療法

24時間のサポートで術後も安心

当院では「24時間緊急サポート」として、その日手術をされた患者様の万一の緊急連絡にお応えできるよう体制を整えています。対応は、専門知識を持ったスタッフが責任をもってさせていただきます。手術をお受けになった日は、やはり休養していただくことがとても大切です。「いつでも連絡がとれる」という安心感とともに、ご自宅でリラックスしてお過ごし下さい。

施術の比較

施術名フェイスリフトプレミアムミニリフトミニリフト
切開箇所
適応症状 ・顔全体のたるみ
・ほうれい線(鼻唇溝)
・目尻のシワ
・口角
・アゴから首へかけてのたるみ
・肌のハリつや
・目尻のシワ
・頬のたるみ
・ほうれい線(鼻唇溝)
・肌のハリつや
・目尻のシワ
・頬のたるみ
・ほうれい線(鼻唇溝)
・肌のハリつや
通院 3日後(ガーゼ交換)
7日後(抜糸)
3日後(ガーゼ交換)
7日後(抜糸)
3日後(ガーゼ交換)
7日後(抜糸)
施術時間 2~3時間 1.5~2時間 1~1.5時間
麻酔 局所麻酔(+静脈麻酔) 局所麻酔(+静脈麻酔) 局所麻酔(+静脈麻酔)
メイク ポイントメイクは当日から可能 ポイントメイクは当日から可能 ポイントメイクは当日から可能
入浴 3日後から可能 翌日から可能 翌日から可能
洗髪 3日後から可能 3日後から可能 3日後から可能

施術の流れ

カウンセリング

医師とのカウンセリングで気になる部位やたるみ症状をお伺いします。同じような悩みを解消された方の症例写真もご覧いただきながらご相談いただけます。

麻酔(静脈麻酔+局所麻酔)

施術中は眠った状態で行いますので、痛みを感じることはありません。

手術(約3時間)

皮膚の厚さ、たるみ具合、部位に合わせて、縫合位置や数を考慮して手術を行います。

  • 皮膚の厚さ、たるみ具合、部位に合わせて、縫合位置や数を考慮して手術を行います。
  • カニューレを使用し、皮下脂肪層の間に空間をあけていきます。
  • 皮膚を引き上げ、余剰分を切除し、縫合します。皮下脂肪層との間に空間があくため、皮膚がしっかりと引き上がります。

保護

手術後は傷口をテープで保護します。

3日後

診察とガーゼ交換のため来院していただきます。

7日後

痛みはほぼ落ち着いてきます。この頃から週に1~2回のペースでインディバCET(高周波温熱トリートメント)をアフターフターケアにお受けいただくと、手術後の痛みや腫れを早く回復する効果があります。

※ 当院ではフェイスリフトのアフターケアとして、インディバCET(高周波温熱トリートメント)1回(10分)を無料で行っています。

ダウンタイム

処置時間 約3時間
通院 あり(施術1週間後の抜糸)
メイク 当日のメイクはお控えください。翌日より可能です。
日常生活 シャワーは、顔を濡らさないように配慮し、当日より可能です。
入浴は、3日目より可能です。
腫れ・赤み 局所麻酔によるむくみ・腫れ・内出血が出ることがありますが、2週間程度で落ち着いていきます。また、バンドにて圧迫を行うため、顔全体に腫れや内出血が出ることもあります。
術後の経過 施術後は、止血目的のためバンドにて圧迫を行います(圧迫の除去については医師の指示に従ってください)。傷口の抜糸は、1週間後に行います。
効果 顔の余分な皮膚のたるみを取り除き、筋膜を引き上げ、若返 りを図ることを目的としています。たるみがなくなることで、輪郭がすっきりとし、肌の張りが蘇ります。若返りの手術は、顔を変える手術というよりも、ご自 身の若い頃の状態に近づけるという手術です。切開部分の選択により、ご希望に沿った若返りが可能です。
副作用情報 極稀に、傷口の炎症や感染が起こる場合があります。強い痛み、赤み、腫れ、熱感などの症状がある場合には、お早めに当院医師の診察をお受けください。また、極稀に傷跡が広がることや皮膚の壊死、血腫、頭皮の傷周囲の脱毛がみられる場合があります。
※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

より安全な施術のために-「弾圧ストッキングの着用」

【弾圧ストッキング】

当院では、弾圧ストッキングの着用により、下肢静脈のうっ滞(血流などが静脈内などに停滞した状態)を予防し、手術後に伴う深部静脈血栓症や肺塞栓の合併を起こしにくくすることができます。
※費用はかかりません。続きを読む

近年、手術後の深部静脈血栓症(DVT)や肺血栓塞栓症(PTE)を起因とした静脈血栓塞栓症(VTE)が増加傾向にあります。深部静脈血栓症は、下肢の静脈血管に血栓(血の固まり)ができてしまう病気です。深部静脈血栓症の血栓の一部がはがれると、次に肺に血栓が飛んでいきます。これを肺塞栓と言います。
当院ではうとうとと眠ったような状態で(あるいは実際に眠った状態で)、自発呼吸はしっかり維持したまま手術を行う静脈麻酔を使用しており、また術後約2時間で歩行可能な施術のため、血栓の発生リスクは低いと考えています。 しかし、患者様の体へのご負担を軽減するため、血栓の発生リスクが高いと言われている方(下記参照)には、弾圧ストッキングを着用(※)していただいております。この弾圧ストッキングの着用により、下肢静脈のうっ滞(血流などが静脈内などに停滞した状態)を予防し、手術後に伴う深部静脈血栓症や肺塞栓の合併を起こしにくくすることができます。
※ 費用はかかりません。

<対象の患者様>
(1)静脈麻酔2時間以上の手術をお受けになる65歳以上の方
(2)以下の既往歴のある方
  ・BMI30 以上の方
  ・下肢静脈瘤がある方
  ・エストロゲン治療を行っている方
※ 該当する方はスタッフにお申し付けください。

当院では、身体的負担の軽減と、常に患者様の安全を第一に考え、最高品質の美容医療の提供に尽力してまいります。

皆様からのご質問

Q1. 週末に手術して月曜に出勤しても周囲にばれないでしょうか?

フェイスリフトの手術は、約3時間ほどで終わり、顔面正面が腫れが目立たないようにすることも可能で、休みのなかなか取れない方でも利用可能な方法です。手術後の耳の前の部分(顔の横の部分)の張った感じは個人差がありますが、約1~2週間ほどで改善します。

Q2. 術後の腫れが心配です。

フェイスリフトは目の下のたるみ取りと並んで満足度が高く、もっとも実績が長く効果的な方法の一つです。フェイスリフトは大きく分けると二種類あります。トータル・フェイスリフトとミニ・フェイスリフトです。あご下のたるみが無ければミニ・フェイスリフト(耳の前のみ)、あればトータル・フェイスリフト(耳の後ろまで)が適応となります。もちろん変化の程度はご希望に添うことができます。また、当院のフェイスリフトは、トータル/ミニリフト共にSMAS法(皮膚だけではなくSMASと呼ばれる筋膜も引き上げる方法)ですので、効果・持続性ともに優れており、術後の腫れも少ないのが特長です。

Q3. 傷跡と痛みが不安です。

フェイスラインの引き上げの場合は耳の前を切る必要がありますね。しかし、傷あとはほとんど目立ちませんよ。それは、傷あとが耳のしわやくびれに沿ってですので、何の先入観の無い他人からは気づかれない、分からない状態だからです。 個人差はありますが、最終的な傷跡はメイクを取ってまじまじと見れば分かるぐらいの傷跡です。 痛みについては、耐えがたいほどの激痛という方は今までいらっしゃいません。術後は鎮痛剤を処方いたしますが、それで十分コントロールできる程度です。中には鎮痛剤を服用しなくても平気な方もいらっしゃいます。どうぞ、ご安心ください。

料金

料金を見る

この施術が受けられるクリニック

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る