このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
印刷あとで読む
クリックすると「後で読む」リストに追加できます
熱海院院長 小林 美幸

熱海院院長
小林 美幸

お肌には年齢だけでなく、ストレスや体調の変化が現れてしまいますので、日々の小さな肌悩みや不安もお気軽にご相談ください。患者様にお一人お一人に対して、最も適した方法をアドバイスいたします。

経歴

1999年 東京女子医科大学医学部 卒業
1999年 東京女子医科大学病院皮膚科 勤務
2001年 愛知医科大学皮膚科 勤務
2005年 医療法人にて皮膚科専門医として勤務
2006年 ブレッツァ聖心美容クリニック(熱海院)勤務
2013年 ブレッツァ聖心美容クリニック(熱海院)院長に就任

資格・所属

  • 日本美容外科学会(JSAPS)会員
  • 日本美容外科学会(JSAS)専門医
  • 日本美容外科学会(JSAS)会員
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • 日本皮膚科学会専門医
  • レスチレン認定医

学会活動

2011年10月 第6回トータルスキンセラピーミーティング東京
場所:丸ビル ホール&コンファレンススクエア ホール

過酸化ベンゾイル配合システムケアによる新しいニキビ治療

小林院長の診療方針

医学的根拠ある治療を!クリニックはエステとは違い、治療をする場所です。患者さん一人一人がどうなりたいか、何を求めているかをきちんと話し合い、それを改善するために最善の治療方法を考えます。皮膚科専門医として、手術以外の方法で、簡単に効果のある美容医療を提供しています。
顔のしわが気になるとおっしゃる患者様、話をしてみると、しわさえとれればすべてのトラブルが改善されると感じてらっしゃる。
実際に診察してみると、しわのほかにシミもたくさんあり、くすみで顔の透明感がない。
この方の美を最大限に引き出すには、しわだけでなくシミを改善させ顔全体のくすみをとることです。

美容医療を受けに来られる方は、より美しくなるためにどうしたらいいのかを常に求めているのだと感じますし、 私も常に美しくなりたいという気持ちは変わりません。私は、トータルでその方の美を最大限に引き出すよう心がけています。 美容医療は、病気の治療ではありません。
美の意識も人それぞれです。ですから、治療を強要することは決してありません。治療する側もされる側もお互いに信頼し納得しあって施術するように心がけています。
治療後の鏡をのぞくうれしそうな顔をたくさんみるために、日々とりくんでいます!

小林院長の症例写真集

これまでのメディア掲載一覧

大人のおしゃれ手帖

大人のおしゃれ手帖

2015年4月7日発売

記事詳細へ

美ST

美ST

2015年1月17日発売

記事詳細へ

Seventeen

Seventeen

2014年8月1日発売

記事詳細へ

美ST

2013年07月17日放送

記事詳細へ

小林先生のインタビュー記事

【club Lavie 41号】[seasonⅡ]聖心医師録 第15回

小林 美幸 医師 「患者様との信頼関係を大事に」

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る