このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

立ち耳修正(切開法)

特長

立ち耳とは、耳が正面を向いていて、頭から離れた(立った)耳のことです。「耳が横に張り出して目立つ」「顔が大きく見えてしまう」などお顔とのバランスを気にされ、治療を受けられるケースがほとんどです。

治療法としては、正面から見えない耳の裏側の付け根あたりを3~5cm切開し、耳の後部と縫い合わせることで、耳を寝かせるように癖付けをします。さらに耳の軟骨を形成することで後ろに寝やすくすることもできます。耳の裏側なので傷跡も目立ちません。

修正処置後は数日間ツッパリ感や鈍痛があります。また就寝の際は、横向きにならないように気をつけていただきます。術後は、耳の後ろを糸でとめ、ガーゼとテープで保護し、7日後に抜糸を行います。

当院ではメスを使わずに修正する埋没法も行っております。

適応症状

  • 「髪の間から耳が飛び出してしまう」「耳が横に張り出している」など目立つ耳が気になる方
  • たち耳のことを指摘されてしまうなど人の視線が気になる方
  • 耳と顔のバランスを整えたい方
  • アップスタイルをしたくても、耳が気になって髪で隠してしまっている方

※ 耳が片方だけ立っている場合、片耳のみを施術することも可能です。

施術の流れ

STEP1カウンセリング

C_img12.jpg

医師とのカウンセリングでは、仕上がりのご希望を詳しくお伺いしながら、シミュレーションシステムで術後のイメージを確認します。カウンセリング時間は余裕を持ってお取りしていますので、施術についてご不明な点・ご不安なことがありましたら、どんなことでもご相談ください。

STEP2麻酔

耳の表側に局所麻酔を行います。痛みや起きた状態での手術が心配な方には静脈麻酔※を行い、眠ったまま手術を受けていただくことも可能です。

※静脈麻酔の麻酔費用は別途申し受けます。

STEP3手術

耳の裏側の付け根あたりを、3~5cm切開し、耳の後部と縫い合わせることで、耳を寝かせるよう癖付けをします。さらに必要な場合は、耳の軟骨を形成することで、後ろに寝やすくすることもできます。 耳の裏側なので、傷跡も目立ちません。

ダウンタイム

肌の状態

耳の後ろを糸で留め、ガーゼとテープで1日保護をします。
抜糸後、腫れや内出血が起きる場合がありますが、7~10日程度で治まります。

痛み

ツッパリ感や鈍痛が起きることがありますが、一週間程度で治まります。

日常生活

メイクは当日、シャワーは3日目から可能です。入浴は抜糸後から可能です。(なるべく患部を濡らさないようにご注意ください)。
術後3週間程は、横向きで寝ないようにお気をつけください。

通院

7日後に抜糸を行います。

症例

立ち耳修正(埋没法後に切開法で修正)

Before
159_image_22.jpg
After
159_image_23.jpg

【30歳代女性】立ち耳修正(切開法)

Before
159_image_20.jpg
After
159_image_21.jpg

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る