このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

ヒアルロン酸注入

特長

唇のヒアルロン酸注入とは

Before
唇のヒアルロン酸注入.症例写真,前
After
唇のヒアルロン酸注入.症例写真,後

ヒアルロン酸は、従来より、鼻やあご、唇など顔のパーツ整形や、シワ改善など広く用いられており、その手軽感から「プチ整形」として人気の高い注入法です。 ヒアルロン酸注入で薄い唇を厚く、ぽってりした唇にすることができます。 もともと体内に存在する保水成分のため、アレルギーの心配がありません。

当院のヒアルロン酸注入

レスチレン,ヒアルロン酸
ジュビダーム,ヒアルロン酸

ヒアルロン酸には多くの種類があります。当院では世界的にも評価が高く安全性に実績のあるスウェーデンのQ-Med社製ヒアルロン酸「レスチレンパーレーン・リドカイン」とアラガン社製の「ジュビダームビスタ®ウルトラXC(JUVEDERM Vista® Ultra XC)」を使用しています。患者様のお悩み・症状に応じて適したヒアルロン酸を使い分けています。どちらのヒアルロン酸も生体適合性100%・非動物性の製品ですので、アレルギーテストは不要。安全性が高いので、安心してご利用いただけます。
当院では、唇のシワの深い方やより効果を長持ちさせたい方には1ヶ月以内に2回目の注入をおすすめしています。

※ 「レスチレンパーレーン・リドカイン」はFDA認可(=米国食品衛生局)、「ジュビダームビスタ®ウルトラXC」は国内承認を受けています。

6~12ヶ月の長期持続効果

ヒアルロン酸は、種類や質などさまざまなタイプがありますが、当院では品質、効果ともに優れたヒアルロン酸を使用しています。注入後は徐々に吸収されていきますが、当院のヒアルロン酸は他のヒアルロン酸に比べて、粒子が大きく吸収されるまでの時間が長いため、1回の注入で約6~12ヶ月と長期間効果が持続します。

痛みを和らげる成分「リドカイン」を配合

「リドカイン」という痛み止め成分が配合(※)されたヒアルロン酸を使用しています。そのため、痛みに弱い方でも安心して受けていただけます。

※ 当院で使用しているヒアルロン酸の一つ「レスチレンパーレーン・リドカイン」を受けた方に対するアンケート調査では、実際に90%の方が「他のヒアルロン酸より痛みが軽い」と答えています(Q-MED社調べ)。

理想の唇を医師と共有できるカウンセリング・シミュレーション

カウンセリング,唇のプチ整形

当院では、ドクターが患者様のお話を伺い、 患者様に一番合う注入剤や注入量をご提案・ご説明いたします。また、全院にシミュレーションシステムを導入しており、東京院には日本の美容外科で唯一の"3Dシミュレーション"も導入しています。

3Dシミュレーションシステムの詳細を見る

 

注入用カニューレ(注射針)の工夫で、さらに痛み・内出血を軽減

唇の腫れ、内出血を軽減する特殊なカニューレ(注入針)

当院では、患者様の負担を少しでも減らすため、注入時の痛みや注入後の腫れ、内出血を軽減する特殊なカニューレ(注入針)を使用しています。
「pix'L(ピクセル)」と呼ばれるこのカニューレは、先端が丸まっており、しなる材質のため、毛細血管や神経を傷つけることなく施術できます。そのため、注入時の痛みだけでなく、注入後の腫れや内出血までも軽減することが可能です。

従来のカニューレ(注入針)pix'Lのカニューレ(注入針)

カニューレの先端が尖っているため、毛細血管や神経を傷つけてしまい、痛みや腫れ、内出血を引き起こします。

カニューレの先端が丸まっているため、毛細血管や神経を傷つけることなく、施術できます。そのため、痛みや腫れ、内出血のリスクが軽減します。

「pix'L」と従来のカニューレの注入方法・範囲の違い

また「pix'L(ピクセル)」は一般的なカニューレに比べて長さがあるため、カニューレを挿入した一カ所からムラなく広範囲に注入することが可能です。そのため、従来よりもカニューレを抜き刺しする回数を減らすことができ、針跡がほとんど目立たなくなりました。

従来のカニューレ(注入針),注入方法pix'Lのカニューレ(注入針),注入方法

カニューレが短いため、注入範囲が狭く、何ヶ所もカニューレを挿入しなければなりません。そのため針穴が多く、目立ってしまいます。

カニューレが長いため、一つの針穴から広範囲に注入することができます。そのため、針穴が少なくすみます。

従来のカニューレ(注入針),注入範囲pix'Lのカニューレ(注入針),注入範囲

注入できる範囲が狭く、何ヶ所も注入するため、ムラになりやすい。また、針穴も多く、目立ってしまいます。

一度に広範囲に注入できるため、ムラになりにくい。また、広範囲に注入できるため、針穴が少なくてすみます。

施術の流れ

STEP1カウンセリング

唇のプチ整形のカウンセリング

医師とのカウンセリングで、ご希望をお伺いし、最適な注入薬剤や注入量をご提案します。

STEP2注入

唇のプチ整形のヒアルロン酸注入方法

各部位に注入していきます。 時間は5~10分程度で、通院の必要もありません。 赤みがでやすい方は注入後、しばらく冷やします。メイクは当日より可能です。

※痛みに弱い方には、麻酔クリーム(別途費用)を塗布することで、痛みを和らげることができます。

「pix'L(ピクセル)」を使用する場合は、施術部位に一回針で小さな穴をあけ、その穴から先端の丸いカニューレ「pix'L」を挿入することで、痛みや腫れ、内出血を軽減します。

ダウンタイム

処置時間

約5~10分

※注入範囲による

通院 なし
メイク 当日より可能
日常生活 洗顔・シャワーは当日より可能です。入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。
腫れ・赤み 稀に注入部分に内出血、周辺部の赤みや腫れ、硬さが出現する可能性がありますが、時間の経過と共に解消されます。個人差はありますが1~2週間程度で落ち着いてきます。
内出血を予防・改善するクリームをご用意しておりますのでご相談ください。
効果 当院で取り扱っているヒアルロン酸(ジュビダーム)は、従来のヒアルロン酸製剤よりも多くの水分を取り込むため、効果が高く持続性にも優れております。非動物性由来ですので、安心してお受けいただけます。 ヒアルロン酸は、医療の臨床現場では、国内では白内障の手術補助剤としても用いられ、特に、長期期間繰り返し注入が必要な変形性膝関節症の治療においても、安全性の高いことが確認されています。
副作用情報

赤みや腫れが持続する場合には、アレルギーや塞栓(注入物によって血管が塞がれ、血流が遮断し、皮膚が壊死してしまう状態。特に鼻・眉間)などの可能性がございますので、早めに当院医師の診察をお受けください。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

症例

Before
Before
After
Before
Before
After
After
Before
Before
After
After

料金

こんな施術も

なりたい形に唇をデザインする「スマイルリップ注入法」

スマイルリップイメージ

いつも微笑んでいるような優しく愛されるリップに・・・

スマイルリップは唇のボリュームを変えるだけでなく、なりたい形に唇を整えるという新しい美容法です。
ヒアルロン酸とボトックス注入で、唇が痩せて老け顔に見える、寂しげな口元をもっと印象的にしたいなど、唇のコンプレックスを解消し、魅力的な唇を作ります。

スマイルリップを詳しく見る

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る