このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

国際交流・共同研究・学会発表・勉強会など

当院では、日本の美容医療を代表するクリニックとして、国内だけではなく、アメリカ、ヨーロッパ、中東、アジア各国の医師とも積極的に交流しています。

また、当院が世界に先駆けて行った「幹細胞の美容医療への応用」への関心も高く、2007年に開始以来、海外からの手術見学や講演依頼も多数お受けしています。

お互いが持つ高い技術を、時には教え、時には教えられ、また意見を交わしながら切磋琢磨することで、美容医療全体の発展を図っています。

聖心美容クリニック・国際交流のネットワーク

international_map_new.jpg

活動内容のご紹介

学会・勉強会・意見交換会など

海外では、優れた美容医療の技術を持つ医師同士による勉強会やセミナーが盛んです。当院は、こうした集いにも積極的に参加。
常に最良・最新の技術を、海を越えて、世界中の医師と情報交換しています。
また、当院で初めて実施した「幹細胞豊胸術」は、現在も多くの国や地域から見学依頼をいただきます。当院では、可能な限りこれらを受け入れ。美容再生医療の発展に努めています。

 

 大学・研究機関・病院名・概要
IMCAS Asia 2016

2016年7月29~31日「IMCAS Asia 2016」にて、鎌倉統括院長が講演を行いました

2016年7月29日~31日と3日間にわたり台湾で「IMCAS Asia 2016」が開催され、鎌倉統括院長がスレッドリフトによる若返りと、脂肪由来幹細胞を使った毛髪再生治療について講演を行いました。

第104回 日本美容外科学会(JSAS)

2016年5月17日、18日 鎌倉統括院長が、第104回日本美容外科学会(JSAS)の学会長をつとめました

2016年5月17日から2日間、ANAインターコンチネンタルホテル東京で「第104回 日本美容外科学会(JSAS)」が開催され、当院の鎌倉統括院長が学会長をつとめました。
会期中は、海外の著名医師を招待しての特別講演や、韓国の学会による技術講演のほか、国内エキスパート医師によるライブサージェリー、シンポジウム等が繰り広げられました。2日間を通して、過去最高数となる817名の医師・医療関係者が来場し、大盛況のうちに幕を閉じました。

世界的な美容医療の権威、Dr. Steven R. Cohen、Dr. Sydney R. Coleman、Dr. Guy Magalonの3名のドクターが当院を訪問

2016年5月16日 世界的な美容医療の権威である3名のドクターが当院を訪問

2016年5月16日、第104回日本美容外科学会(JSAS)のために来日した世界的な美容医療の権威、Dr. Steven R. Cohen、Dr. Sydney R. Coleman、Dr. Guy Magalonの3名のドクターが当院を訪問。鎌倉統括院長とディスカッションを行いました。
アメリカ、フランスの美容医療事情や日本の美容医療についての見解など活発な意見交換を行いました。

アジア美容外科学会(AFAS)でアクアフィリング豊胸術の講演

2016年4月16日、17日 鎌倉統括院長がアジア美容外科学会(AFAS)2016で講演を行いました(韓国)

韓国で開催されたアジア美容外科学会(AFAS)にて、鎌倉統括院長がアクアフィリング豊胸術についての講演を行いました。

大宮院ガルデルマ社による注入法のハンズオンセミナー開催

2016年3月21日 大宮院で、ガルデルマ社による注入法のハンズオンセミナーが開催されました

大宮院でPeter Huang先生をお招きし、ガルデルマ社によるヒアルロン酸注入のハンズオンセミナーが実施され、木塚院長が参加。最新の注入テクニックのレクチャーや、ディスカッションが行われました。

○Peter Huang先生
顔の輪郭矯正などが得意な台湾の形成外科医。

○ガルデルマ社
国内承認を受けたレスチレンを扱っている会社。

第16回美容外科解剖・執刀トレーニング

2015年11月28~30日 “第16回美容外科解剖・執刀トレーニング”(中国)

中国の大連でJAAS日本アンチエイジング外科・美容再生研究会による第16回美容外科解剖トレーニングが開催され、鎌倉統括院長、名古屋院の加藤院長、東京・名古屋・大阪院の伊藤医師が参加しました。
眼瞼形成や鼻形成、フェイスリフト手術における顔面神経の確認など、高い精度を要する術式に関して、献体への執刀や参加医師陣とのディスカッションを行いました。

ボトックスハンズオンセミナー

2015年11月9日 ボトックスのハンズオンセミナーを実施(国内)

2015年11月9日、国内承認を取得したアラガン社のボトックス製剤「ボトックスビスタ」のハンズオンセミナーが聖心美容クリニック東京院にて実施されました。当院の全ドクターが集まり、アラガン・ジャパン社協力のもと最新の注入法を学びました。

マレーシア技術トレーニング

2015年10月26日 鎌倉統括院長が東京院にてマレーシア医師団への技術トレーニングを行いました

2015年10月26日、東京院にマレーシアの医師団を招き、技術トレーニングを開催。鎌倉統括院長による事前講義と、ライブでの手技解説(脂肪吸引・注入)、手術後のディスカッションなどが行われました。
聖心美容クリニックでは、こうした医師への技術トレーニングを積極的に行っています。

韓国表敬訪問

2015年10月20日 鎌倉統括院長と大阪院 寺町院長、横浜院 片岡院長が韓国有名クリニック医師陣と意見交換しました

2015年10月20日、韓国美容外科医学会(KAAS)会長を務めるKairos Aesthetic Clinic院長Lim医師を表敬訪問しました。
またCSC Lauren Clinic・Lee医師、Myoung Eye PlasticSuegery・Choi医師らと、近年の韓国・日本の美容医療について意見交換を行いました。

IMCAS2015

2015年7月31日~8月2日 鎌倉統括院長と札幌院 前多院長がIMCAS Asia2015にて講演を行いました(インドネシア・バリ島)

2015年7月31日~8月2日、IMCASJSAS日本美容外科学会)のコラボレーションセッションにて、第104回JSAS会長に就任した鎌倉統括院長が座長をつとめ、来る2016年JSASの概要プレゼンテーションや「アクアフィリング豊胸術」について発表をしました。
また、札幌院 前多院長は、当院の「プレミアムPRP皮膚再生療法」とその症例について講演を行いました。

「再生医療」のオペ見学

2015年7月16日 中国の医師団を招き、鎌倉統括院長が執刀する「再生医療」のオペ見学が行われました

2015年7月16日、東京院に中国の医師団を招き、鎌倉統括院長が執刀する「再生医療」のオペ見学が行われました。

JAASアカデミーの「第4回 鼻・鼻口唇形成術LiveSurgery」で前多院長が講演を行いました。

2015年7月5日 JAASアカデミーの「第4回 鼻・鼻口唇形成術LiveSurgery」にて講演を行いました。

2015年7月5日、美容外科・美容皮膚再生・美容アンチエイジング・メディカルエステの技術向上をめざすJAASアカデミーで「第4回 鼻・鼻口唇形成術LiveSurgery」が開催され、前多院長が講師として「鼻尖縮小と小鼻縮小+α法」についての講演を行いました。

鎌倉統括院長がセリューションシステムについての講演を行いました

2015年6月30日 北京の大手美容外科3病院にて講演を行いました。

2015年6月30日~7月1日、中国の「北京燕化医院」「北京八大処整形美容外科医院」「美莱医療美容医院」の3病院にて鎌倉統括院長がセリューションシステムを使用した幹細胞治療についての講演を行いました。

2015年6月6日 「第104回日本美容外科学会会長」に委嘱されました。

当院の鎌倉統括院長が、2016年5月開催の「第104回日本美容外科学会」会長に委嘱されました。
第104回学会では世界最大級の美容・アンチエイジング医療学会『IMCAS(本拠地:パリ)』と連携し相互講演を行うことが、IMCAS会長・Benjamin ASCHER氏ご協力のもと、鎌倉統括院長からの呼びかけにより決定しております。

第104回日本美容外科学会についてはこちら

 

2015年6月6日 日本美容外科学会にて講演を行いました

美容医療に関する日本の医師および医療関係者が集う学会において、大宮院の木塚院長が「アクアフィリングを用いた豊胸術」について講演を行いました。

IMG_0259.JPG

2015年5月19日 アクアフィリング豊胸術の講演会を東京院にて実施(国内)

当院が日本初導入となる最新の豊胸術「アクアフィリング」のハンズオンセミナーが聖心美容クリニック東京院にて実施されました。聖心美容クリニックの全ドクター参加のもと、世界で3名しかいない統括指導医の1人である申医師を韓国からお招きし、ライブサージェリーを実施しました。

DSCN4082.JPG

2015年5月18日 ジュビダーム・ビスタ/ボトックス・ビスタの講演会を東京院にて実施(国内)

国内承認を取得したアラガン社のヒアルロン酸製剤「ジュビダームRビスタ」やボトックス製剤「ボトックスビスタ」のハンズオンセミナーが聖心美容クリニック東京院にて実施されました。聖心美容クリニックの全ドクターが集まり、アラガン・ジャパン社協力のもと日本人に最適な最新の注入法を学びました。

 

2015年4月30日 当院の“プレミアムPRP皮膚再生療法についての医学論文”PRS採択(米国)

当院の“プレミアムPRP皮膚再生療法についての医学論文”が、形成外科学誌Plastic and Reconstructive Surgeryに採択されました(Level of evidence :Ⅳ)。単なるPRP治療ではなく、当院が独自に研究した「プレミアムPRP皮膚再生療法」についての研究論文が受理されたことは、今後のPRP治療における可能性を示唆しているものと考えています。

news04281.jpg

2015年4月27日 ジュビダーム・ビスタ/ボトックス・ビスタの講演会を大阪院にて実施(国内)

国内承認を取得したアラガン社のヒアルロン酸製剤「ジュビダームRビスタ」やボトックス製剤「ボトックスビスタ」のハンズオンセミナー"ALLEGAN ACADEMY Expert Seminar"が聖心美容クリニック大阪院にて実施されました。世界的権威であるSwift医師をお招きし、大阪院寺町院長進行の下、ライブサージェリーを行いました。

20150223

2015年2月20日 韓国「UP2C」クリニックの申(シン)医師が東京院を訪問(国内)

韓国と日本の美容技術について、当院の医師と意見交換を行いました。
申医師は、当院でも導入している「アクアフィリング豊胸術」において、製造元から選出された世界で3名しかいない統括指導医の1人です。 日本国内においては、当院の鎌倉統括院長と大宮院 木塚院長が「アクアフィリング豊胸術」のキードクターとして任命を受け、他院に先駆けて申医師との共同の臨床応用を開始しています。

PG

2015年2月18日 ピュアグラフト豊胸・ライブサージェリーを実施(国内)

聖心美容クリニック大阪院にて、外部の医師に向けたトレーニング指導のため、ピュアグラフトを用いた脂肪注入豊胸のセミナー・ライブサージェリーを実施いたしました。

IMCAS

2015年1月29日~2月1日 “IMCAS2015に参加”(フランス)

鎌倉統括院長と東京院 伊藤院長がフランス・パリで開催されたヨーロッパ最大の美容・アンチエイジング医療学会「IMCAS 2015」に参加。
欧州で行われている最新の施術について、現地のドクター陣や医療関係者と活発な情報交換を行いました。
また世界トップクラスの症例数をほこる聖心の再生医療について、各国医師からの質疑にも答えました。

アクアフィリング

2015年1月16日 “申峻昊 医師(UP2Cクリニック総院長)”(韓国)

日本における「アクアフィリング豊胸術」の開始にあたり、申(シン)医師統括のもと、当院統括院長・鎌倉医師、木塚医師が症例研究に参画。日本のキードクターとして進めています。
今回の導入は、申院長と大宮院・木塚院長との長年の国際交流により生まれました。
申医師は、韓国内外で2,000件以上の手術を執刀されており、特にフィラーを用いた新しい豊胸施術の研究・発展をリードする存在として知られています。

2014年12月4日 “中国の美容整形医師団が視察”(国内)

中国の美容整形医師団が東京院を訪問。
中国全土の様々な美容整形病院の医師達、総勢21名が、当院の糸によるフェイスリフト、プレミアムPRP再生療法、幹細胞による薄毛治療の見学をされました。
また鎌倉統括院長による幹細胞治療についての発表、意見交換会が行われ、最先端の美容再生医療について活発な質疑応答が飛び交いました。

 

2014年11月30日 “KSAS(韓国美容外科学会)にて脂肪由来再生細胞について発表”(韓国)

鎌倉統括院長がKSAS(韓国美容外科学会)に参加。バスト&脂肪形成術のセッションにおいて、自己脂肪組織由来幹細胞を用いた乳房および顔面若返りに対する脂肪移植について発表を行いました。

 

2014年11月28~30日 “第15回美容外科解剖・執刀トレーニング”(中国)

中国の大連でJAAS日本アンチエイジング外科・美容再生研究会による第15回美容外科解剖トレーニングが開催され、札幌院の前多院長、広島・福岡院の西田副院長、中辻副院長、東京・横浜・熱海院の佐々木医師が参加しました。
下眼瞼たるみ手術のハムラ法や、フェイスリフト手術における顔面神経の確認など、高い精度を要する術式に関して、献体への執刀や参加医師陣とのディスカッションを行いました。

2014年9月27・28日 “2014 KCCS International Blepharoplasty Live Workshop and Conference” (韓国)

韓国で開催された“2014 KCCS International Blepharoplasty Live Workshop and Conference”に横浜院・片岡院長と名古屋院・加藤院長が出席しました。韓国のみならずマレーシア・タイ・台湾など世界各国の医師が参加され、眼瞼形成術について情報交換を行いました。片岡院長は座長を務めた上、眉下切開法(眉下リフト)とプレミアムPRPの2つの施術について講演を行い、デザイン方法やテクニックについて指導を行ったり、諸外国の医師からの質疑に応じました。

2014年7月27日 ジュビダーム・ビスタの講演会を札幌院にて実施(国内)

医療法人社団天祐会 総院長 伊丹彰先生と、北里大学北里研究所病院 形成・美容外科部長 佐藤英明先生をお招きし、札幌院前多院長進行の下、症例発表とライブサージェリーを行いました。

2014年7月4日 セリューションを利用した脂肪由来幹細胞のレクチャーを実施(マレーシア)

マレーシアのDr Dato'Tan boon Hockら3名のドクターに向け、セリューションシステムを利用した脂肪由来幹細胞のレクチャー、 セリューションシステムの見学、手術見学、幹細胞をはじめとする再生医療についての意見交換を行いました。

2014年7月2日 ピュアグラフトセミナー・ライブサージェリー(国内)

日本国内外部の美容クリニックなど11名の医師に向けたトレーニング指導のため、ピュアグラフトを用いた脂肪注入セミナー・ライブサージェリーを聖心美容クリニック東京院にて実施いたしました。

 

2013年11月29日~12月1日 JAAS(中国)

当院の伊藤康平院長(東京院)、寺町英明医師(大阪院)、美原寿之院長(福岡院)がJAAS主催の美容外科解剖/執刀トレーニングに参加しました。

 

2013年10月6日、7日 ソウル大学附属Boramae Medical Hospital(韓国)

当院の前多一彦院長(札幌院)、中辻隆徳医師(東京院)、西田真医師(広島・福岡院)が韓国ソウル大学・耳鼻咽喉科教授Jin医師の鼻形成セミナーに参加しました。

2013年10月1日 Chungdam U Plastic Surgery(韓国)

当院の片岡二郎院長(横浜院)、宮多和浩院長(広島院)、伊藤哲郎医師(東京・名古屋・大阪院)が韓国のChungdam U Plastic Surgery にてライブサージェリーに参加しました。

2013年9月30日 Shimmian Rhinoplasty Clinic(韓国)

SHIMMIAN RHINOPLASTY CLINIC(心美眼鼻整形医院)にてライブサージェリー(鼻骨骨切+鼻中隔延長+鼻尖縮小+隆鼻術+小鼻縮小)に参加しました。

2013年9月29日 ソウル グランドヒルトン(韓国)

当院の鎌倉統括院長が「自己脂肪細胞を用いたピュアグラフト豊胸術」の講演を行いました。

 

2013年8月5日 Sikarin Hospital(タイ)

シカリン病院の最高総務責任者・医師らが当院を視察し、近年のタイ・日本の美容医療についての情報交換を行いました。

2013年5月26日 KairosAestheticClinic,シンジュノ形成外科(韓国)

韓国最大の美容外科学会の創設に尽力したKairosAestheticClinic院長Lim Jong Hak院長を招き、若返り治療と鼻の整形のライブサージェリーを実施。また、シンジュノ形成外科Shin医師を招き、レディエッセの注入法についてのライブサージェリーを実施しました。

2013年1月21日 WAAPS(韓国)

当院の鎌倉統括院長、大井診療医長(兼大阪院副院長)、伊藤院長(東京院)が韓国にてWAAPS(WORLD ACADEMY OF AESTHETIC PLASTIC SURGERY)のライブサージェリー(鼻中隔延長鼻のプロテーゼ鼻尖形成(耳介軟骨移植)など)に参加しました。 また、韓国と日本の美容外科技術について、活発な意見交換を行いました。

2012年7月27日、28日 大連市中心医院 第3回中日韓整形美容国際技術交流会(中国)

大連市中心医院(中国)で開催された”第3回中日韓整形美容国際技術交流会”にて、当院の鎌倉統括院長が「自体脂肪幹細胞移植の美容外科学的応用」の講演を行いました。

 

2012年3月 Asia Pacific Medical Aesthetics Congress フィリピン(セブ島)

カウンシルドクターとトレーナードクターのみが参加できるアラガン社セミナーに当院の鎌倉統括院長が参加

2011年9月9日 JEYSYS社、リーダス皮膚科クリニック、ナビクリニック(韓国)

当院の鎌倉統括院長、伊藤院長(東京院)、片岡院長(横浜院)、美原院長(福岡院)が韓国ソウル市内にあるJEISYS社の本社工場を訪問し、当院導入機器に関するフィードバックや、今後の製品に関するディスカッションを行いました。 また、韓国の美容皮膚科と美容外科も視察し、韓国と日本の美容外科技術について、活発な意見交換を行いました。

2011年8月19日~21日 International Adipose Stem Cell Workshop in Aesthetic Surgery(米国)

米国,カリフォルニア州で開催された”International Adipose Stem Cell Workshop in Aesthetic Surgeryにて、当院の鎌倉統括院長が「脂肪由来幹細胞移植術の美容医療分野での臨床応用と展望」の招聘講演を行いました。

鎌倉統括院長の学会講演は、当院の幹細胞移植の技術と実績が米国の学会運営局に評価され、招聘されたことで実現したものです。講演では、当院の400例を超える症例報告を行っています。

2011年1月14日 Dr.Yang Kuo-Hui(台湾)

台湾のHsin sheng aesthetic plastic surgeryを運営されているDr. Yang Kuo-Huiが来日。東京院の手術を視察し、鎌倉統括院長と美容医療・再生医療について幅広い意見交換を行いました。

2010年7月10日、11日 IMCAS ASIA(香港)

世界的な美容・アンチエイジングの学会「IMCAS ASIA」にて、鎌倉統括院長が2つの講演を行いました。

また、7月11日にはセリューションシステム開発元であるサイトリ・セラピューティクス社(米国)主催の「再生医療セミナー」が開催され、鎌倉統括院長と東京院 伊藤院長がそれぞれ講演を行いました。

世界的な美容・アンチエイジングの学会においても、再生医療に関するテーマは参加者の高い関心を集めていました。

2010年6月24日 Body Line Contouring surgery(韓国)

当院の全医師が韓国ソウル市内にある美容美容外科 「Body Line Contouring surgery」を訪問し、同院医師によるライブサージェリーを見学致しました。また、美容外科技術について、活発な意見交換を行いました。

2010年5月25日 Dr. Ahmed H. Al-Qahtani(米国)

幹細胞や成長因子の医療分野への応用研究において、現在、世界的権威として名高いDr. Ahmedによるプライベートセミナーを実施。

セミナー第1部では、Dr.アハマドが成長因子を美容医療に応用するまでの経緯や、成長因子を利用した若返り治療の有効性、そして今後の可能性について、講演が行われました。

第2部では、Dr.アハマドが開発に携わった毛髪成長因子薬剤を利用する治療 『グロースファクター再生療法』 の治療方法について、鎌倉統括院長と意見交換が行われました。

2010年5月18日 Dr. Amir Waldman(イスラエル)

脂肪吸引の技術において、国内外で非常に高い評価を受けているイスラエルのDr. Amir Waldman をお招きし、最新機器を用いた脂肪吸引のライブサージャリーを実施。また、鎌倉統括院長をはじめとする当院医師らと、脂肪吸引技術における活発な意見交換が行われました。

2010年5月17日 黄耀主 医師(瑞倍佳整形醫美中心院長)(台湾)

注入術の技術力において、国内外で非常に高い評価を受けている黄耀主医師をお招きし、『レディエッセ注入』 のハンズオンセミナーを実施。

セミナーでは、鎌倉統括院長をはじめとする当院医師らと、注入術における活発な意見交換が行われました。

2010年4月2日 Mark Berman,M.D,(AACS会長) MAURICE P. SHERMAN,M.D., (DELMAR Cosmetic Medical Center) William T. Chen, M.D.(Bay Medical Center)(米国)

当院の再生医療技術・施設を視察するため来日しました。当日は鎌倉統括院長による、脂肪由来幹細胞移植の手術や、再生医療に関するプレゼンテーションのほか、幹細胞に関する活発な情報交換が行われました。

 

2010年2月 Dr. Powel(スレッズリフトのトレーニングドクター)(ポーランド)

世界各国で講習を行っている医師、Dr. Powelによるヨーロッパスタイルのスレッズリフト研修を鎌倉統括院長、伊藤院長、片岡院長と実施。

 

2010年1月 DNA CLINIC(タイ)

Dr.Nitwipaに対し、鎌倉統括院長による技術講習、並びにハンズオンセミナーを実施。

2010年1月 Dr. Benjamin Ascher(IMCAS理事)(フランス)

ヨーロッパ最大の美容・アンチエイジング医療学会「IMCAS」の理事Dr.Benjamin Ascherがフランスより来日し、鎌倉統括院長と情報交換。

 

2010年1月25日 鎌倉統括院長と寺町院長(大阪院)が訪韓し、現地医師らと技術研修を実施(韓国)

聖心美容外科全院で導入した『キャビテーションシェイプ』の技術講習、新規組み合わせ施術の研修を行うため、鎌倉統括院長と寺町院長(大阪院)が訪韓。キャビテーションシェイプの症例数の多い韓国のクリニックにて研修を実施致しました。また、その他、Kang Nam Plastic Surgery Clinic, Petit Noble Aesthetic Clinic, Body Line Contouring surgery, ChungDam NB Clinic を視察し、技術情報の交換・技術研修を行いました。

2009年12月14日 DNA CLINIC、Villa Medica(タイ)

タイ王国のクリニック「DNA CLINIC」、「Villa Medica」と姉妹クリニックとしての契を結び、相互理解と友好親善を深め、美容医療技術の向上発展に資するように努力することを宣言致しました。

 

2009年10月 Harley medical group CEO Mr. Mel Braham(イギリス)

ヨーロッパ最大の美容外科クリニックグループ会長Mr. Mel Braham氏が来日され、脂肪由来幹細胞移植術を見学。
双方の医療技術・施術並びにオペレーション面の 情報交換をしました。

2009年9月29日、30日 Bangkok Mediplex Center、Bangkok Hospital、Bumrungrad Hospital、 Villa medica DNA Clinic(タイ)

タイの医療施設を視察し、鎌倉統括院長・伊藤院長による講演を実施。

 

2009年6月22日 Dr.Nijvipa Petchrung(DNA Clinic LAb)ら医師団(タイ)

タイ王国よりDNA Clinic Labの医師ら7名が当院での研修のために来日し、鎌倉 統括院長と再生医療について情報交換。

2009年5月27日 Greg Maguire医師(米国)

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の元教授であり、再生医療、組織再生の第一人者でもあるDr.Greg Maguireが来日。鎌倉統括院長、伊藤院長と情報交換を行いました。

アンチエイジングや毛髪再生など、大きな可能性を秘めた「成長因子」による医療技術・学術に関して、活発な情報交換が行われました。

2009年5月15日 遼寧省人民病院整形外科、杏林美容整形医院(中国)

中国の遼寧省人民病院整形外科 名誉教授、杏林美容整形医院の医師ら8名が、当院の脂肪幹細胞移植手術を視察するため来日されました。

今回来日された中国医師団の皆様は、既に欧米や韓国の様々な美容施設を視察されており、日本では聖心美容外科における「再生医療」に関心をもっていただいたことから、実現に至りました。


代表者である 高景恒 名誉教授は、遼寧省人民病院の名誉教授の他、大連医科大学病院、中国医科大学病院兼務している方で、中国医科大学病院では医学生の指導もされています。

2009年4月19日 第96回 日本美容外科学会、第2回 日韓美容外科学会(韓国)

鎌倉統括院長が『セリューションシステムによる豊胸術(脂肪由来幹細胞移植)』について講演しました。

2009年3月28日 アジア太平洋豊胸術研究会(中国)

日本代表として参加しVRF30の公認ディプロマを取得しました。

2009年2月11日 カリフォルニア大学 University of California, San Diego(UCSD)(米国)

アメリカ合衆国のカリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)にて、鎌倉統括院長が招聘講演を実施。

また、アメリカ形成外科界の権威STEVEN R. COHEN, MD,(スティーブン・コーエン医師)と医療技術の情報交換を行いました。

そして、セリューションシステムの開発元サイトリ・セラピューティクス米国本社を訪れ、製造工程見学、ならびに品質・技術向上のためのミーティングを行いました。

2009年2月17日 Steven R. Cohen医師(Faces Plus Aesthetic Facility)(米国)

Steven R. Cohen医師より招待を受け渡米。医療技術やオペレーション面での情報を交換。

 

2008年10月 View Plastic Surgery(韓国)

韓国View Plastic SurgeryのPark, Jung Keun医師、Choi, Soon Woo医師らが聖心美容外科に来院、医療技術などの情報を交換しました。

 

2008年9月 沙医生整形美容口腔外科医院(中国)

沙医師らが当院の手術を視察。医療技術や幹細胞、オペレーションシステムなどの意見交換をしました。

2008年8月19日 The Wall Street Journal(米国)

THE WALL STREET JOURNALに脂肪由来幹細胞移植による豊胸術が紹介されました。当院の「脂肪由来幹細胞移植」取材のため来日。紙面にて施術および体験談が掲載されました。

 

2008年8月 Steven R. Cohen医師(Faces Plus Aesthetic Facility)(米国)

“全米トップドクター10人の一人”に選ばれたSteven R. Cohen医師がセリューションシステムによる脂肪由来幹細胞移植を視察

 

2008年8月 盛虹明 医師(盛・美容外科)王流琴 医師(上海真愛女子医院)李志海 医学博士(韓城医学美容医院)(中国)

上海の「盛・美容外科」、「上海真愛女子医院」、「韓城医学美容医院」を視察し、医療技術やシステムなど情報交換

2008年7月12日 美容・再生医療講演会(シンガポール)

「脂肪由来幹細胞・再生細胞による美容・再建外科への応用」について招聘講演を実施

 

2008年3月 Joon Pio Hong医学博士Jin-Sup Eom医師(ASAN Medical Center, Ulsan University形成外科准教授)(韓国)

韓国で最も大きな医療機関である「ASAN Medical Cente」を視察し、Joon Pio Hong医師らと医療技術や学術について情報交換。

 

2008年3月 WJ Park医師(Wonjin Clinic)(韓国)

韓国一大きな形成外科のひとつ「Wonjin Clinic」を視察し、WJ Park院長らと意見交換

 

2008年3月 Good Line Clinic(韓国)

韓国メディアに数多く出演されている「Good Line Clinic」を視察し、Choi院長ならびにスタッフと意見交換

2008年2月21~23日 日韓形成外科学会(沖縄にて開催)(韓国)

沖縄にて開催された『第9回日韓形成外科学会』にて、当院の鎌倉統括院長が招待講演を行いました。 当院における”ヒアルロン酸注入による豊胸術”が日本有数の症例数を誇ることから、この度の学会にお招きいただきました

2008年1月17日 瑞之魅 Rstyle(中国)

最新美容世界地図にて当院のニューダーマローラー療法が紹介

2006年6月15日 IMCAS学会 CORNEAL社(フランス)

フランスのIMCAS学会に参加。日本初CORNEAL社公式認定医に鎌倉統括院長が認定される。

2006年5月1日 Michael Zacharia医師(Surgical Specialties)(オーストラリア)

東京院へお招きし、カンタースレッドリフトのライブサージャリーを実施。鎌倉統括院長がトレーニングドクターに。

2006年3月29日 Myung Wook Park医師(韓国)

韓国を代表する美容外科医Myung Wook Park医師を東京院に招き、「M-Sling Lift」の日本における初のライブサージェリーを実施

2005年11月13日 第4回国際美容外科学会(各国)

世界各国の医師が参加する国際美容外科学会にて、当院医師2名が講演

2005年9月28日 Koenraad De Boulle医師(ベルギー)の他、ヨーロッパ美容外科業界の医師ら(欧州諸国)

エボレンスワークショップにて症例発表、ヨーロッパの美容外科業界と交流

共同研究

年月共同研究者内容
2014年6月 日本 そばじまクリニック
大阪医科大学医師
脂肪由来幹細胞の働きにおける非臨床研究を推進(整形外科分野)
2010年9月 日本 産業医科大学 脂肪由来幹細胞の働きにおける非臨床研究を推進
2009年8月 日本 国立がんセンター 脂肪由来幹細胞の働きにおける非臨床研究を推進
2009年7月 日本 スレッドリフト研究会 特殊な糸によるフェイスリフト(スレッドリフト)の改良・発展を目的とした共同研究を推進
2009年7月 日本 国立徳島大学 脂肪由来幹細胞の働きにおける非臨床研究を推進
2009年4月 米国 Cytori Therapeutics社 脂肪由来幹細胞移植による若返り(加齢による陥凹性変化)治療の共同臨床研究を推進
2008年4月 日本 日本人医師 グループ PRP皮膚再生療法の効果を高めるための共同研究を行い、プレミアムPRP皮膚再生療法が誕生
2007年11月 日本 オリンパス社 脂肪由来幹細胞の働きにおける非臨床研究を推進
2007年11月 米国 Cytori Therapeutics社 脂肪由来幹細胞移植による豊胸術の共同臨床研究を推進

姉妹クリニック

年月提携クリニック名内容
2015年4月 中国(上海) TOWAKO CLINIC SHANGHAI
(上海永恵華門診部)
上海のTOWAKO CLINIC SHANGHAI(上海永恵華門診部)と姉妹クリニックとして提携致しました。
2009年12月 タイ ・DNA CLINIC
・Villa Medica
12月7日、当院はタイ王国のクリニック「DNA CLINIC」、「Villa Medica」と姉妹クリニックとしての契を結び、相互理解と友好親善を深め、美容医療技術の向上発展に資するように努力することを宣言。

mission.png

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る