このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

鼻尖形成(耳介軟骨移植)

特長

低い鼻先をつんと高く。少しの変化で印象アップ!

効果
鼻先を高く
目立つ鼻穴
を改善
治療方法
耳の軟骨で
鼻先をつんと高く
術後の傷跡
 実は、
傷跡も最小限

鼻尖形成(びせんけいせい)とは

img_bisen_jikai.jpg

鼻先が丸く大きく見える「団子鼻」や、正面を向いたときに鼻の穴が目立つ方におすすめなのが、ご自分の耳の軟骨を鼻先に埋め込み鼻先を高く・シャープに形成する施術、“耳介軟骨移植による鼻尖形成”です。 軟骨を移植する位置や量を調整することでデザインの微調整ができるため、「自然な範囲でキレイになりたい」といったご要望にもお応えすることが可能です。目立たない部分を切開するため(鼻の穴・耳の後ろ)、傷跡も気になりません。 また、ご自分の組織(軟骨)を利用するため、異物を入れることに抵抗がある方やアレルギーを心配される方にも、大変人気の施術です。

適応症状

  • 鼻先をつんと高く見せたい、シャープにしたい、長くしたい方
  • 正面を向いたときに目立つ鼻の穴を改善したい方
  • 鼻先が丸い、団子鼻でお悩みの方
  • 鼻先を小さくしたい方
  • 鼻の形を自然な範囲で整えたい方
  • 鼻の形を整えたいが、異物を使うことによるアレルギーが心配な方

※鼻筋を高くする施術(プロテーゼやヒアルロン酸注入など)や小鼻を縮小する施術と同時に行うことも可能です。

理想的な横顔「Eライン」に

no2_L.png

美人顔の条件として挙げられる「Eライン」は、鼻とあごを結ぶラインを指します。そしてこのEライン上に唇が位置していることが理想的、とされています。 つまり、鼻、あご、唇が一直線上に位置すると、横顔も大変バランスがよく、「黄金比」に叶った美人顔として評価される顔立ちといえます。
耳介軟骨による鼻形成と同時に、鼻筋を高くしたり、アゴの高さを調整することで、理想的な横顔バランスに整えることができます。

当院の鼻尖形成(びせんけいせい)の特長

団子鼻は、鼻尖縮小(団子鼻修正)でも改善することができますが、鼻先の左右の軟骨(鼻翼軟骨)が小さい方やより鼻先をつんと高くしたい場合には、ご自分の耳の軟骨を鼻先に埋め込む鼻尖形成がおすすめです。当院では、軟骨の厚みや大きさ、移植位置などを細かく調整したり、鼻先の余分な脂肪を取り除いたりするなど繊細な工夫により、理想の鼻先により近づける方法をご提案しています。

当院の手術の工夫

tip_formation2.png

当院の鼻尖形成が選ばれている理由

豊富な施術ラインナップで理想の鼻へ

一口に鼻の整形と言っても、鼻柱を高くするのか、鼻先に長さを持たせたいのか、鼻が横に広がっていることが原因で低く見えてしまっているのかなど、鼻のお悩み・ご要望は様々です。
当院では、ヒアルロン酸などの注入法やプロテーゼを使用した手術、団子鼻をつんと高い鼻先にする鼻尖縮小(団子鼻修正)、横に広がった鼻を抑える小鼻縮小術など各種施術ラインナップをご用意しています。

納得のカウンセリングで満足の仕上がり

当院のカウンセリングでは、鼻の高さだけでなく、鼻先の角度やフェイスライン上でのバランスなど細かなデザインのご要望、手術方法に関するご希望を全てお伺いした上で、最も適した施術をご提案いたします。

理想の高さをしっかり医師と共有できるカウンセリング・シミュレーション

1021_image4.png
  • 当院では、ドクターが患者様のお話を伺います。
  • 患者様に一番適した施術法をご提案・ご説明いたします。
  • ご希望の方には、シミュレーションも可能です。
  • ※東京院には日本の美容外科で唯一“全身の3Dシミュレーション”も導入しています。(2013年10月現在)

     

    3Dシミュレーションシステムの詳細を見る

症例

鼻先が大きく、曲がっているのが嫌でした。

Before
133_3.png
After
133_4.png

担当ドクター:美原 寿之 医師
鼻先が大きいのと曲がって見えるので、これを鼻尖縮小と耳介軟骨移植により修正しました。鼻先の鼻翼軟骨を一部切除修正し耳介軟骨で補強することでこのように改善することができます。鼻が少し上を向いて鼻の穴が目立つのが気になるというご依頼もありましたが、これもある程度は改善されていると思います。鼻は色々な角度からみて形を修正していくことが大切です。

鼻先が丸く、特に横から見たときにバランスが悪いことが気になります。

Before
133_5.jpg
After
133_6.jpg

担当ドクター:片岡 二郎 医師
通常耳介軟骨は三段重ねにすることが多いのですが、今回は十分な厚みの軟骨が採取できたので、二段重ねで行いました。正面からみてもう少し鼻筋を細くできたのですが、患者様のご意向でやや控えめの鼻尖縮小をしております。

施術の流れ

STEP1カウンセリング

133_7.png

医師とのカウンセリングでは、仕上がりのご希望を詳しくお伺いしながら、シミュレーションシステムで術後のイメージを確認します。
カウンセリング時間は余裕を持ってお取りしていますので、施術についてご不明な点・ご不安なことがありましたら、どんなことでもご相談ください。

STEP2マーキング

切開する範囲(耳介軟骨を採取する耳の後ろ・軟骨を挿入するための鼻の穴の2箇所)にしるしをつけます。

STEP3麻酔

局所麻酔を行いますので、痛みを感じずにお受けいただけます。
※麻酔費用は別途申し受けます。

STEP4耳介軟骨の採取

no4_2.png

耳の後ろから、耳介軟骨を採取します。
付け根部分のシワにそって切開するため、傷跡は目立ちません。

STEP5軟骨を移植用に細工

img_22.jpg

軟骨の厚みは約1mm程度の為、仕上がりのデザインに合わせて2~3枚を重ね合わせて使用します。
軟骨が小さすぎると点状に尖りすぎたり、逆に大きすぎると角が立ってしまったり・フラットな鼻先になったりと、仕上がりを大きく左右する部分のため、バランスを見ながら慎重に調整します。
挿入後の肌なじみがよくなるよう、丁寧に面取りも行います。

STEP6鼻先を切開

059-02.png

両側の鼻の穴を小さく数ミリ程度切開して、軟骨を移植するスペースを確保します。
この時、鼻先から小鼻への形をつくる軟骨(鼻翼軟骨)を縫合し補強します。鼻先にボリュームを足すことで、鼻翼軟骨が押し広げられることを防ぐための処置です。
また必要に応じて、余分な組織(団子鼻の原因となる脂肪等)を取り除きます。

STEP7軟骨を移植、縫合

no2_D3.png

細工した軟骨を鼻先に挿入し、仕上がりのデザインに合わせて位置を微調整します。(イラストご参照)
形状、バランスを確認して、問題なければ切開部分を縫合し※、固定テープを貼り、出血を抑えるための鼻栓を詰めて終了です。

※鼻先は溶けるタイプの糸で縫合するため抜糸は不要ですが、耳の裏の軟骨採取部は約7日後に抜糸を行うため通院が必要となります。

※鼻先の固定テープは施術2日後、鼻栓は施術翌日にご自身で除去していただきます。

鼻先をシャープにしたい場合は、前方に配置

鼻先を長くしたい場合はやや下方に配置

ダウンタイム

処置時間 約 30 分
通院 約7日後に耳の裏の軟骨採取部の抜糸を行います。
日常生活 シャワーは当日より可能ですが、触る・濡らすなど施術部位への刺激はお控えください。 入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。
メイク 当日のメイクはお控えください。翌日より可能です。
痛み

施術当日は若干鈍痛がありますが、すぐに落ち着きます。
痛み止めを処方いたしますので、必要に応じて服用ください。

効果 鼻尖の高さを出すために、ご自身の耳の後ろの組織(軟骨)を鼻尖に移植する方法です。
副作用情報 手術後、鼻周囲の腫れが生じますが、時間の経過とともに治まります。赤みや腫れが持続する場合には、早めに当院医師の診察をお受けください。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

こんな施術も

鼻尖縮小(団子鼻修正)

135_image9.png

鼻先から小鼻への形をつくる軟骨(鼻翼軟骨)を縫い寄せることで、鼻先をシャープに高くするという方法です。鼻先の丸みが気になる方は一緒に行うことで全体のバランスを取ることができます。

プロテーゼによる隆鼻術

no2_D4.png

鼻先だけでなく、鼻全体にも高さを出したい時や鼻筋を通したい時は、プロテーゼによる隆鼻術との併用がお勧めです。
「シリコンプロテーゼ」は人間の軟骨に非常に近い素材で、一人ひとりのご希望に合わせてオーダーメイド感覚で加工が可能です。

小鼻縮小

133_13.png

小鼻が横に広い場合は、小鼻の付け根を一部取り除く小鼻縮小術を同時に行うことで、つんと尖った、スマートな小鼻にすることが可能です。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る