このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

鼻下短縮術(リップリフト)

特長

長い鼻の下をほんの少し短縮するだけで、引き締まった顔立ちに。

効果
長い鼻の下を
短く引き締める
治療方法
鼻の下を
ほんの少し切除
術後の傷跡
 実は、
傷跡も最小限

鼻下短縮術とは

136_image1.png

もともと鼻の下から唇までの距離が長い方や、加齢によるたるみで鼻の下が長くなってしまった方におすすめの施術です。
鼻の下を短くすることで、口周りの印象がすっきりして引き締まった顔立ちになります。縫合の際に上唇が引っ張られるため、唇に立体的な厚みを出すことが可能です
鼻の下の付け根に沿って切除するため、傷跡はほとんど目立ちません。

適応症状

  • 鼻の下が長い方
  • 加齢によって鼻の下が垂れ下がり、老けてみえる方
  • 上唇を厚くしたい方
  • 上唇に立体感を持たせたい方

当院の鼻下短縮術の特長

マーキングした部位に沿って皮膚を切除し、縫い縮めることで、鼻下の長さを適切に整えます。鼻の下の付け根を切除するため、傷跡はほとんど目立ちません。

no2_P.png

当院の鼻下短縮術が選ばれている理由

豊富な施術ラインナップで理想の鼻へ

一口に鼻の整形と言っても、鼻柱を高くするのか、鼻先に長さを持たせたいのか、鼻が横に広がっていることが原因で低く見えてしまっているのかなど、鼻のお悩み・ご要望は様々です。
当院では、ヒアルロン酸などの注入法やプロテーゼを使用した手術、ご自身の軟骨を利用した鼻尖形成(耳介軟骨移植)、横に広がった鼻を抑える小鼻縮小術など各種施術ラインナップをご用意しています。

納得のカウンセリングで満足の仕上がり

当院のカウンセリングでは、鼻の高さだけでなく、鼻先の角度やフェイスライン上でのバランスなど細かなデザインのご要望、手術方法に関するご希望を全てお伺いした上で、最も適した施術をご提案いたします。

理想の高さをしっかり医師と共有できるカウンセリング・シミュレーション

1021_image4.png
  • 当院では、ドクターが患者様のお話を伺います。
  • 患者様に一番適した施術法をご提案・ご説明いたします。
  • ご希望の方には、シミュレーションも可能です。
  • ※東京院には日本の美容外科で唯一“全身の3Dシミュレーション”も導入しています。(2013年10月現在)

     

    3Dシミュレーションシステムの詳細を見る

症例/体験談

なんとなく鼻の下が長い印象が気になっていました。

Before
136_image2.png
After
136_image3.png

担当ドクター:片岡 二郎 医師
小鼻が外側に張り出しています。小鼻の内側を切開して手術しました。2か月経過後は、傷はほとんど目立たなくなりました。

”約5㎜”狭くしました。

Before
136_image4.png
After
136_image5.png

担当ドクター:大井 弘一 医師
予定通り、約5㎜唇と鼻との間隔が狭くなっていますね。また鼻の穴なども特に変形は見られません。まだ若干の傷の赤みはありますが、これは時間の経過とともに白く目立たなくなります。

施術の流れ

STEP 1 カウンセリング

161_image_2.png

医師とのカウンセリングでは、仕上がりのご希望を詳しくお伺いしながら、シミュレーションシステムで術後のイメージを確認します。
カウンセリング時間は余裕を持ってお取りしていますので、施術についてご不明な点・ご不安なことがありましたら、どんなことでもご相談ください。

STEP 2 マーキング

切開する範囲にしるしをつけます。

no5_M5.png

STEP 3 麻酔

局所麻酔を行いますので、痛みを感じずにお受けいただけます。

※麻酔費用は別途申し受けます。

STEP 4 手術

マーキングした部位に沿って皮膚を切除し、縫合していきます。鼻の下の付け根を切除するため、傷跡はほとんど目立ちません。

ダウンタイム

施術時間

30分~40分

通院

1週間後に抜糸を行います。

メイク

傷口以外は翌日から可能です。傷口部分は抜糸翌日から可能です。

日常生活

傷跡以外の箇所であれば、施術の翌日からメイク・入浴・洗顔が可能です。傷跡は、抜糸の翌日からメイクをしていただけます。

腫れ・赤み

2~3 日目から徐々に軽減し、1 週間後にはほとんど落ち着きます。内出血が出る場合がありますが、1~2週間程度で消失します。

痛み

施術当日は若干鈍痛がありますが、すぐに落ち着きます。

術後の経過

手術後、傷口を保護するために茶色いテープを貼ります。テープは翌日にご自身で取り除いてください。

効果

鼻下短縮手術は、鼻の下の皮膚を切除し、顔・口元の印象をシャープにすることを目的として行います。

副作用情報

極稀に、傷口の炎症や感染が起こる場合があります。強い痛み、赤み、腫れ、熱感などの症状がある場合には、お早めに当院医師の診察をお受けください。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

Q&A

Q. 傷跡は目立ちますか?

A. 傷跡は2~3ヶ月ほど赤みがありますが、徐々に赤みがひき、目立たなくなります。また、鼻の下の付け根を切除するため、「傷跡は意外と目立たず、気にならない」と患者様から言われることが多いです。

Q. 施術後、違和感はありますか?

A. 上唇が上に引っ張られているような違和感がありますが、1~2週間程度で徐々に治まっていきます。

Q. 施術後に鼻をかんでも問題ありませんか?

A. 術後1ヶ月くらいまでは、あまり強くかまず、軽く拭き取るようにしてかむと良いでしょう。鼻を下に延ばす動きは避けるようにしてください。また、傷口は、清潔に保つようにしてください。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る