このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

鷲鼻修正(わし鼻修正、整鼻術・低鼻術)

特長

症状によっては手軽な注入法でも改善できます。

効果
鼻筋の中央が
出っ張っている
鷲鼻の改善
治療方法
手軽な注入や
プロテーゼなど
術後の傷跡
 実は、
傷跡も最小限

わし鼻修正とは

137_image1.png

横から見ると鼻筋の中央が出っ張っていて、先端が下がり気味になっているようなわし鼻。このような鼻をすっきりとした鼻に整えるには、出っ張った鼻骨の一部を削るか、シリコンプロテーゼなどを用いることで、鼻筋をバランスよく整える事が出来ます。
また、鼻根が低いことにより、わし鼻のように見えている場合は鼻根部にヒアルロン酸などの注入施術を行うことで解消できる場合もあります。

適応症状

  • 鼻筋の中央が出っ張っている方
  • 鼻筋の段差が気になる方

当院の鷲鼻修正が選ばれている理由

傷跡の心配はありません

施術は鼻の穴の中から行うため、傷跡は表面にはできません。
数日間違和感がありますが、徐々に慣れていきますので、ご安心ください。

納得のカウンセリングで満足の仕上がり

当院のカウンセリングでは、鼻の高さだけでなく、鼻先の角度やフェイスライン上でのバランスなど細かなデザインのご要望、手術方法に関するご希望を全てお伺いした上で、最も適した施術をご提案いたします。

理想の高さをしっかり医師と共有できるカウンセリング・シミュレーション

1021_image4.png
  • 当院では、ドクターが患者様のお話を伺います。
  • 患者様に一番適した施術法をご提案・ご説明いたします。
  • ご希望の方には、シミュレーションも可能です。
  • ※東京院には日本の美容外科で唯一“全身の3Dシミュレーション”も導入しています。(2013年10月現在)

     

    3Dシミュレーションシステムの詳細を見る

症例

わし鼻の改善

Before
137_image2.png
After
137_image3.png

担当ドクター:伊藤 康平 医師
片側の鼻の内側を切開して、鼻骨を削ります。 比較的簡単に修正することが出来ます。腫れは1週間程度はみておいた方がいいでしょう。

「まっすぐな鼻筋」への改善

Before
before
After
after

担当ドクター:大井 弘一 医師
鷲鼻からまっすぐな鼻筋への改善を希望されました。 鼻骨削りだけでは真っ直ぐまで対応できないため、鼻骨のhump骨切りを行いました。鷲鼻が改善されて患者様も大満足されていました。

施術の流れ

STEP1カウンセリング

137_image5.jpeg

医師とのカウンセリングでは、仕上がりのご希望を詳しくお伺いしながら、シミュレーションシステムで術後のイメージを確認します。 カウンセリング時間は余裕を持ってお取りしていますので、施術についてご不明な点・ご不安なことがありましたら、どんなことでもご相談ください。

※ 東京院には日本の美容外科で唯一“全身の3Dシミュレーション”も導入しています。(2013年10月現在)

STEP2マーキング

切開する範囲にしるしをつけます。

STEP3麻酔

局所麻酔を行いますので、痛みを感じずにお受けいただけます。

※ 麻酔費用は別途申し受けます。

STEP4手術

鼻の穴の内側を切開し、鼻骨の出っ張った部分を削り、形を整えます。ご希望によってはプロテーゼの挿入も行います。
7日後に抜糸を行います(吸収糸を使用することもできます)。
手術後は、3~7日程度テーピングをしていただきます。必要な固定を行い、鼻腔内に鼻栓を入れます。鼻栓は、翌日ご自身で取り除いていただきます。

鼻根部(鼻の付け根)が低い場合は注入法で一時的に改善することができます。

ヒアルロン酸注入(レスチレン・パーレーン・リドカイン)

ダウンタイム

施術時間

45~60分

通院

1週間後に抜糸を行います。

メイク

当日のメイクはお控えください。翌日より可能です。

日常生活

シャワーは当日より可能ですが、触る・濡らすなど施術部位への刺激はお控えください。 入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。

腫れ・赤み

手術後、鼻周囲の腫れが生じますが、2~3日目から徐々に軽減し、1週間後にはほとんど落ち着きます。内出血が出る場合がありますが、1~2 週間程度で消失します。

痛み

施術当日は若干鈍痛がありますが、徐々に落ち着きます。

術後の経過

手術後、必要な固定を行い、鼻腔内に鼻栓を入れます。鼻栓は、翌日ご自身で取り除いていただき ます。テープの除去は、担当医師の指示に従い取り除いてください。

効果

この手術は、鼻骨の一部を削り、鼻骨のでっぱりや太い鼻骨の形を整えるものです。プロテーゼ挿入法による隆鼻術と組み合わせることで、鼻全体の印象をすっきりとさせることも可能です。

副作用情報

極稀に、傷口の炎症や感染が起こる場合があります。強い痛み、赤み、腫れ、熱感などの症状がある場合には、お早めに当院医師の診察をお受けください。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

Q&A

Q. ダウンタイムや傷跡がどうなるか気になります。

A. 鷲鼻を治す手術の場合、傷は鼻の中のみになります。飛び出た軟骨もしくは鼻骨を削ります。稀に削った鼻骨が再発することがありますので、再発しないように薄いプロテーゼでカバーすることもあります。ただし、削る操作が加わるため、通常のプロテーゼ挿入の手術よりも腫れは少し長引くでしょう。
術後の痛みは少しありますが、痛み止めの内服薬で対応することができる程度です。

こんな施術も

プロテーゼによる隆鼻術

135_image8.png

鼻全体に高さを出したい時や鼻筋を通したい時は、プロテーゼによる隆鼻術との併用がおすすめです。「シリコンプロテーゼ」は人間の軟骨に非常に近い素材で、一人ひとりのご希望に合わせてオーダーメイド感覚で加工が可能です。

ヒアルロン酸注入

137_image7.png

鼻根部が低い場合は注入法で一時的に改善することができます。当院では安全性に実績がある、高品質なヒアルロン酸のみを使用しています。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る