このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

脂肪注入法

特長

脂肪吸引で取り除いたご自身の脂肪を、注射針で唇に注入します。口唇は注入した脂肪が生着しにくい部位ですので、数回の注入が必要となる場合もあります。ご自身の脂肪を用いるため、異物反応が起こらないのが特長です。

脂肪注入法の特長

  • メスを使わず注射器で注入するため、傷跡や腫れの心配がない
  • 注入直後から効果を実感できる
  • 通院の必要がない
  • 治療後すぐにメイク可能

脂肪の生着

注入された脂肪は毛細血管に取り込まれ、その部位の組織として生着します。
生着しなかった脂肪は体内に自然に吸収され、状態は一ヶ月ほどで安定します。
生着率には個人差がありますが、注入した脂肪の約30%~50%程度がきちんと生着されるとお考えください。

PRPを同時に注入することで高まる“脂肪の生着率”

脂肪のみを注入した場合、脂肪の生着率に個人差はありますが、30~50%程度。つまり半分以上の脂肪は体に吸収されてしまうのです。そこで当院では、再生医療の技術を応用したPRP血小板を脂肪と同時に注入して脂肪の生着率を高める施術プランを追加いたしました。

PRP血小板とは?

PRP血小板とは、自分自身の血液に含まれる血小板を高濃度に濃縮させた、血小板を多く含む「多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう Platelet-Rich Plasma)」です。

img_01.jpg

血小板は人間の体の中で血を止めたり壊れた血管や細胞を治す働きをしています。そしてこの血小板には「成長因子」と呼ばれる、体の細胞を元気にして若返らせる成分があり、この成長因子が放出されることによってコラーゲンの産生や毛細血管の新生などが促され、注入した脂肪の生着率が大幅に向上することが期待できるのです。

さらに、PRP血小板の若返り効果で、気になる小ジワも改善していきます。

すでに当院では、PRP血小板を用いた「プレミアムPRP皮膚再生療法」によるシワ・にきび跡などの治療を行っており、その技術をお顔の脂肪注入に応用することで脂肪の生着を高めます。

オプション費用

PRP血小板注入の費用はこちらをご覧ください。

ダウンタイム

施術時間

約30分

通院

あり(施術一週間後の抜糸)

メイク

当日のメイクはお控えください。翌日より可能です。

日常生活

シャワーは3日後から可能です。入浴は抜糸後(約一週間後)から可能です。 サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。

腫れ・赤み

施術後、脂肪注入部位の張り感や筋肉痛のような痛みがありますが、時間の経過と共に落ち着いてきます。脂肪注入部位、脂肪吸引部位に内出血が出ることもありますが、時間の経過と共に改善されていきます。多少の個人差はありますが、2週間程度です。

術後の経過

【脂肪注入部位】

脂肪を注入した部分の針穴には、手術後テープが貼ってあります。生着しない脂肪は自然に吸収され、約1ヶ月で状態が安定します。

【脂肪吸引部】

手術後の浮腫みを最小限にし、回復を早めるため、3日間圧迫固定を行います。3日後に固定を外します。腫れや浮腫みは残っていますが、徐々に改善されていきます。脂肪吸引部は、手術2週間経った頃から硬さ(硬縮)が出てきます。これは、手術後の自然な経過となり、ご自身でのマッサージやアフターケア(インディバCETエンダモロジー)(別途費用)をお受けいただくことで、回復を早めることができます。

効果

太ももやお腹などから脂肪組織を採取し、その脂肪組織をこめかみや頬などの顔のくぼみが気になる部分へ注射器で注入するものです。ご自身の脂肪組織を使用するため、安全性も高く、自然な仕上がりが期待できます。 注入した脂肪の生着率を高めるために、再生医療の技術を応用したPRP※1を脂肪と同時に注入する方法があります(別途費用)。

副作用情報

稀に、脂肪注入部位のしこり・凹凸が見られることがあります。脂肪注入部位の脂肪の生着については、個人差があることをご理解ください。

※ 悪性腫瘍の既往がある場合、成長因子を用いた治療により腫瘍を増大させる可能性があるとされています(当院の治療でそのような報告は現在ありません)。悪性腫瘍の既往がある方は、事前に必ず医師にご報告ください。

※ 妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る