このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

しこりにならない理由
印刷あとで読む
クリックすると「後で読む」リストに追加できます

[活性型]幹細胞豊胸術-セリューション豊胸術-当院の幹細胞豊胸術”しこりにならない理由”

  • [1]幹細胞豊胸術
  • [2]しこりにならない理由
  • [3]施術の流れ・よくある質問

当院の幹細胞豊胸術は、幹細胞の分離・抽出により、「しこりになりにくい」「効果が長期間持続」「自然な形・さわり心地」であることから、大変多くの患者様に支持されています。ここでは、当院の幹細胞豊胸術が選ばれている理由をお伝えします。

脂肪と肝細胞を分離することで、幹細胞を活性化

図解 幹細胞の質を高める3ステップ
  • step1 幹細胞は脂肪組織にくっついているため、脂肪組織から幹細胞だけを傷つけずに分けることはとても困難です。
  • step2 ピュアグラフトや遠心分離機(コンデンス法など)では、不純物を除去できるだけです。
        そのため、脂肪細胞に幹細胞はまだくっついたままの状態です。
  • step3 セリューションシステムを使用して、初めて脂肪組織と幹細胞を分けることができます。
        分離された幹細胞は、動きが盛んになり、通常の幹細胞よりも新しい脂肪を作る働きが活発です。

※当院では脂肪の精製にピュアグラフトを使用しています。
不純物や老化細胞を取り除く精度はどちらもほぼ同じですが、ピュアグラフトの方がより短時間で精製できるため脂肪の劣化が少なくて済みます。

唯一、安全性が確認された酵素を使用

酵素イメージ

幹細胞を脂肪細胞から分離し、抽出するためには特殊な「酵素(コラゲナーゼ)」が必要です。
他院のウェブサイトなどで、幹細胞豊胸術は、『酵素を使用するため危険』といった説明が見られますが、危険性があり、使用が禁止されているのは「動物性由来」の酵素です。

<酵素の種類>
○動物由来…感染症などの危険性があることから人体への使用、輸入も原則禁止
○非動物性由来(植物性)…FDA・CA認可されている酵素あり

幹細胞を分離できる特殊な酵素は、全世界的に見ると数種類しかありません。
当院では、その中でも、人体に使用して良いとFDA(米国食品医薬品局)とCE(EU品質基準)から唯一認可を受けている、サイトリ・セラピューティクス社の「非動物由来(植物性)」の酵素を使用しています。

また、幹細胞を抽出する高性能マシンである“セリューションシステム”には、自動で酵素を残さず、洗い流す(洗浄)工程があるため、注入する脂肪に酵素は残りません。

実際に

アメリカの慢性心不全の臨床で同じ酵素が使用されています

アメリカのUniversity of Florida(フロリダ州)、Texas Heart Institute (テキサス州)、Minneapolis Heart Institute Foundation (ミネソタ州)、Scripps Green Hospital (カリフォルニア州)などにおいても慢性心不全の臨床で当院と同じ酵素が使用されています。

高度な幹細胞抽出システム”セリューションシステム”を使用

Celution System セリューションシステム

当院では、世界で唯一、人体の安全性・幹細胞抽出機能ともにFDAに許可されているサイトリ・セラピューティクス社製「セリューションシステム」を使用しています。

セリューションシステムは、イタリアやスペインをはじめ世界各国の先進医療機関に導入されています。日本でも国立病院や大学病院の乳房再建(乳がん手術後の再建手術)において使用されている実績があります。

さらに、厚労省ヒト幹細胞指針での承認を受けた臨床研究に、セリューションシステムが採用されています。今では、“幹細胞の抽出”には欠かせない機器と言えます。

  • セリューションシステム採用実績厚労省ヒト幹指針承認の臨床研究
  • 類似治療にご注意ください

 

【TOPIC】

サイトリ・セラピューティクス社のChief Executive Officerである、Christopher Calhoun氏が、『2013年幹細胞分野において、最も影響のある50人』の1人に選ばれました。
当院の再生医療は世界的に優秀なシステムを使用しております。

実は!

幹細胞の抽出が自動で行えるのは、セリューションシステムだけ!

幹細胞抽出には、マシンで自動的に行う「セリューションシステム」と人が手作業で行う「マニュアル法(CAL)」があります。手作業で行う方法に比べ、セリューションシステムは、短時間で一定の良質な幹細胞を抽出できます。また、一度で十分な量を確保できるため、リスクを伴う培養も一切不要です。

横浜院院長 片岡 二郎

横浜院院長
片岡 二郎

なぜそれだけ優秀な機器なのに、セリューション
豊胸術を導入しているクリニックは少ないのですか?

セリューションシステムは、高精度医療機器のため、とても高価です。
そのため、導入しているクリニックがまだ少ないのが現状です。
当院では、患者様に安全かつ効果の高い豊胸術を受けていただきたいため、全国8院に導入しています(症例数世界一位)。

第三者機関が発表した、セリューションシステムの有効性についてわかりやすく解説いたします!

高性能細胞精製器”ピュアグラフト”で不純物80%除去

当院では、注入用の脂肪を精製して、生着率を高めるために、「ピュアグラフト™」を採用しています。
そもそも、脂肪吸引で吸引した液体には、脂肪細胞以外にも水分や血液、死滅細胞などの不純物が含まれています。これらの不純物はしこりの原因になるため、脂肪の生着率を高めるには、不純物を極力取り除くことが必要です。

「ピュアグラフト™」は、特殊なフィルター(膜)で、脂肪吸引で採取した液体に含まれる様々な細胞・液体を選定し、不純物fだけを取り除きます。その結果、脂肪に含まれる不純物の割合を20%以下にまで抑え、ピュアな脂肪に精製することができます。

その過程は、遠心分離機やコンデンス法と比べ分離時間が短く、衝撃も与えにくいため、脂肪の劣化がほとんどありません

ピュアグラフト

実は!

ピュアグラフトの開発に当院が参画!

今では多くの美容外科で採用されている、ピュアグラフト™の開発元であるサイトリ・セラピューティクス社(米国本社)で、当院のドクターが開発協力・アドバイスを通じて参画しました。

写真

ご注意ください!ピュアグラフトの類似品が出回っています。
puregraft

最近、ピュアグラフトに見た目・名称ともに、大変似ている製品が出回っていることが判明いたしました。
見分けがつきにくいため、患者様が誤解して施術を受けられることを危惧しております。正規品と類似品は、品質において大きく異なることがわかっています。

○類似品から採取される脂肪の質は、正規品(ピュアグラフト)に比べ不純物が多く残っている
○類似品についてはプラスティックの破片が残る可能性がある品質の低い製造である

上記につきましては、ピュアグラフトの開発元であるサイトリ・セラピューティクス社(米国本社)の検証チームにより、実証されています。

当院では、開発に参画した正規品(ピュアグラフト)を取り扱っています。患者様に安心して施術をお受けいただけるよう、しっかりとご説明をいたしますので、ご不明な点はカウンセリングにてご相談ください。

ピュアグラフトと遠心分離機(コンデンス)の水分除去制度の比較

ピュアグラフトと遠心分離機の比較

遠心分離機(コンデンス法で使用)とピュアグラフトの水分除去量を比較しているグラフです。

脂肪吸引後の液体をピュアグラフトで3回ろ過させた場合、遠心分離機よりも水分を除去できることがわかりました。

(当院では、ピュアグラフトのフィルターに液体を3回ろ過させています。
また、ピュアグラフトの方がより早く精製できるため、脂肪の劣化が少なくて済みます。)

【研究報告】ピュアグラフト VS LipoMAX(コンデンス法) VS 遠心分離機

濃縮脂肪の作成について、「ピュアグラフト」で濃縮した脂肪がもっとも優れていた、という検証データが報告されています(外部機関にて研究)。

比較された手法

①ピュアグラフト ②LipoMAX(コンデンス法) ③遠心分離法

比較結果
不純物(油分と赤血球)の除去精度
1位:ピュアグラフト 2位:LipoMAX(コンデンス法) 3位:遠心分離法
⇒ピュアグラフトと比較して、コンデンス法は約5倍、遠心分離機は約12倍もの油分を含んでいることが確認されました。
活性度(脂肪の健全さ):
1位:ピュアグラフト 2位:遠心分離法 3位:LipoMAX(コンデンス法)
⇒ピュアグラフトは、コンデンス法の1.6倍も活性度が高い結果になりました。

引用資料:「Comparison of Three Fat Graft Preparation Methods: Centrifugation, the Lipokit™ System, and the Cytori Puregraft® System /Min Zhu M.D., John K. Fraser Ph.D., Olga A. Souverneva, Douglas M. Arm Ph.D.」

しこり・内出血を最低限にする注入技術力

【1】複数の層に少しずつ注入

同じ箇所に脂肪を多量に注入すると、しこりになりやすいため、入れすぎてしまうととても危険です。
当院では浅い層から深い層にかけて少しずつ注入していきます。これにより、しこりになるリスクを低減することができます。

図解

【2】直径3mm以下!細かく均一に注入

当院では、マルチプルインジェクションという最先端の医療技術を用いて、しこりが生じるリスクを極限まで防いでいます。これは脂肪を注入する際に、直径3mm以下という球状の粒を作りながら、均一に細かく注入する方法です。

施術のスピードと長年の経験で培った熟練の医師としての“勘”、そしてテクニックが必要不可欠です。 豊富な症例数と実績のある当院だからこそ行うことのできる、非常に高度な技術です。

図解

【3】注入量を緻密に計算

少ない注入量でもしっかりバストアップできるよう、患者様のバスト状態に合わせ、注入量を緻密に計算しています。
脂肪が吸収されやすいバスト上部には多めに注入しているほか、患者様のご希望に合わせ「谷間メイク」も可能です。

【4】注入する部位数が少ない

アメリカでは傷跡の配慮はあまり重要視されておらず、注入箇所が多いです。
当院では傷跡を減らすため、注入箇所を最低限にする施術を行っています。

注入する部位数が少ない

脂肪吸引の最新型ベイザーリポ2.2を導入。真似できない吸引技術力

当院では、最新型の脂肪吸引ベイザーリポ2.2を導入しています。
ボディデザインクリニックの商標も取得している当院ならではの、豊胸や脂肪吸引の精巧な技術力で、メリハリのあるボディラインを実現できます。

ベイザーリポ脂肪吸引でセリューション豊胸術を受けるメリット
  • 幹細胞を壊すことなく、一粒一粒ばらばらにされた良質な
    脂肪細胞を採取でき、バスト注入後の定着率が向上
  • 皮膚の浅い層の脂肪までしっかり吸引できるため、
    必要な脂肪量を確保しやすい
    (痩せ型の方にもよりご希望の大きさに近づけることができる)
  • 脂肪吸引後のたるみや内出血等の負担が少ない
公式ライセンス証明書
他院は、使用する脂肪吸引マシンによって料金が追加になる場合があります。
当院では、少しでも早くダウンタイムから回復し、今まで通り日常生活を送っていただきたいため、初めから負担の軽いベイザーリポ脂肪吸引を追加料金なくご提供しています。

第三者が認めた脂肪組織を壊さない“吸引技術力”

図解

より長期間効果を持続させるためには、良い機械を使うだけでは不十分です。
幹細胞の“”を測る指標として「活性度(生存率)」があります。幹細胞の活性度が高い程、バスト注入後の生着率が高まります。

脂肪吸引の技術力が低いと、吸引時に脂肪細胞を傷つけてしまい、幹細胞の活性度も大幅に低下します。活性度が高い、「良質な脂肪を壊さずに吸引する」ためには、高度な吸引技術が必要です。

当院で採取した脂肪から得られた幹細胞は、他院のものに比べ20%も活性度が高いことが実証されています(2009年オリンパス社調べ)

吸引ムラや凸凹がない“美しい仕上がり”を実現!

とりすぎ脂肪吸引

バストへの注入技術や抽出した幹細胞の質も大切ですが、脂肪吸引後のボディライン仕上がりも重要です。

脂肪吸引はどんなに技術が進化しても、最終的には医師の技術が仕上がり結果を左右します。
脂肪吸引後の凸凹や脂肪の取りムラが起こる原因として、医師の技術的な問題があげられます。

当院では、2001年にボディデザインの専門技術に対する実績を踏まえ、「ボディデザインクリニック」という商標も取得。今では日本有数の症例数をもつリーディングクリニックのひとつとして数えられるようになりました。

脂肪吸引の症例写真を見る

世界から注目される当院の幹細胞豊胸術!海外のドクターが視察に来日

当院の再生医療・幹細胞豊胸術に関心をもった多くの医師陣が、海外から視察のため当院を訪れています。
脂肪由来幹細胞移植の手術や、再生医療に関するプレゼンテーションのほか、幹細胞に関する活発な情報交換などが行われました。

写真

上記は、来日ドクターのほんの一部です。 聖心美容クリニックでは、国際的な視野をもって、常に高い医療技術を提供するため、欧米諸国やアジア各国と積極的に交流しています。世界の優れた医療技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで、相互に高めあい、美容医療全体の発展へ向け、取り組みを行っています。

当院の国際交流

述語の回復期間やアフターケアも詳しく紹介

当院の幹細胞豊胸術の治療の流れ・よくある質問

  • [1]幹細胞豊胸術
  • [2]しこりにならない理由
  • [3]施術の流れ・よくある質問

美容外科初、ISO取得
2008年から進化・応用を続け、6年連続症例数第1位

世界中のセリューションシステムの実績 なんと厚労省ヒト幹細胞指針の研究に採用 有名企業も 外部機関と共同で研究

当院の経験豊富な医師にお任せください

学会活動・講演活動~美容医療発展のために~

2014年1月16日、
NHK「サイエンスZERO」で、
様々な病気を治す
『スーパー細胞』として脂肪
由来幹細胞が紹介されました。

 

 

 

 

 

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る