このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

蒙古ひだ

印刷あとで読む
読み:もうこひだ|英語名:epicanthal fold
カテゴリ:二重術・目頭切開・涙袋

目頭を覆っている上瞼のひだ状の皮膚を、蒙古ひだといいます。黄色人種に多く見られ、蒙古ひだのある人の目は、涙丘が皮膚によって外側からは見えないのが特徴です。東アジア人などの祖先であるモンゴロイドの、厳しい寒さより眼球を保護するために発達した名残であり、よって西洋人には見られないものです。

今の時代には特に必要のない蒙古ひだは、現代人の美意識からはずれた、目を小さく見せるといった悩みの原因の一つです。解決するには、皮膚であるこの部分を切開する方法があります。涙丘が見えるようにすることによって、単純に目が大きく見えるからです。これにはいくつかの施術法があり、主に、目頭を完全に切開しないZ法やリドレープ法は、術後の傷跡が目立ちにくく、皮膚切除法は襞のサイズ調整がしやすい反面、傷跡が目立ちやすい難点があります。また、目頭切開をせずに手術をして、平行型の二重瞼にすることでも目を大きく見せることは可能です。

いずれの方法を選択するにも、医師に自分のイメージを伝え、十分な話し合いと相談の上での決断が大切になります。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る