このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

涙袋形成(涙堂形成)

特長

涙袋形成とは?

No1_A_15-1.jpg
65_image1.jpeg

涙袋(涙堂)は、別名「ホルモンタンク」とも呼ばれ、魅力パーツに例えられています。涙袋をふっくらさせることで、立体的に大きく、やさしい潤いのある目もとを表現することができる施術です。簡単に、短時間で印象を変えることができるため、ご希望の多い施術です。

涙袋形成に使用するヒアルロン酸は、注入する組織の深さや、組織にあった粒子の大きさのものを選択することが重要です。

ヒアルロン酸には複数の種類がありますが、当院では世界的にも評価が高く実績のある薬剤をご用意しています。生体適合性100%・非動物性の安全性の高い製品のみを使用していますので、アレルギーテストは不要です。

ジュビダームビスタ®ウルトラXC

国内で初めて承認を受けたヒアルロン酸です。注入時の痛みを軽減する成分「リドカイン」が配合されており、他のヒアルロン酸注入法に比べ、“注入処置の際の痛みが少ない”ことが特長です。75%※の患者様が、通常のヒアルロン酸注入より「痛みが少ない」と答えています。

※ ALLERGAN社調べ

こんな方におすすめです

  • 目元に若々しい立体感を出したい方
  • 優しい癒し系の印象にしたい方
  • 目をはっきり、大きく見せたい方
  • タレントのような目にしたい方


※二重にする施術(埋没法切開法など)や、くまやたるみを改善する目の下の脂肪取りと同時に行うことも可能です

施術の概要

涙袋は、下まぶたのまつげ下より5~8㎜くらいの中にあるのが一般的です。
まつげ下5~8㎜の幅に極細の針でヒアルロン酸を注入します。

施術の流れ

STEP1カウンセリング

C_img6.jpg

医師とのカウンセリングでは、仕上がりのご希望を詳しくお伺いしながら、シミュレーションシステムで術後のイメージを確認します。

STEP2注入

024-09.png

睫毛ラインから、5~8mm幅にてデザインします。ヒアルロン酸注入は、眼輪筋内に行います。
当院で使用しているヒアルロン酸には、注入時の痛みを軽減する成分「リドカイン」が入っています。施術時間は10分程度で終了します。
※ 痛みに弱い方には、塗るタイプの麻酔もご用意しております(別途費用)。 赤みがでやすい方は注入後、しばらく冷やします

ダウンタイム

肌の状態

腫れは3日程度で治まります。
内出血は1週間程度で治まります。

痛み

翌日には治まります。

メイク

処置後数時間後に可能です。

日常生活

洗顔は当日より可能です。

通院

通院の必要はありません。

組み合わせ施術

涙袋形成は、他の目元施術と同時に行うことも可能です。

二重術
埋没法部分切開法全切開法

涙袋形成と併せて、二重まぶたにすることで、よりパッチリとした華やかな目元になります。

目頭切開

目頭をすっきりさせることによって、目の幅が広がり、目元がより大きくなります。

目の下の脂肪取り

目の下にクマの膨らみがある場合、そのまま涙袋形成を行うと、膨らみがつながってクマが大きくなったような印象になる可能性があります。その場合、クマの原因となっている脂肪を取り除く治療を行った後、涙袋を形成します。

症例

【20代女性】涙袋+鼻のプチ整形(ヒアルロン酸)

術前

id504_b01

注入直後

注入直後

立体感のある優しげな印象になりました。注入直後ですが、腫れはほどんどありません。(個人差はあります)

【20代女性・目元を可愛らしく】涙袋形成(ヒアルロン酸注入)

術前

術前

1ヶ月後

1ヶ月後

埋没法による二重術も同時に行い、華やかで魅力的な目元になりました。

【30代女性】涙袋形成・眼瞼下垂・上まぶたのたるみ

術前

術前

術後

術後

埋没法(2点留め)、目頭切開、ヒアルロン酸注射による涙袋形成を行いました。パッチリとした華やかな目元になりました。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る