このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

抜け毛抑制剤

印刷あとで読む
読み:ぬけげよくせいざい|英語名:
カテゴリ:毛髪再生外来

抜け毛抑制剤とは、抜け毛を抑制する治療薬のことで、様々な種類があります。抜け毛の原因によって、使用する成分が異なるため、カウンセリングと検査が重要になります。
頭皮に薬剤を浸透させるタイプ(外用薬)や、錠剤などを飲んで内側から抜け毛を抑制するタイプ(内服薬)があります。

抜け毛を抑制する効果が得られている状況で、同時に発毛治療を行うことで、薄毛改善の効果が現れます。

AGA(男性ホルモンが原因の薄毛)になっている場合、男性ホルモンを抑制するフィナステリドなどの成分を使用します。フィナステリドは近年、ジェネリック品も登場し薬価が安くなることで安定した治療が受けられるようになりました。

女性の薄毛の場合、遺伝の場合もありますが食生活やホルモンバランスの乱れ、ストレスなど様々な要素が原因となっている場合が多く、髪全体が薄くなる、びまん性脱毛を発症するケースが多く見られます。この症状では、男性が主に使う抜け毛抑制剤を使用しても効果は得られません。また最近では女性型AGA(FAGA)も報告されています。

男性の薄毛・AGA、女性の薄毛、どちらも自己判断せずにクリニックで診断を行うことで、効果がある抜け毛抑制剤を処方してもらえます。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る