このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

パントガール

特長

待望の、女性にもお使いいただける「飲む育毛剤」

女性の薄毛に効く、「飲む育毛剤」

効果
女性の薄毛を
改善
安全性
副作用なし
さらに
他治療との
併用も可能
  • 手軽で費用負担も抑えた薄毛治療
  • 女性特有の、頭髪全体が薄くなる「びまん性脱毛」を改善
  • 3ヶ月で70%の方の抜け毛が減少※ Merz Pharmaceuticals社の臨床試験結果より。

パントガールとは?

パントガール(Pantogar)は、女性の薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症)や抜け毛を改善し、発毛を促す「内服薬(飲み薬)」として、世界で初めて効果と安全性が認められた薄毛治療薬(医薬品)です。 これまで、薄毛治療の内服薬は、男性対象の製品(アボルブ・ミノキシジルタブレットなど)しかなく、女性の薄毛治療薬としては外用薬や頭皮への注入法しか選択肢がありませんでしたが、パントガールの登場により、女性も手軽で費用負担も抑えた薄毛治療が可能となりました。

増加する「女性の薄毛」 女性の約40%が薄毛を発症

『薄毛』や『抜け毛』は男性特有の悩みだと思われていましたが、実は多くの女性が悩んでおり、ここ数年、薄毛で悩む女性が増加傾向にあると言われています。女性に多い薄毛の原因は、頭皮の疾患による抜け毛がほとんどです。例えば、「フケ」による悪玉菌の繁殖や、ヘアケア商品(シャンプー・トリートメント・カラーリング・パーマ)による頭皮のトラブル、出産後及び更年期障害等によるホルモンバランスの変化などが大きな原因となっています。 その中でも、老化、ストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアによる「びまん性脱毛症」や出産後の「分娩後脱毛症(産後の薄毛)」などが一般的です。

ある調査によると、20歳以上の女性の約40%が、少なくとも生涯に一度は、頭髪全体が薄くなる「びまん性脱毛(女性型脱毛症)」を発症するとされています。

パントガールには、女性の薄毛を改善するための特別な構造のアミノ酸やたんぱく質、ビタミンB群などが配合されており、毛髪の成長を刺激して薄毛を治療。髪質も改善します。

適応症状

  • 抜け毛が増え、薄毛が気になり始めた方
  • 髪のボリュームが減り、ヘアスタイルがうまくいかない方
  • 出産後に抜け毛が増え、薄毛が気になる方
  • パーマやカラーリングを繰り返していたら、薄毛になってきた方
  • ストレスや生活習慣の乱れのせいで抜け毛が増えた方

70%の方の抜け毛が減少

臨床試験では、3ヶ月間の使用で70%の方の抜け毛が減少、そして20%の方は抜け毛がほとんど無い状態にまで改善する結果が確認されています※。これまで副作用の報告も無く、安全性が高い薬のため、継続的・長期的にご使用いただけます。

※ Merz Pharmaceuticals社の臨床試験結果より。

臨床試験1:びまん性脱毛症と毛髪構造損傷の治療の有効性

結果:パントガールは毛質の改善について著しい優位性を示しています。

結果:パントガールによる成長期毛率の増加は製品2およびプラセボにより優位に優れています。

※ 1:プラセボは有効成分を含まず治療効果の無い薬(偽薬)です。比較試験(Double Blind Test)という種類の治験に使用されます。被験者を開発中の薬を投与するグループ、「プラセボ」を投与するグループ(プラセボ群)に分け、それ以外は全く同じ条件で治験を実施。両者の臨床データを測定して、両者のデータを比較して治療効果を確かめます。

臨床試験2:びまん性脱毛症と毛髪構造損傷の治療の有効性

びまん性脱毛症と毛髪構造損傷の治療の有効性を確認するため、症状がある被験者1,629例において実施された臨床試験です。

illustration_26.jpg

結果:継続的な改善がみられ、投与終了時までに脱毛と毛髪構造損傷はほぼ完全に消失しました。

臨床試験3:中央アメリカ(パナマ・グアテマラ)でのモニター試験

びまん性脱毛症を有する被験者29例、毛髪構造損傷を有する被験者19例を対象に実施されました。

試験方法:3日間の期間中の脱毛数の計数、患者と皮膚科医の主観的判断
期間/用量:平均1回1カプセル、1日3回を3ヵ月
パナマの患者の年齢:17~75歳、平均46歳
グアテマラの患者の年齢:20~65歳、平均37歳


パントガールの投与前には脱毛が多かった及び中程度であった患者(86.7%)にかなりの変化が認められ、3ヶ月後には患者の70%では脱毛が少なくなり、患者の20%ではもはや脱毛はなくなりました。


統計的に有意な結果:平均脱毛数は、投与前の94本から6週間後には53本、3ヶ月後には45本に減少しました。4ヶ月目も投与を継続した9例の患者では、脱毛数は25本に減少しました。


症例の39%では毛髪構造損傷が完全に消失し、重度及び中等度の症例が軽度になりました(61%)。

上記の他にも多数の臨床試験において、パントガールの有効性が確認されています。

症例

半年は続けましょうと言われた通り頑張って良かったです。(20代 女性)

Before
After(6ヶ月後)

担当ドクター:佐々木 直美 医師

20代や30代前半の若い女性でも、薄毛に悩んで来院される方は多いです。 症状が出始めてから早い時期に治療を開始すると、内服・外用だけでも改善が見込めるケースもあります。 こちらの女性は、パントガール内服6か月、KIPスカルプヘアエッセンスを2ヶ月使用されました。 あきらめずに早期治療、最低半年~1年間は継続するという姿勢で臨むのが良いでしょう。

育毛サロンに半年以上通うも、改善が見られず、、、(50代 女性)

Before
After(6ヶ月後)

担当ドクター:大井 弘一 医師

育毛サロンに半年以上通うも改善が見られず、また市販の外用でも効果が見られないということで、当院での治療を希望されました。グロースファクター再生療法16回コース、KIPヘアエッセンス、パントガールの併用で治療しました。

使用方法

用法・用量

成人は1日3カプセル(朝・昼・夕食後に1回1カプセル)を少量の水で服用。

※ 効果を得るためには最低でも3ヶ月間の服用をお勧めします。
※ 効果を持続し、美しい髪を保つためには6ヶ月から12ヶ月の長期服用を定期的に行うのがよいでしょう。
※ 微量栄養素は熱にきわめて敏感であるため、低温または常温の水での服用をおすすめします。

処方

医薬品のため、処方には医師の診療が必要です。診療は無料ですのでお気軽にご来院下さい。

副作用情報

副作用の報告はこれまでありませんが、気になる症状があった場合は早めに当院医師へご相談ください。

※ 妊娠の可能性がある場合や妊娠中、授乳中の方への治療は行っておりません。必ず医師にお伝えください。

Q&A

Q. パントガールはどのくらいの期間服用すべきですか?

A. パントガールの効果を実感していただくには、最低でも3ヶ月間服用をおすすめします。

Q. パントガールの効果を実感できるまで、なぜ3ヵ月も待たなければならないのですか?

A. パントガールの有効成分は、頭皮の毛根に作用し、新しく作られる毛髪を改善します。 髪は月に約1cm伸びるため、効果が実感できるまでに必要な期間は約3ヵ月となります。

Q. 男性もパントガールを服用できますか?

A. はい。パントガールは男性にも服用していただけます。 ただし、男性は主にアンドロゲン性脱毛症であり、びまん性脱毛症ではありません。パントガール治療では、女性のびまん性脱毛症に焦点があてられています。

Q. パントガールを服用すると体重が増加しますか?

A. いいえ。パントガール1カプセルのカロリーは0.5kcalです。 1日の服用量では1.5kcalとなります。リンゴ100gのカロリー53kcalと比較しても低カロリーですので、パントガール服用による体重増加の心配は無いでしょう。

Q. パントガールは体毛の成長も促しますか?

A. いいえ。パントガールは体毛の成長に影響を与えません。

Q. パントガールは薬局でも購入できますか?

A. パントガールは医師による診察、ならびに処方箋が必要な医薬品です。 一般の薬局で購入することはできません。当院では、診察は無料ですのでお気軽にお越しください。

組み合わせ施術

KIP スカルプヘアエッセンス(KGF高濃度配合・頭皮の美容液)

img_KIPskalp.jpg

KIP スカルプヘアエッセンスは、発毛促進因子「KGF」を高濃度配合した「頭皮の美容液」です。 朝晩2回の使用で、頭皮・毛髪をすこやかに保ちます。 多くの育毛剤にありがちなベタつき感がなく、さらりとした使い心地で、お出かけ前のスタイリングを邪魔しません。

グロースファクター再生療法

198_image8.png

グロースファクター再生療法は、薄毛の原因の大きな要因となっている“成長因子の不足”に着目し、世界最先端の再生医療技術を応用した毛髪再生治療です。 男女問わず様々な原因によって起こる薄毛や脱毛症状について、発毛・育毛効果があります。

料金

毛髪再生トータルパッケージプラン
男性専用 AGA・薄毛治療 女性専用 薄毛治療

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る