このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

ナチュラルホルモン補充で実感する「若さ」

40歳から「老化を止める」という選択。ナチュラルホルモンで身体の中から若返る

ホルモンの種類と働き

ホルモンはごく微量でも非常に強い効果があり、ホルモンの種類によって特定の臓器または組織に影響を与えます。1~2つの臓器に作用するホルモンや、全身に影響を与えるホルモンもあります。ここでは、ホルモンの種類と働き、不足することによる影響を紹介します。

DHEA(デヒデロエピアンドロステロン)

DHEAは体内に最も多く存在するホルモンで、近年、補充療法の中心となりつつあります。副腎から分泌され、全身広範囲にわたって働きかけます。DHEAは「ホルモンの母」とも呼ばれ、直接人体に働きかけるだけでなく、体内でエストロゲンやテストステロン、プロゲステロンへと変化します。
DHEAは免疫システム、性欲、代謝、精神の安定に深く関係することがわかってきました。ストレスホルモンを調整し、強力な抗酸化作用で免疫システムに働きかけるのです。
FDA(米国食品医薬品局)も全身性エリテマトーデス(SLE)、結合組織系の障害など、痛みを伴う重病にも効果的であるとの見解を示しています。

効果
  • 免疫システムをサポートし、ストレスと戦う
  • がんを抑制
  • 肥満、免疫不全、高血圧、心臓病の症状を改善
  • 記憶力を高め、活力を与える
副作用

にきびが出来やすくなったり、毛が濃くなることがあります。量を減らすことで改善します。

不足すると

DHEAが不足すると、風邪をひきやすくなったり、肥満・免疫不全・がん・高血圧・心臓病の原因となります。

甲状腺ホルモン

甲状腺から分泌される代謝ホルモンは体温、エネルギー、代謝、大脳機能を調節しています。最適値の甲状腺ホルモンは脂肪を分解して、体重とコレステロール値を減少させます。また、心臓病、記憶障害を予防します。

効果
  • 代謝を高め、平均体温を上昇させる
  • 脂肪を燃焼させて体重増加を防ぐ
  • コレステロール値を低下させる
  • 心臓病を予防
  • 細胞代謝、認識力を高める
副作用

甲状腺ホルモン感性の高い方に過剰量を投与した場合、多汗、震え、動機の原因となります。量を調節し、モニタリングを適切に行うことで症状は改善します。

不足すると

甲状腺ホルモンの欠乏は、倦怠感、言語、行動力低下、鬱、免疫機能障害に繋がります。目に見える変化としては、髪の毛が薄くなり、爪が割れやすくなります。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは更年期女性にみられる症状の治療薬として40年以上使用されてきたホルモンです。更年期症状をくい止めるだけでなく、女性の肌やシワ、髪の毛、性欲を改善することがわかりました。このため、更年期症状がなくなった後も、補充を希望する女性が多くいらっしゃいます。通常、女性は40代半ばになると、エストロゲンレベルが低下し、更年期を迎えます。そして、肉体的、精神的に不快で不安定な症状が続きます。エストロゲンを補充することで、心臓病、アルツハイマー病、のぼせ、膣の乾燥、鬱、不眠、集中力の低下、体重の増加、肌や髪質の変化などの症状を改善します。
また、最近の研究では「記憶力改善」にも効果があると報告されています。

効果
  • 血行促進
  • シワ、肌質、髪質の改善
  • 更年期障害諸症状の改善
  • 骨粗鬆症の予防
  • インシュリン耐性の抑制
  • 心臓病、脳卒中の抑制
  • 悪玉コレステロールの低下
  • アルツハイマーの予防
  • 記憶力の向上、改善
副作用

過剰摂取による体重の増加、むくみ、頭痛、血糖の低下、血管系疾患歴があり、エストロゲン補充暦のない高齢女性においては、わずかに脳卒中発生率が上昇。

不足すると

通常、女性は40代半ばになると、エストロゲンレベルが低下し、更年期を迎えます。
エストロゲン不足により、のぼせや膣の乾燥、鬱、不眠、集中力の低下、体重の増加、肌や髪質の変化となって現れます。老化を意識すると女性は不安で落ち込みやすく不機嫌になるなど、精神的にも悪い影響を与えます。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

エストロゲンと相乗的に働くもう一種類の女性ホルモンがプロゲステロンです。このホルモンはよく見落とされがちですが、エストロゲンが過剰に子宮増殖、子宮出血を促進してしまうことを防ぎ均衡を保ってくれます。
プロゲステロンはエストロゲンと共同で作用し、加齢や更年期に伴う諸症状を改善します。また、コレステロール、プラーク形成、うつ病、子宮萎縮に対して優れた効果を有するエストロゲンの働きを高めてくれます。

効果
  • 更年期障害諸症状の改善(生理痛、気分のむら、不正出血、不機嫌、月経時偏頭痛)
  • 乳がん、子宮がんの予防
  • 骨粗鬆症の予防
  • 心臓の保護
  • 気分の改善
副作用

副作用の報告はありませんが、経口摂取により眠気が起こる場合があります。

不足すると

プロゲステロンが不足すると、エストロゲンが優位になってしまい、受容体に過剰に働きかけてしまいます。プロゲステロンは「妊娠ホルモン」ともいわれており、妊娠にとって大切です。プロゲステロン量が低下すると出産がつらくなったり、流産の危険性もあります。

メラトニン

メラトニンは脳の松果体で合成されるホルモンで、内分泌系と免疫系の両方に働きかけます。メラトニンはホルモンの中でも最も安全なものであることがわかっており、体内で素早く代謝され、必要な量だけ使われます。
メラトニンが身体のエイジングに関与していると考える研究者もおり、誰もが必要とするホルモンであることは間違いありません。メラトニンにより深い眠りの周期を調整され、深い眠りを得ることで免疫機能が活性化されます。強力な免疫システムは風邪ウイルスからがん細胞に至るまで、様々な外部からの侵入者に対して抵抗し、身体を守ってくれます。
また、間接的に乳がん細胞や前立腺がん細胞を攻撃することがわかっています。New England Journal of Medicine(1997年1月号)では、メラトニンは強力な抗酸化物質で、抗がん作用も期待される因子であるとして絶賛を浴びています。何百にも及ぶ研究で、メラトニンはフリーラジカルを除去する効果や抗がん作用を持ち、若い頃と同じ睡眠周期に戻すことが明らかにされています。

効果
  • 免疫力の強化
  • がんの抑制
  • がんの化学療法による副作用の抑制
  • 睡眠補助効果
副作用

副作用、中毒性はありません。過剰摂取すると頭痛やめまいが起こる場合もあります。
メラトニンの量は睡眠パラメーターに基づき調整されます。

不足すると

不眠症や睡眠障害を引き起こします。睡眠が不足すると、身体や免疫システムに余分なストレスがかかり、老化による症状となって現れます。

テストステロン

テストステロンは男性ホルモンとして知られていますが、最適値のテストステロンは骨密度と骨形成を高め、エネルギーや性欲を増進させます。

効果
  • 日々の充実感、エネルギー、身体組成、骨密度、性機能などを改善
  • シワや肌のハリ感を改善
  • 筋肉、靭帯、関節などの老化を予防
副作用

過剰に摂取をすると、体毛が異常に濃くなったり、にきびが出たりします。少量であれば特に異常をきたすことはありません。

不足すると

テストステロンが減少すると、内臓肥満、エネルギーの低下、情緒不安定、性欲の低下といった問題が起こります。

成長ホルモン

成長ホルモン(Human Growth Hormone;HGH)は、脳の下垂体前葉で作られ、血液にのって全身に運ばれています。成長ホルモンは身体のあらゆる成長に関わっており、主なものでは骨や筋肉の成長、代謝・血糖値のコントロール、アンチエイジング(若返り)、脂肪の代謝などがあげられます。また、タンパク質の合成を促し、損傷を受けた筋肉線維の修復を促す働きもあります。
最適値の成長ホルモンは、筋肉量を増やし、体脂肪量を減らします。医学雑誌に論文が発表されて以来、アンチエイジングの中心的役割を担っています。

効果
  • 骨の伸長
  • 筋肉の成長
  • 体脂肪代謝の促進
  • 血糖値の安定
  • 代謝促進(炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進)
  • 恒常性の維持
副作用

成長ホルモンの投与を誤ると、細胞の肥大化(末端肥大症)や大腸がんやリンパ腫などの発症率の上昇、がんによる死亡率の上昇、糖尿病の発症率上昇などの報告があります。

不足すると

小児期に成長ホルモンの分泌が少ないと、成長ホルモン分泌不全性低身長症を起こす。

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る