このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

乳房縮小

特長

大きすぎるバストも過剰な乳房組織(脂肪・皮膚・乳腺組織)を取り除いて整えることで、小さくバランスの良いバストに整えることができます。
乳房の重さや肩こりの改善、下縁部の慢性皮膚炎の解消などを希望される方が多いのですが、最終的な回復状態なども含め医師と十分に話合うことが必要です。


036-17.png036-19.png 036-19.png036-20.png 

※ 男性の乳房の膨らみについては、こちらをご覧ください。

女性化乳房修正術(男性対象)

施術方法の種類

施術方法は、乳房の大きさ・下垂具合によって異なります。現在の乳房の状態、そしてどのように形を整えたいのかによって、以下の4種類の施術方法に分かれます。

  乳房縮小 乳房吊り上げ術 乳輪吊り上げ術 豊胸術による吊り上げ
乳房の下垂具合 軽~重度の下垂 重度の下垂 軽~中程度の下垂 軽度の下垂
(張りをもたせたい)
乳房の大きさ 大きい 大きい 大きい~小さいまで 小さい
希望の形 小さくしたい サイズは変えたくない サイズは変えたくない 大きくしたい

乳房縮小術(リダクション法)

大きすぎるバストを縮小し、形を整えるのが「乳房縮小術」です。 当院では主に症状に応じた2種類の術式での施術を行っています。

施術方法1

乳房の余分な皮膚と肥大した脂肪や乳腺を除去し、バストサイズを縮小するとともに乳輪乳頭の位置を上部に移動します。これにより形の良いバランスのとれたバストを形成します。乳輪が大きい方は、同時に縮小することも可能です。 乳輪乳頭の感覚障害や授乳障害はきたさないように施術を行いますが、通常は乳輪下に逆T字の瘢痕が残ります。

038-17.png038-18.png038-19.png

施術方法2

上記のように逆T字の瘢痕が気になる方は、アンダーと乳輪周囲を切開して余った皮膚と脂肪を取り除き、乳輪乳頭を移動させて吊り上げる方法があります。こちらの場合、乳輪下に逆T字の傷跡は残らず、アンダーを切開した傷跡はバストで隠れますので、正面から傷跡が見えにくいのが特徴です。乳輪部分も円周に沿っていますので、ほとんど目立ちません。乳輪が大きい方は、同時に縮小することも可能です。 しかし、通常の乳房縮小術が横方向にも大きい乳房を狭くするのに比して、こちらの方法は横方法には縮小することができません。元々のバストの形が、細長く下垂し、横方向への縮小が不要の場合に適応となります。

038-25.png038-26.png

ダウンタイム

処置時間 3時間〜4時間程度
日常生活

・シャワーは翌日から可能です。入浴は抜糸後(約1週間後)から可能です。
・激しいスポーツは手術後1ヶ月経過してから行ってください。

腫れ・赤み

手術後の内出血や腫れについては、2週間程度で治まります。手術後の痛みには個人差がありますが、痛み止めを処方しますので、ご安心ください。

効果

肥大・下垂したバストの過剰な乳房組織(脂肪・皮膚・乳腺組織)を取り除き、バランスのよいバストに整える手術です。

副作用情報

極稀に、施術部位の血液貯留(血腫)、感染が起こる場合があります。施術部位の熱感・痛み・赤み・腫れ・発熱などがある場合は、早めに当院医師の診察をお受けください。また、手術方法により、切開創が大きくなる場合、乳輪・乳頭の血流障害や皮膚の壊死が起こる場合があります。乳輪・乳頭、皮膚の変色が見られる場合は、早めに当院医師の診察をお受けください。

※ 妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

症例

【40代女性・乳房縮小術】

Before
105_6__131024.jpg
After
105_7__131024.jpg

【60代女性・バストの左右差】乳房吊り上げ術(札幌院)

Before
105_8__131024.jpg
After
105_9__131024.jpg

Q&A

乳房縮小に関するよくあるご質問は、以下をご覧ください。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る