このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

【学会報告】第53回日本形成外科学会にて鎌倉統括院長が講演

新着情報へ戻る 2010年4月9日

4月7日に行われた「第53回 日本形成外科学会総会・学術集会」にて、鎌倉統括院長が 『豊胸術』 に関する講演を行いました。


===========================
  ■■ 第53回 日本形成外科学会総会・学術集会 ■■
===========================

■日時:2010年4月7日(水) 18:00~19:30
■場所:石川県音楽堂コンサートホール
■テーマ:乳房インプラントによる豊胸術、再建術の要点
■講演プログラム:
 1.がん専門病院における乳房インプラント再建
 2.大学病院における乳房インプラント再建
 3.私の豊胸術
 4.乳房インプラントとヒアルロン酸の適応と結果
 5.パネルディスカッション

[写真]クリックで拡大表示 --- 鎌倉統括院長の講演内容 ---

■私の豊胸術 ~手術プランと手術手技そしてアフターケアに至るまで~

健常な女性が自らの乳房増大を希望し行う豊胸術は日本のみならず世界各国においても極めて一般的な方法である。豊胸術にはインプラント挿入法、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法、脂肪組織由来幹細胞移植法などがある。インプラントを用いた豊胸術はこれまでの豊胸術の主流であり、インプラントの改良、手術手技の改良がこれまでの豊胸術の進歩を支えてきたといっても過言でない。しかしながら、手術を行うにあたっての手術プランに画一的なものはなく、これまでは担当医の経験や予測によるところが大きかった。
今回、患者の胸郭や乳房の皮膚、乳腺の状態を数値化し、患者の要望を盛り込むことによって得られるデータから手術プランの作成を行うことのできるBio Dynamic(TM) Breast Analysisとうソフトウェアを用いた。
また、手術方法にはいくつかあるが、今回は経腋窩的に大胸筋膜下にインプラントを挿入する手術方法についてビデオとともに解説する。
さらに、アフターケアとしてまずは、カプセル拘縮を予防することが先決である。カプセル拘縮を起こした場合の対処法も色々あるが、カプセル拘縮を起こしていないにも関わらず、その感触や外観の不自然さを訴え、インプラント除去を希望する患者も少なくない。
我々はこれらの患者に対し、インプラント除去と同時に脂肪組織由来再生細胞を豊富に含んだ脂肪を移植する方法を行い、良好な結果を得ているので、併せて症例を紹介する。

[画像]Bio Dynamic(TM) Breast Analysis操作画面 --- 関連情報 ---
≫聖心美容外科統括院長 鎌倉達郎医師プロフィール
≫脂肪幹細胞移植によるバストアップ『セリューション豊胸術
≫インプラント挿入によるバストアップ『バッグプロテーゼ挿入法
≫ヒアルロン酸注入によるバストアップ『VRF30(旧称Sub-Q)注入


聖心美容クリニックのココに注目

news1.jpg

再生医療の可能性に挑戦しています

当院は「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、美容再生医療を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。

news3.jpg

ISO:9001:2008の認証を取得しています

当院は美容外科で初めてISO:9001:2008の認証を取得。世界水準と認められた管理体制により高い安全性を確保しています。国際水準に合致した管理体制でクリニックを運営することにより、美容外科業界の透明性を高め、ステイタスの向上に努めます。

news4.gif

国際交流活動を積極的に行っています

欧米やアジア各国と積極的に交流し海外の優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

カンボジアでの支援活動や東日本大震災復興支援を積極的に行っています

聖心美容クリニックではカンボジアでの支援活動などを行っているNPO共生フォーラムの活動に参画しています。また、同法人内に設置された災害対策本部を通じ、熊本地震復興支援活動を行っています。

teikei_tel_01.png teikei_tel_02.png
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る