このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

眼瞼挙筋

印刷あとで読む
読み:がんけんきょきん|英語名:Levator Palpebrae Muscle
カテゴリ:目のくま・たるみ取り

眼瞼挙筋は眼球の周りにある筋肉の一つです。まぶたの開閉を行うための筋肉でまぶたを開けることを維持するためにも必要な筋肉です。

筋肉は老化に伴い機能が低下することが一般的ですが、眼瞼挙筋にも当てはまり、この筋肉が衰退すると、まぶたがたるんで下がってしまうことがあります。まぶたがたるむと、目の輪郭が小さく見えたり、一重まぶたが進行したりします。先天的に筋肉が弱い場合もあり、その場合は専門的な治療が必要になる場合があります。

まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まった状態を眼瞼下垂(がんけんかすい)と呼びます。十分に目が開かなくなる状態のことです。皮膚が目尻にかぶさり、目つきが悪く、眠そうでぼんやりとした印象に見られがちです。

自覚症状のないまま症状が進行してしまう方も多く、症状がさらに進むと頭痛や肩こり、眼精疲労にもつながります。
まぶたを開ける際には、眼瞼挙筋とミュラー筋の2つが使われます。ミュラー筋は自律神経に関与するため、眼瞼下垂の方が目を無理に開けようとすると、ミュラー筋の緊張状態が続き、前頭部から肩や首などのコリにつながりまるからです。

関連用語
関連施術
関連コラム
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る