このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

硬膜外麻酔

印刷あとで読む
読み:こうまくがいますい|英語名:Epidural Analgesia
カテゴリ:その他

硬膜外麻酔とは、背骨(脊柱)の中を走っている脊髄という太い神経の周りに局所麻酔を入れて手術部位の痛みをとる方法で、局所麻酔の一つです。局所麻酔なので、意識がある中での手術が可能で、身体への負担が少なく、痛みのコントロールが容易です。

脊柱の中は、外側から硬膜、クモ膜、中心に脊髄があり、硬膜外麻酔は一番浅いところにある硬膜の膜の外(硬膜外腔)に麻酔をします。麻酔の際は横向きになり、膝を抱えて背中を丸め背骨のあたりに麻酔のための注射をします。硬膜外腔に細い管(硬膜外留置カテーテル)を留置し背中に留めておくことで、そのカテーテルを通して持続的に薬を入れることができ、手術後もこのカテーテルから鎮痛剤を投与する事ができます。

顔面、頭部以外の手術全てに用いられ、腹部外科、整形外科、産婦人科、小児科の手術以外に、ペインクリニックにおける鎮痛法としても用いられています。

副作用として、血圧低下、頭痛、吐き気など出現する場合があります。

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る