このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

マイクロリムーブ法

特長

重度のワキガを根本治療

効果
重度のワキガに
施術時間
わずか
40〜60分
持続性
ほぼ
再発なし
  • 最小限の負担で、確かな効果を発揮
  • 従来の切開法よりも早く回復
  • 年間2000件以上の施術実績

当院で行っている『マイクロリムーブ法』は、“最も傷が小さい上に、効果の高い”切開法です。ワキ下のシワに沿って作った1センチ程の入り口から、特殊な治療器を挿入してワキガの原因となるアポクリン汗腺・皮脂腺を粉砕・除去します。

従来の反転剪除法(切開法)に比べ傷跡が小さく、また、超音波によるワキガ治療法に比べ汗腺および皮脂腺の除去率が高いことが特長です。

適応症状

  • ワキのニオイが特に気になる方(重度わきが)
  • 洋服の汗ジミ・黄ばみが気になる方

※腋下以外(手足等)の治療は行えません。

最小限の負担で最大の治療効果

209_image3.png

当院で行っているマイクロリムーブ法は、わずか1~2cm弱の入口から米国ストライカー社製のマイクロシェービングコンソーラー(医療器具)を使用。極細のハンドピース先端についたマイクロチップの回転作用により、まんべんなくアポクリン汗腺を粉砕・除去していきますので、最小限の負担で最大の治療効果を発揮します。

回復が早い

大きな切開を必要としないため、従来の切開法と比較して回復が早く、3日後には固定もはずれ、シャワーも可能です(従来の施術は1週間程度の期間を要します)。

年間2,000症例以上の実績

当院では、このマイクロリムーブ法を日本の民間クリニックで初めて導入し、年間2,000例を超える症例実績があります。

症例

わきが施術後の傷跡のようす

After(施術半年)
209_image4.png

ワキガに対するマイクロリムーブ手術は効果も高く、傷の治りも早くきれいなバランスに優れた方法です。傷跡も脇のしわに沿わせるため目立ちません。

施術の流れ

STEP1カウンセリング

209_image5.png

医師とのカウンセリングで、気になる点をお伺いします。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。カウンセリングではわきがチェックも行います

STEP2マーキング・麻酔

施術範囲にしるしをつけます。施術部位には局所麻酔をしますので、痛みを感じることなく安心してお受けいただけます。

STEP3手術

ワキ下のシワに沿って1 センチ程度、切開したら、マイクロシェービングコンソーラーを切開部より皮下に挿入し、アポクリン腺・皮脂腺を粉砕・除去します。

STEP4縫合・固定

209_image6.png

切開部を縫合した後、ガーゼを患部に当てて圧迫固定します。

ダウンタイム

施術時間

約40~60分

通院

あり

  • 3日後:固定除去
  • 1週間後:抜糸
日常生活

シャワーは3日後より可能です。 入浴は抜糸翌日から可能です。運動は約2週間後から可能となります。

痛み

痛み止めを処方いたしますので、必要に応じて服用ください。個人差はありますが、2~3日程度で治まります。

術後の経過

施術当日~3日後まで、固定により動きに多少の制限があります。1~2週間後から施術部位の皮膚が硬くなってきますが、時間の経過とともに改善していきます。内出血は2週間程度で治まります。

効果

当院で行っているマイクロリムーブ法は、皮膚の負担を最小限にし、その上確実にアポクリン腺を除去することができます(これは、存在するアポクリン腺の約80%に相当します)。

副作用情報

ごく稀に合併症が起こることがあります。

  • 短期的合併症:ワキの下の微小な血管やリンパ管から滲み出た成分が溜まり、腫れが生じます(血腫)。強い痛みや腫れがある場合には、当院の医師の診察をお受けください。適切な処置により、症状は時間の経過とともに回復していきます。
  • 長期的合併症:ワキの下の皮膚が茶色くなります(色素沈着)。医師の診察の上、漂白効果のあるクリームを処方いたします。色の改善は、3~6ヶ月くらいかかる場合があります。

Q&A

Q. 痛みはありますか??

A. 手術の間は麻酔が効いていますのでご心配ありません。

Q. 再発の可能性はありますか?

A. 再発は、汗腺の除去が不完全であった場合に起こりうるものです。当院のマイクロリムーブ法は、1~2cm程度の切開で、高い効果が得られる最新の方法です。吸引法で見られるような再発はまずありません。実際には、アポクリン汗腺の80から90%を処理します。

Q. 手術の時間はどれくらいなのですか?手術前のカウンセリングはどれくらい行われるのですか?手術の日は帰れるのですか?

A. マイクロリムーブ法の場合、手術時間は両ワキで40分から60分程度です。麻酔は局所麻酔ですので、もちろん手術の日は歩いて帰る事ができます。当院では、カウンセリングは無料で行っていますが、しっかり理解していただけるよう、じっくりと行いますので、通常は30分程度の時間をお取りすることが多いですね。

Q. こちらではカウンセリングや手術は助手などではなく、医師免許を持った先生がするのでしょうか?一部の大手では医師免許を持たない方が手術をしていると聞きました。

A. カウンセリング、手術ともに当院の熟練した医師が行います。大学からのアルバイトや研修医なども在籍していませんので安心ください。

Q. 男性の治療も行っていますか?また、腋毛は残しておきたいのですが、可能ですか?

A. 男性の治療も行っております。大半は女性の患者様ですが、最近は男性の患者様も増えてきています。治療により、ワキ毛が多少薄くなることもありますが、見た目に不自然になるほどではありませんので、心配ありません。

こんな施術も

ミラドライ

md_img.jpg

中~重度の多汗症やわきがにはミラドライがおすすめです。マイクロ波を利用し、皮膚を切開せずに汗腺を除去します。

ボトックス注入法

208_image13.png

ボトックス注入(ボツリヌストキシン治療)は、汗の分泌を支配する神経をブロックすることで多汗症の症状を抑制する治療法です。注入後、3~4日目には効果が現れ、3~6ヶ月程度持続します。

パースピレックス

パースピレックス

パースピレックスは長時間持続型の制汗剤。1回の使用で3~5日間、汗のお悩みとサヨナラできます。市販の制汗剤では抑制が難しかった、手の平や足の裏の汗にも、効果的です。

料金

この施術が受けられるクリニック案内

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る