このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

眼瞼下垂(腱膜縫縮法)

特長

症状が進んだ重度の眼瞼下垂も改善!視界が開き、若々しい印象に

治療方法
切開
効果
確実・長期的
適応
中~重度の
眼瞼下垂
  • 埋没法よりも確実・長期的な効果
  • 頭痛や肩こり、眼精疲労の改善にも効果的
  • 左右差・目のバランスなど、仕上がりにも配慮
  • 他院で受けた手術の修正も対応

 

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まり、十分に目が開かなくなる状態のことです。皮膚が目尻にかぶさり、目つきが悪く、眠そうでぼんやりとした印象に見られがちです。

79_image2.jpeg

また、無意識に額や眉を上げて目を開こうとするので、額や眉間のシワの原因となります。自覚症状のないまま症状が進行してしまう方も多く、症状がさらに進むと頭痛や肩こり、眼精疲労にもつながります。

眼瞼下垂の進行度合い

  No.1_A_01.jpg No.1_A_02.jpg No.1_A_03.jpg

眼瞼下垂の症状が重度まで進んでしまった方でも、切開法(腱膜縫縮法)を受けることで、大幅な改善が可能です。

※ 眼瞼下垂の症状が軽~中程度であれば、皮膚を切開することなく、より負担の軽い「埋没法」で改善することができます。

自分では判断が難しい眼瞼下垂の症状

目の上のお悩みとして多いのが、目の上のたるみや重みです。

その場合、①加齢により瞼の皮膚がたるんで目にかぶさってしまうケース、②まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まり、十分に目が開かなくなるケースなどがあります。

どちらか一方は、“偽”眼瞼下垂です。

Aさん(50 代女性)
Bさん(20 代女性)

お写真の二人とも、同じように目の開きが悪く、どちらも一見眼瞼下垂の症状に見えます。

しかし、実はそれぞれ症状が異なります。

<Aさんの症状>まぶたのタルミ

手で瞼のタルミをつまみあげてみると、目自体は開いている状態です。しかし、加齢で垂れ下がったまぶたが目の開きにかぶさり、目が小さく見えてしまっています。このような症状を「偽眼瞼下垂」とも呼びます。このような症状には、「眉下リフト(眉下切開)」が適応です。

<Bさんの症状>眼瞼下垂

まぶたが垂れ下がっているわけではなく、目の開き自体が悪くなっています。こちらの方は、「眼瞼下垂治療」で改善することができます。

このように同じように見える症状も、原因によって治療法が異なります。そのため、医師の診察を受けることが、目元のお悩みを解消する近道です。

仕上がりにもこだわっている当院

眼瞼下垂の保険治療が始まったことで、より眼瞼下垂治療は身近なものとなりました。しかし、形成外科や眼科などの保険診療院では、「目が開きやすくなるように改善」するだけで、美容的観点は考慮されません。そのため、不自然な仕上がりとなってしまうリスクがあります。しかし、自由診療の当院では、「目が開きやすくなるように改善」することはもちろんのこと、左右差や顔と目のバランス、目の開き具合などの美容的観点からも診察・施術を行い、「ご希望の目もとを実現」します。手術前に、仕上がりのシミュレーションも可能です。

他院で受けた修正を希望、来院される方が増加

当院では、一度他院で受けられた患者様が修正を希望され、来院されるケースがとても増えてきました。その一例をご紹介します。

 

<20代女性>他院(保険診療)で眼瞼下垂手術を受けられた患者様

Before
After

<30代男性>1年前に形成外科で眼瞼下垂手術を受けられた患者様

Before
After

長期のコンタクトレンズの使用で、右目だけが眼瞼下垂となり、形成外科で手術を行ったそうです。しかし、あまり効果がなく、逆に一重になってしまい、当院を受診されました。術後2年の状態です。目が開きやすくなり、二重も左目に合わせてラインを作っています。

<女性>他院で眼瞼下垂切開法を受けられた患者様

Before
After

眼瞼下垂が修正できておらず、左側は幅の広い二重になってしまっています。修正のために、受けた院で再手術や脂肪注入などを行ったようですが、改善せず来院されました。基本的に、二重の幅を狭くする手術は非常に難しく、技術が必要です。今回の症例では、さらに不必要な脂肪注入もされているため、邪魔になっている脂肪組織を摘出し、眼瞼挙筋の短縮、眼窩脂肪の移動、二重の幅の修正を行ないました。

傷跡もキレイで目立ちにくい

Before
After

まだ糸がついている状態(抜糸前)ですが、術後1週間の写真です。

当院では、傷跡が最小限になるよう配慮しながら細かく丁寧に治療を行っています。

眼瞼下垂は早めの治療がオススメ

このような方は眼瞼下垂にご注意ください

  • パソコンやスマートフォンなどを使う機会が多い
  • まぶたが重く感じる時がある
  • 「疲れてるの?」「寝不足?」と言われることがある
  • 年齢より老けて見られる
  • 肩こりや頭痛がする
  • おでこにシワが増えてきた
  • コンタクトレンズを長期間使用している

上記のような症状に当てはまる方は、眼瞼下垂の可能性があります。

眼瞼下垂の方は、目の開きをコントロールする筋肉が弱まっているため、無理やりまぶたを開こうと余計な力を使います。そもそも、まぶたを開ける際には、眼瞼挙筋とミュラー筋の2つが使われます。ミュラー筋は自律神経に関与するため、眼瞼下垂の方が目を無理に開けようとすると、ミュラー筋の緊張状態が続き、前頭部から肩や首などのコリにつながります。このような場合、いくら湿布薬を貼っても、根本原因が改善されていないため、肩こりは蔓延化します。症状がさらに悪化すると、頭痛やめまい、冷えにもつながります。

さらに進行すると「三重」「四重」に

Before
After

眼瞼下垂の進行が進むと、肩こりや頭痛、めまいが現れるだけではありません。まぶたの皮膚が重なり合わせになり、「三重」「四重」になってしまいます。ここまで進行してしまうと、より手術の技術力が必要になり、リスクを伴います。そのため、早めに治療することをおすすめしています。当院では、重度の眼瞼下垂治療も行っていますので、一度ご相談ください。

より確実な「腱膜縫縮法」 : まぶた表面から、ゆるんだ挙筋腱膜を縫い縮める

024-04.png

まぶたの表側(皮膚表面)から手術を行うのが、腱膜縫縮法と呼ばれる手術方法です。これは、上まぶたの皮膚を切開し、眼瞼挙筋の表面にある挙筋腱膜を縫い縮めることで下垂したまぶたを改善します。

より手軽で負担の少ない「埋没法」についてはこちら

症例

 

<50代女性>まぶたの下垂・へこみが改善され、自然な目元になりました。

Before

Before

After

After

詳細はこちら

<女性>重度な上まぶたのたるみがありましたが、視界が開けました。

Before

Before

After

After

詳細はこちら

<20代女性>ほど良い幅広の平行型の二重で、パッチリとした目になりました。

Before

Before

After

After

詳細はこちら

<30代男性>眠たそうな疲れた印象が改善されています。

Before

Before

After

After

詳細はこちら

 

施術の流れ

STEP1カウンセリング

C_img6.jpg

医師とのカウンセリングでは、仕上がりのご希望を詳しくお伺いしながら、術後のイメージを確認します。カウンセリング時間は余裕を持ってお取りしていますので、施術についてご不明な点・ご不安なことがありましたら、どんなことでもご相談ください。

STEP2デザイン

no1_B1.png

下垂の度合いを見て切除幅をマーキングします。

STEP3麻酔

上まぶた切開部分に局所麻酔を行います。痛みや起きた状態での手術が心配な方には静脈麻酔を行い眠ったまま手術を受けていただくことも可能です。

痛くない・腫れにくい麻酔針・量

79_image27.jpeg
  • 注入時の痛みを和らげるため、極細針(32~33ゲージ)を使用
  • ポンピング注射やゲートコントロール理論などのテクニックを用い、最少量でもしっかりとした効果
  • 注入量が少ないため、注入直後の腫れが少ない

STEP4切開

no1_B2.png

上まぶたの皮膚表面を、デザインに沿って切開していきます。切開線に沿って、皮膚のみを切除します。

STEP5挙筋腱膜の確認

切開部分から皮膚を下方に引き、腱膜を露出させマーキングします。

STEP6縫合

no1_B8.png

腱膜の端に糸をかけ、瞼板側に縫い縮めていきます。通常、3箇所程度に糸をかけ固定していきます。目の開き具合やまぶたの形状を十分確認しながら行います。

STEP7皮膚の縫合

最後に切開したまぶたの皮膚を縫合し、終了です。手術時間は約40分~1時間程度です。 1週間後、抜糸を行います。

STEP8アフターケア

手術後に腫れや痛みなど気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください。 当院では、手術をお受けいただいた患者様に、夜間の連絡先をお伝えしています。

術後の腫れ・むくみの早期改善を促進する「漢方薬」を処方

325_image34.png

脂肪吸引や豊胸術、フェイスリフトなど身体的負担が比較的重い施術は、少なからず術後のむくみや内出血など、ダウンタイムが生じます。当院ではこれらのダウンタイムを少しでも短縮し、一日も早く理想の状態を実感していただけるよう、内出血やむくみ等の早期沈静を促す漢方薬(2種処方)を患者様の1週間分処方しています。

当院の漢方薬処方について

※ 当院で施術を受けられた方が対象です。漢方処方には別途費用を申し受けます。

※ 施術内容や術後の状態、体質に応じて処方いたします。

ダウンタイム

通院

あり(1週間後抜糸)

日常生活

洗顔:翌日から可能です。

入浴:3日目より可能です。

メイク:抜糸後(1週間)より可能です。

コンタクトレンズ:翌日から可能ですが、創部に気をつけてご使用ください。

飲酒:2~3日程度お控えください。

腫れ

1~2週間(傷跡は2~3ヶ月)で落ち着きます。

自然なラインとなるまでに1ヶ月程かかります。

術後の経過

手術後は、麻酔などの影響により、多少の瞼の腫れや違和感が見られますが、時間の経過とともに改善されます。抜糸後にチクチクした感じがある場合は、糸が残って

いる可能性がありますので、早めに当院医師の診察をお受けください。内出血が出る場合がありますが、時間の経過とともに消失します。

副作用情報

稀に傷口の炎症・感染が起こる場合があります。 瞼や眼球の赤みや痛みが持続する場合は、早めに当院医師の診察をお受けください。

目の周りへのマッサージは、1 ヶ月後より可能となります。運動は可能ですが、徐々に身体を慣らすようにしてください。

Q&A

Q. なぜ保険診療と金額が違うのですか?

A.当院は自由診療といって、保険を使用することができない診療を行っているため費用が高めになっています。保険診療はあくまで症状を治すことが目的であって、美容とは関係はありませんが、部位的に目元は顔の印象を左右する大事な部位ですので美容面も考えて手術される方が多く、その場合は美容外科で手術をされる方が多いです。また、手軽にできる「切開をしない埋没法での眼瞼下垂」などが選択できるメリットもあります。

Q. 眼瞼下垂で保険適応になるのはどのようなケースですか?

A. 医師が「病気の症状がある」と診断した場合にだけ適応となります。また、保険診療で行える治療方法は「切開法」のみです。 

Q. 眼瞼下垂の手術で二重にすることは可能ですか?

A. 眼瞼下垂の手術はまぶたを挙げる筋肉を調整する治療です。そのため、眼瞼下垂埋没法では二重を作ることはできません。しかし、切開法の場合は皮膚を切開するため二重瞼を作ることが可能です。

Q. 埋没法と切開法どちらを受ければよいかわかりません。

A. 眼瞼下垂の治療法は、症状の度合いによって変わってきます。症状が軽い場合は「埋没法」、重度な場合は「切開法」が適応です。患者様に合った治療法は、診察して目の状態を確認してからご提案させていただきます。診察やカウンセリングは無料ですのでお気軽にご来院ください。

診察を予約する

 

料金

この施術が受けられるクリニック案内

目のくま・たるみ コラム

around_eyes_undereye_circle_banner.jpg
原因からチェック!
“目の下のくま”

あなたのお悩みはどのタイプ?

around_eyes_suffering_banner.jpg
勘違い?
上まぶたのたるみの原因と治療法

皮膚のたるみ・眼瞼下垂って何?

around_eyes_mechanism_banner.jpg
くま・たるみの
メカニズム

なぜクマやタルミはできるの?

around_eyes_effect_banner.jpg
目もとで変わる
老化現象

比べて納得。目元が顔全体に与える影響

around_eyes_uppereye_banner.jpg
目の上のお悩みに
おすすめの施術

お悩み別にチェック!

around_eyes_undereye_icon.jpg
目の下のお悩みに
おすすめの施術

当院人気の治療法は?

around_eyes_prp_question_icon.jpg
PRP治療って
ホントに効果あるの?


カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る