このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

くま・たるみ,メカニズムと治療法

目の下のたるみはなぜできるの?

目の下のたるみには大きく3つの原因があります。

目の下のたるみ3つの原因
  1. 眼球の下垂による眼窩脂肪の突出

    眼球を支えるロックウッド靱帯が緩み、眼球が下垂します。すると眼球下部の脂肪(眼窩脂肪)が圧迫され前方に飛び出しくまやたるみとなります。

  2. 下まぶたの皮膚や眼輪筋などの緩み

    下まぶたの皮膚、眼輪筋、眼輪隔膜などが緩み、それによって眼球下部の脂肪が前方に飛び出しくまやたるみとなります。

  3. 頬の皮膚のたるみ

    加齢とともに頬の皮膚が下垂し扁平化することで、下まぶたのふくらみがより強調されくまやたるみとなります。

目の下の脂肪量は人により異なり、生まれつき脂肪量が多い方もいますが、目の大きい方や頬骨が張っている方は目の下のたるみやくまが生じやすい傾向にあります。目の下に脂肪が多いと皮膚の色素沈着がより濃く見えてしまい、目の下のくまの原因ともなります。

私に合った目の下のたるみ治療法派は?

ひとくちに「目の下のたるみ」といっても、その原因にはいくつかあり、各症状に応じた治療法の選択が必要です。 当院では、医師が患者様の症状をしっかりと診察した上で、適切な治療法をご提案します。

 注入プレミアムPRP皮膚再生療法経結膜下脱脂法(目の下の脂肪取り)下眼瞼切開(皮弁法)下眼瞼除皺術(筋皮弁法)ハムラ(Hamra)法
施術法 自身の血液(血小板)を利用して、組織を再生させる注入法 下まぶたの裏側から余分な脂肪を取り出す 余分な皮膚・脂肪の切除 余分な皮膚・眼窩脂肪の切除、たるんだ眼輪筋の吊り上げ 余分な皮膚の切除、たるんだ眼輪筋の吊り上げ、眼窩脂肪の固定
適応症状 ・目の下のくぼみ・へこみ等の改善
・軽度の皮膚たるみ
・くま
・脂肪によるふくらみ・たるみくま ・シワ
・皮膚のたるみ(軽度)
・皮膚のたるみ(軽~重度)
・筋肉のたるみ
・脂肪のふくらみ
・深いシワ
・皮膚のたるみ(軽~重度)
・筋肉のたるみ
・脂肪のふくらみ
・深いシワ
メリット 術後の腫れが少ない
安全性が高い再生医療
術後の腫れが少ない
皮膚を切開しないため、傷跡の心配がない
術後の腫れが少ない たるみ・目袋・シワをトータルに改善。 眼窩脂肪の切除は最小限のため、凹みの心配がない。
デメリット 皮膚のたるみは適応外 術後にシワが目立つ事がある
皮膚のたるみは適応外
重度のたるみには効果が弱い 術後の腫れ・赤みがある 術後の腫れ・赤みがある
カウンセリングは何度でも無料

どの治療が自分に合っているかわからない…そう思われたら、まずは無料カウンセリングにいらしてみませんか?
医師がご要望を伺い、あなたにピッタリの治療方法をご提案いたします。

もちろん当院では無理な営業は一切行っておりません。
見積りをお持ち帰りいただき、ご自宅でもゆっくり検討ください。
また、カウンセリングは何度でも無料で受けていただけます。

くまの治療、ヒアルロン酸だけ?

くま治療と聞いて、ヒアルロン酸での治療をイメージされる方も多いのではないでしょうか。しかし、くまにもいろいろなタイプがあり、症状によって治療法は異なります。

目のくま,4つの原因

例えば、「①青ぐま」タイプの場合、症状の度合いによってはヒアルロン酸を注入することで、反対に、より青さが目立ってしまう可能性もあります。このような場合は、「プレミアムPRP皮膚再生療法」がおすすめです。
プレミアムPRP皮膚再生療法の場合、くまによる凹みが膨らみ滑らかになるだけでなく、線維組織が増えることで、皮膚に厚みが出てさらに血流も良くなるため、より自然に改善します。
また、色素沈着によって、黒ずんだくまの方には、注入治療ではなく、原因となる色素を排出させる処方薬(N‐トレチノインシリーズ)で改善することができます。

このように症状によって、治療法が全く異なるくま治療。また、目のくまは様々な要因(タイプ)が重なってできる場合がほとんどです。医師の診断のもと、正しい原因を知り、治療をしていくことが重要です。

原因からチェック!"目の下のくま"

マッサージでくまは取れる?

目の周りの角質層は5層=0.005㎜

くまを取るために、一生懸命、マッサージでセルフケアをされる方がいらっしゃいます。
しかし、ご注意ください。なんと、目の周りの角質層は5層=0.005㎜しかありません。このような皮膚の薄い場所を入念にマッサージすると、脂肪を支える筋肉や皮膚などを伸ばし、弾力を失わせてしまいます。
これにより、さらに、たるみや黒ずみが悪化してしまう可能性もあります。
そのため、強く目をこするようなマッサージはおすすめしません。

目のくま・たるみ 施術一覧はこちら

目のくま・たるみ関連コラム

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る