このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

術後の経過と処置方法">

手術を受けられた後の患部の状態や日常生活の注意点をご案内いたします。

診療科目を選択
印刷あとで読む
クリックすると「後で読む」リストに追加できます

その他・顔のパーツの整形(唇を薄く)についての術後経過と処置方法

 患部の状態アフターケア処方薬ご来院清潔日常生活注意点



唇の腫れがあります。
麻酔の影響によりにぶい感じがありますが、時間の経過と共になくなります。
傷口は細い透明な糸で縫ってあります。
痛みに対しては、痛み止めでコントロールして下さい。 ・抗生剤、腫れ止め
(1日3回毎食後)
・痛み止め
(痛い時のみ)
・イソジンうがい液
手術
歯磨きは1週間後からとなりますので、それまでの間は食後はイソジン液でうがいを行って下さい。 ご帰宅後はゆっくりお休み下さい。今日は、お疲れ様でございました。 お食事は柔らかい物から始めて下さい。(数日間)
・飲酒は2~3日間は控えめに…
・刺激の強い食べ物(辛い物、熱い物など)は傷口にしみますので控えて下さい。
1

張れや熱感があります。     シャワー、洗髪、洗顔が可能となります。 腫れの強い間は、マスクの着用をおすすめ致します。
お顔のマッサージ、歯の治療は2週間は避けて下さい。
2

    (唇は抜糸後1週間までは強く擦らないようにして下さい。)
3

内出血が出る場合がありますが、2~3週間でなくなりますのでご安心下さい。       入浴が可能となります。
 
4

       
5 日 目        
6

       
7

    お薬はなくなり次第終了となります。 抜糸・診察 歯磨きが可能となります。 運動は可能ですが、徐々に行うようにして下さい。
2
|
3


腫れが落ち着いてきます。
薄皮が剥けてきます。
薄皮は無理に剥かないようにして下さい。      
1


手術後の腫れもなくなり、より自然な感じになります。     1ヶ月検診      
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る