このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

術後の経過と処置方法">

手術を受けられた後の患部の状態や日常生活の注意点をご案内いたします。

診療科目を選択
印刷あとで読む
クリックすると「後で読む」リストに追加できます

バストの悩み(乳頭縮小)についての術後経過と処置方法

 患部の状態アフターケア処方薬ご来院清潔日常生活注意点



手術後の傷口を保護するため、ガーゼを当ててあります。
稀にガーゼに出血が滲んでくる場合がありますが、少量ならご心配要りません。量が多くなるようでしたら、ご連絡下さい。
痛みに対しては、痛み止めでコントロールして下さい。 ・抗生剤、腫れ止め
(1日3回毎食後)
・痛み止め
(痛い時のみ)
手術 シャワーはガーゼを当てたまま傷口を濡らさないようにして浴びることが可能です。
(傷口を濡らせるようになるのは、抜糸の翌日からとなります。)
ご帰宅後はゆっくりお休み下さい。今日は、お疲れ様でございました。 お食事は通常通りお召し上がり下さい。
消化の良いもの、栄養バランスのとれたものを!
飲酒は術後2~3日は控えめに・・・
1

  胸を締め付けるような下着の着用は控えて下さい。
    うつ伏せ寝は、抜糸が終わるまでは控えて下さい。
2

 
3

ガーゼを外し、再度ガーゼで保護します。     ガーゼ交換・診察      
4

 
5 日 目    
6

 
7

痛みはほぼ落ち着いてきます。
カサブタは無理に剥がさないように気をつけて下さい。
  お薬はなくなり次第終了となります。 抜糸・診察 明日から入浴可です。  
2
|
3


カサブタが取れ、傷口が綺麗になっていきます。
感覚は徐々に戻ってきます。
普段通り下着を着用していただけます。    
ハードな運動は2週間を過ぎてから始めて下さい。
1


手術後の腫れもなくなり、ほぼ通常の状態となります。   1ヶ月検診  
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る