このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

術後の経過と処置方法">

手術を受けられた後の患部の状態や日常生活の注意点をご案内いたします。

診療科目を選択
印刷あとで読む
クリックすると「後で読む」リストに追加できます

その他・顔のパーツの整形(ほくろ)についての術後経過と処置方法

 患部の状態アフターケア処方薬ご来院清潔日常生活注意点



手術後の傷口を保護するため、ガーゼを当ててあります。
稀にガーゼに出血が滲んでくる場合がありますが、少量ならご心配要りません。 量が多くなるようでしたら、ご連絡下さい。
痛みに対しては、痛み止めでコントロールして下さい。
・抗生剤、腫れ止め
(1日3回毎食後)
・痛み止め(痛い時のみ)
手術
シャワーはガーゼを当てたまま傷口を濡らさないようにして浴びることが可能です。
特に日常生活においての禁止事項はありません。 お食事は通常通りお召し上がり下さい。消化の良いもの、栄養バランスのとれたものを!
飲酒は術後2~3日は控えめに・・・
1

   
   
2

     
3

ガーゼを外します。傷口は茶色いテープまたはバンソウコウで保護します。 カットバンの場合は、シャワー後に張り替えて下さい。茶色いテープは剥がれてしまった場合はまた貼っておいて下さい。 ガーゼ交換・診察 傷口もシャワーが可能となります。
4

     
5

     
6

     
7

  抜糸後の傷の赤みや盛り上がりを防ぐ為に茶色いテープの張り替えを行って頂きます。 お薬はなくなり次第終了となります。 抜糸・診察 抜糸翌日 から入浴可です。
2
|
3


       
1


1~3ヶ月の間に 傷口の赤みも時間の経過と共に目立たなくなっていきます。
1ヶ月検診  
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る