このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

術後の経過と処置方法">

手術を受けられた後の患部の状態や日常生活の注意点をご案内いたします。

診療科目を選択
印刷あとで読む
クリックすると「後で読む」リストに追加できます

豊胸術(ヒアルロン酸注入、アクアフィリング注入)についての術後経過と処置方法

 患部の状態アフターケア処方薬ご来院清潔日常生活注意点



<胸>
傷口は大きめのカットバンで保護してあります。
張った感じが強くあります。
痛みに対しては、痛み止めのお薬でコントロールして下さい。
・抗生剤、腫れ止め
(1日3回毎食後)
・痛み止め(痛い時のみ)
手術
傷口を濡らさないようにしてシャワー浴が可能です。 うつ伏せ寝は1ヶ月間は控えて下さい。 万が一、胸の傷口のカットバンが剥がれてしまった場合はご自宅にあるカットバンで保護して下さい。
本日はあまり胃に負担にならないようなものをおすすめ致します。 
1

傷口はカットバンで保護します。
個人差はございますが内出血がでる場合がございます。約2週間程度で消えますので、ご安心下さい。
 
  傷口をカットバンで保護した上でシャワー浴可能です。
シャワー後は傷口のカットバンを貼り替えて下さい。
お食事は通常通りお召し上がり下さい。
消化の良いもの、栄養バランスのとれたものを!
飲酒は術後1週間は控えめに・・・手術後1ヶ月間はできるだけブラジャーでの強い締め付けは避けるようにして下さい。
2

       
3

4

5

6

7

張り感はまだあります。   お薬はなくなり次第終了となります。 抜糸・診察 抜糸の翌日から入浴可能となります。
軽い運動から徐々に体を慣らしていくようにして下さい。
2
|
3


張り感が徐々に落ち着き、吸収があるためボリュームが小さくなってきます。      
1


ヒアルロン酸、アクアフィリングはほぼ定着します。  
1ヶ月検診
ハードな運動は1ヶ月を経過してから行うようにして下さい。
3


  3ヶ月検診    
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る