韓国を代表する美容外科医Dr. Myung Wook Parkがライブサージェリーを実施
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

韓国を代表する美容外科医Dr. Myung Wook Parkがライブサージェリーを実施

新着情報へ戻る 2006年3月29日

聖心美容外科は、韓国を代表する美容外科医Dr. Parkを招き、同氏が開発した新しいリフティング手法「M-Sling Lift(エム・スリング リフト)」のライブサージェリーを実施いたしました。

Dr. Parkは聖心美容外科を日本における若返り手術に最も積極的に取り組んでいる優秀なクリニックの一つと評価しており、同氏が開発し、韓国で注目を集めている「M-Sling Lift」の日本における初のライブサージェリーを意欲的に開催していただきました。

今回のライブサージェリーには、聖心美容外科から鎌倉統括院長始め、各院院長が参加し「M-Sling」を用いたリフティングを習得し、実演しました。

「M-Sling」(Silicone Thread)は弾力性に優れ、顔だけでなく動きの激しいバストやヒップのリフティングに用いることができます。またこの弾力性により、リフティング効果だけでなく、自然なバスト、ヒップの動きを作りだすことができます。


■Dr. Myung Wook Park プロフィール

ソウル大学校医学大学卒。大韓形成外科学会会員。
美容形成外科医として20年のキャリアを持つ「M-Sling」(Silicone Thread)を利用したフェイス・ボディリフティングの開発者。
HUE形成外科院長。株式会社SungLim顧問。


聖心美容クリニックのココに注目

news1.jpg

再生医療の可能性に挑戦しています

当院は「最高の医療と顧客サービス」を念頭に、美容再生医療を全国に先駆けて導入するリーディングクリニックとして邁進いたします。

news3.jpg

ISO:9001:2008の認証を取得しています

当院は美容外科で初めてISO:9001:2008の認証を取得。世界水準と認められた管理体制により高い安全性を確保しています。国際水準に合致した管理体制でクリニックを運営することにより、美容外科業界の透明性を高め、ステイタスの向上に努めます。

news4.gif

国際交流活動を積極的に行っています

欧米やアジア各国と積極的に交流し海外の優れた技術を取り入れつつ、当院の医療技術を海外へ発信することで相互に高めあい、美容医療全体の発展を図っています。

カンボジアでの支援活動や東日本大震災復興支援を積極的に行っています

聖心美容クリニックではカンボジアでの支援活動などを行っているNPO共生フォーラムの活動に参画しています。また、同法人内に設置された災害対策本部を通じ、熊本地震復興支援活動を行っています。

teikei_tel_01.png teikei_tel_02.png
カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る