【毎日.jp】聖心美容外科:術後を3Dで確認できる最新装置を導入
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

雑誌・WEB・その他メディア掲載

【毎日.jp】聖心美容外科:術後を3Dで確認できる最新装置を導入


毎日.jpにて、当院が日本で初めて(※)導入した3Dシミュレーションシステム「ベクトラ」が紹介されました。※一般病院として

--- 以下、記事より一部抜粋 ---

■聖心美容外科:術後を3Dで確認できる最新装置を導入

聖心美容外科(東京都港区)は、米国で開発された3D画像解析撮影装置「ベクトラ」(開発元・キャンフィールド イメージングシステム)を7月1日から本格導入する。同装置は、顔や体をモニター上で瞬時に3D化し、撮影と解析が一度にできる装置で、取り込んだ画像は、術後の顔や体を確認したり、自在にシミュレートするのに役立つ。現在、アメリカやヨーロッパを中心に、形成外科や皮膚科などの医療現場で診療に使われており、美容外科で導入するのは国内初となる。

導入されるのは、顔だけではなく体の3D撮影も可能な「ベクトラ ボディ」(定価1200万円)で、6台のカメラユニットで撮影したデータを機械が読み取り、目で見たものと限りなく近い状態で3D再現する。変化の様子は画像だけでなく数値でも表示されるため、客観的な変化も納得しやすいデータが抽出できる。


■関連情報:
 ≫3Dシミュレーションシステム「ベクトラ」

 >>新着情報一覧   >>メディア掲載一覧   >>TV放映・出演一覧   >>プレスリリース一覧

↓↓掲載内容詳細はこちらをご覧ください↓↓

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る