【GOETHE】予防医療で誰もが老化しらずの時代!?
このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home

雑誌・WEB・その他メディア掲載

【GOETHE】予防医療で誰もが老化しらずの時代!?

GOETHE(2010年1月号)の特集”TREND CACH”に、鎌倉統括院長のインタビューが掲載されました。

-- 以下、記事より一部抜粋 ---

○ ウェルネスビジネスが伸びる! ○

予防医療で誰もが老化知らずの時代!?
― 鎌倉達郎/聖心美容外科 統括院長 ―


1900年頃、日本人の平均寿命はせいぜい50歳前後。それが約100年で80歳前後にまで跳ね上がった。50年後には平均寿命が100歳(!)なんてことも、現実に十分ありうる。
「長寿になったからこそ、病気治療ではない医療へのニーズが高まるのは必然です」と語るのは、美王医療で最先端の再生医療を数多く手がける、聖心美容外科・統括院長の鎌倉達郎医師だ。

美容医療を女性が行うのは想像できるが、男性のニーズ、それもウェルネス分野で増えていくというのはどういうことか?

「例えばホルモン治療です。老化現象のほとんどがホルモン分泌の減少によるものですが、最新の治療法”バイオアイデンティカル・ホルモン補充療法”のホルモンは、人間の生体ホルモンと化学構造がまったく同一であり、安全性が高い。不足したホルモンを補充することで男性ならシワやたるみ、薄毛といった外見上の問題から、記憶力、気力、活力を若々しい状態(=最適値)に戻すことができ、老化や病気も防ぐことが可能になる、予防美容医療です」

----------------

【関連情報】
バイオアイデンティカル・ホルモン補充療法
鎌倉統括院長プロフィール

カウンセリング予約 メールで相談する ページの先頭に戻る